fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

【網羅版】Maison Margielaのデニム一覧丨スリットモデル、インサイドアウトなど

Category 2022/08/05

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)とは?

常識に捉われず、確かなテーラーリングで多くの人を惹きつけ影響を与え続けるメゾン マルジェラ(Maison Margiela)。
インタビューへの回答もファックスで行うほどメディアには姿を表さず、謎の多いデザイナーによるブランドにも関わらず、ブランド設立から34年経った今も、男女共に幅広い年齢層から伝説的な人気を博しています。
メゾンマルジェラはオートクチュールをはじめプレタポルテ、アクセサリー、レザーグッズや靴、フレグランスまで、幅広いラインを展開しています。国内の実店舗は28箇所、セレクトショップ等の取扱店は232箇所です(2022年8月現在)。

https://highxtar.com

https://www.ssense.com

今やトレードマークとなっている、タグに縫い付けられたホワイトステッチをはじめ、中でも足袋ブーツや足袋シューズと呼ばれる「Tabi(タビ)」はファッション感度が高い方ならば一度は憧れたであろう、メゾンマルジェラを代表する永遠の名品と言えますが、今日はマルジェラの歴史を振り返りながら「デニム」にスポットを当ててご紹介したいと思います。

ブランド創業者Martin Margiela(マルタン・マルジェラ)はベルギーで生まれ、 名門アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業生であり、アントワープ6(アントワープの6人)と呼ばれ、90年代における世界最高峰のデザイナーの1人を呼ばれるようになった人物です。アントワープ6にはあのDries Van Noten(ドリス・ヴァン・ノッテン)も含まれ、錚々たるメンバーが輩出された美術学校だったのだと伺えます。

https://www.visitflanders.com

メゾンマルジェラがビジネスパートナーであったJenny Meirens(ジェニー・メイレンス)と共にMaison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)と名付けてブランドをスタートさせたのは1988年のこと。その翌年のパリ・プレタポルテ・コレクションで発表したデビューショーでは、当時ではあり得なかった「体型も様々なランウェイを歩いたことのない素人のモデルの起用」、「顔を布やウィッグで覆う」など、これまでの常識を型破りな発想で覆し、彼のスタイルは「脱構築」、「デストロイ・コレクション」と呼ばれ、多くの人に衝撃を与えました。

メゾンマルジェラのデニムもまた、「反モード」を掲げるデザイナーチームの思いが色濃く出された斬新なデザインが殆ど。
数々のコレクションの発表を経て徐々に表舞台から姿を一切現さなくなり、ブランド創立20周年を迎えた2008年を最後に彼は引退しています。

 

後任のJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)とブランドの改名

https://www.vogue.co.jp

その後、GIVENCHY(ジバンシィ)やクリスチャンディオール(Christian Dior)の元デザイナーJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)がクリエイティブ・ディレクターに就任。2015年1月にブランド名が「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」に改名されました。

 

メゾンマルジェラの生産国は?

イタリア製がほとんどですが、他にはフランスやチュニジア製があります。基本的に、10番のラインの初期に作られた一部、アーティザナルはフランス製だそうで、定番アイテムである首元の手書きプリントがポイントのエイズTシャツはチュニジア製となっています。

 

カレンダータグの番号の意味

デニムも含め、メゾンマルジェラから正式なメンズラインが発表されたのは1998〜1999年のこと。この発表がきっかけで、0~23までの数字が明記された通称「カレンダータグ」が誕生しました。

 

メゾンマルジェラのカレンダータグの見方

http://dollar.jp.net

中でも0 10はメゾンマルジェラ自身最も気に入っていたラインなのだそう。

人形が着ている服をそのまま人間サイズへと拡大されたデザインが特徴がユニークな「ドール期」、服を裏返したように縫製が表に来るデザインのインサイドアウト期、最も製作に時間を要するアイテムを展開している「0」と「0 10」を冠する「アーティザナル」と呼ばれる解体再構築ラインなどからも、数々のデニムが生み出されてきました。

2012年にはファストファッションブランドH&Mとのコラボレーションによりこれまでのメゾンマルジェラの名作をかなり忠実に復刻させたコレクションも、発売当時から現在に至るまで未だに古着店でも高額で扱われるほどの人気ですので、そちらも併せてご紹介いたします。

 

メゾンマルジェラのデニム:ブルー スリット ジーンズ

左右にスリットの入ったハイウエストデニム。タイトなウエストからストレートのレッグはボリュームがあります。
マルジェラのデニムの中でも特に人気のある印象です。
着古したような色落ち加工、スリットのラフな切り口によりほつれたようなデザインと隙間からのぞく太腿の肌見せがクール。

margiela_6
https://www.buyma.com/item/60067491/

 

メゾンマルジェラのデニム:MAISON MARTIN MARGIELA ARTISANAL インサイドアウト デニム

ヴィンテージのリーバイスからマルタンマルジェラにより再構築されたデニム。裏返されたフライ部分が特徴です。

https://silver-league.com

 

メゾンマルジェラのデニム:MAISON MARTIN MARGIELA ARTISANAL ピンク ペイント ジーンズ

ヴィンテージのリーバイスからマルタンマルジェラにより再構築されたデニム。ライトピンクのペイントにより光沢を生み出しています。ペンキがひび割れて剥げていくことで生地の色がだんだん見えてくることで味になる点が魅力。

https://silver-league.com

 

メゾンマルジェラのデニム:2000年秋冬コレクションのオーバーサイズ デニム パンツ

当時のトレンドに反したワイドなシルエット。

https://jp.pinterest.com

 

メゾンマルジェラのデニム:オーバーサイズデニム

2000年秋冬に発表されたオーバーサイズのラインからはこちら。

https://www.fashion-press.net

 

H&Mのコラボアイテム(上記デニムの復刻)

https://www.fashion-press.net

 

メゾンマルジェラのデニム:インサイドアウトジーンズ

2005年春夏に発表されたインサイドアウトラインのデニム。裏返したことによる味が魅力です。

https://www.playful-dc.com

 

メゾンマルジェラのデニム:5 pockets JEANS

2021年に誕生した新たなライン「アイコンズ」からの5ポケットデニムパンツ。ストレートシルエットのベーシックなデザイン。

https://wear.jp

 

メゾンマルジェラのデニム:VINTAGE WASH 5 pockets JEANS

洗いが掛かり、程よく柔らかみもあるコットン100%のデニム生地のリアルなヴィンテージ加工が施された5ポケットデニムパンツ。

https://www.arknets.co.jp

 

メゾンマルジェラのデニム:remake denim

アーティザナルラインの解体されたデニムのパーツを組み合わせたユニークな一本。ベルとループのずらした裾部分に描かれた文字など、マルジェラのメッセージが至るところから伝わってきます。

https://hues.co.jp

 

メゾンマルジェラのデニム:Spliced jeans

立体的な動きのあるデザインのデニム。
裾の長さやカラーを変えながら再構築された存在感のあるデニムです。
ボトムスの存在感は強いですが、トップスを選ばず何とでも相性良くコーディネートが決まりそう。

https://www.stcompany-onlinestore.com

https://www.stcompany-onlinestore.com

 

関連記事

メゾンマルジェラ以外のデニムブランドも見てみたい方はこちらの記事をどうぞ

【ジャンル別】大人のメンズ向けデニムブランド45選|ベーシック、ワイド、ハイブランド、国産など

関連記事

疲れないスニーカーの特徴とおすすめメーカー6選

とても楽しみに新しいスニーカーを購入したのに、足が痛くなってしまったことはありませんか?私にはあります。 デザイン性が優れていても、フィットせず靴ずれを起こしてしまう、あるいは必要以上に疲れてしまうなど、自身の足型とスニ…

Category 2021/06/27

ファッショニスタが好むニューバランスの定番モデル6選

ニューバランス、大変な人気ですよね。かくいう私もニューバランスファンで、好きなスニーカーを一つ上げるとしたらM1400かM1500を挙げます。自分の足にフィットしているというのもありますが、独特のクッション性による長時間…

Category 2021/07/18

涼しくおしゃれな足元を演出するメンズサンダル特集!

暑くなる季節、足元はどんなシューズを選んでいますか? 湿度がとりわけ高い夏は足の裏も汗をかき、シューズ内が蒸すため臭いが気になる人もいるでしょう。 夏は特に通気性のよいものを選び不快感を取りたいものです。そして、「見た目…

Category 2020/06/14

大人男子におすすめ!お洒落な足元へと導くスニーカーメーカー一覧

  数年前までスニーカーは、ジーパンに合わせるのが定番の”カジュアルで歩きやすい靴” の代表格でした。 しかし、ここ数年でスニーカーに対する世間のイメージは大きく変化しています。 街を歩…

Category 2021/10/22
back

Popular

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

Tシャツの下にインナーを着るという新発想!汗染みも透けも気にならない

メンズファッションの永遠の定番といえばTシャツです。特に、ホワイトのTシャツは清潔感がありコーデもしやすいため、不動の人気があります。まさにファッションのベストセラーといえます。 しかし、そんな定番ファッションですが、悩…

Category 2021/04/30

Tag