fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

Category 2020/01/31

https://otokomaeken.com/

 

パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?

 

「子供っぽい」

「ラフすぎて着ていく場所が限られる」

 

と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?!

 

「コーディネイトに男のかわいさをプラス!」

「ラフさがリラックスした大人の着こなしにこなれ感を出してくれる」

 

 

パーカーだけが持つ魅力を加えればいつもと違うスタイリングが楽しめます。

キメすぎない余裕を感じさせる着こなしが今のトレンドとぴったりで、大人の魅力を引き立ててくれるでしょう。

そんなパーカーコーディネイトにふさわしいパーカー選びでは断然、無地がおすすめです。

プリントや刺繍が入っているものはカジュアル感がグンと強くなります。「無地パーカー」は、どんなアイテムとも合わせやすいため、着こなしの幅が広がり、スマートなスタイルに重宝します。

 

“無地”は素材や形の良さが引き立ちやすい特徴があります。

カジュアルなアイテムは上質な素材のものを選ぶことでオシャレ度が上がり、シンプルなデザインほど素材の良さが特徴として現れてきます。

ハイブランドのTシャツやパーカーなどが良い例でしょう。

カジュアルアイテムであっても上質な素材を使用しているため、素材の持つ光沢や滑らかさが引き立ち、糸の持つ膨らみが美しいシルエット、構築したシルエットを出すため、安価なブランドでは出せない魅力が溢れます。

 

大人のパーカー選びでは上質な素材、型崩れしにくい素材を使用したものを選ぶことが一つのポイントです。

今回は、素材やシルエットにこだわったパーカーとはどんなものか、おすすめのブランドを集めてみました。

ワンランク上の着こなしが出来るパーカーを取り扱うブランドをご紹介していきましょう。

メンズパーカーのおすすめブランド

FLISTFIA(フリストフィア)

http://flistfia.com/

 

Flistfia プルオーバーパーカー ¥15,120(税込み)

 

2009年にディレクターの倉本浩史氏がスタートした日本のブランド。

カットソーに特化し、ベーシックで時代に流されない服作りを目指しています。買った瞬間が一番かっこいい商品よりも着込むことで段々とかっこよくなる古着のような着用感、素材感を引き出せるアイテムを提案しています。フリストフィアの定番人気アイテムはふかふかで柔らかい、極上な着心地のプルパーカーです。

軽くて弾力のある質感が魅力のスウェット生地で、裏に特殊な起毛をさせ、この質感を出しています。適度なハリがあるためシルエットが崩れず、フードの立ち上がりをキープしている点が特徴です。

カンガルーポケットではなく、サイドポケットを配している点や、フードの前部分を重ねたデザインなど、ベーシックながらこだわりのディティールが冴える、人気のパーカーです。

 

 

【公式サイト】

http://flistfia.com/

 

LOOPWHELER(ループウイラー)

http://www.loopwheeler.co.jp/

 

LOOPWHEELER ハイジップパーカー ¥20,520(税込み)

 

1999年に「世界一、正統なスウェットシャツを製造、販売したい」と鈴木諭氏が立ち上げた日本のブランド。

和歌山にしかない昔ながらの吊り編み機を使用する老舗のスウェットメーカーです。吊り編み機は1時間に1m程度しか編めない非効率な機械ですが、大量生産向けの高速編み機では出せないスウェット生地の柔らかさと耐久性に優れます。

着用した時のふわっと身体を包むような着心地の良さと、着込むほどに身体に馴染む感覚は吊り編み機で作るループウイラーのスウェットならでは。上下開くタイプのファスナーを使用したジップアップパーカーはループウイラーの代名詞的な商品です。

ハイジップタイプでフードがキレイに立つため、着用した時にサマになると評判です。買ってよかったと高い満足度を与えるパーカーとして評価されています。

 

 

【公式サイト】

http://www.loopwheeler.co.jp/

 

Still by hand(スティルバイハンド)

https://labarba.jp/

 

Still by hand 度詰めスウェットパーカー ¥18,700(税込み)

 

クラフト感やぬくもりを大事にして展開する日本のメンズブランド。

直訳すると「いまだに手で」を意味するブランド名は、「洋服はいくつもの人間の手によって生まれている」ということが由来しています。

お客様が着用される中で初めて気が付くような小さな工夫やこだわりを感じられる服作りを大切にしています。

その哲学がアイテムの端々に感じられるスティルバイハンドのコレクションの中で、長年定番アイテムとして毎シーズン展開されているのがフロントジップの度詰スウェットパーカーです。

 

https://labarba.jp/

上までジップを閉めるとフードが立ち、後頭部から顎にかけてしっかり首元を覆うため、冬には防寒力を発揮。

フード着け部分のリブ素材の切り替えがフードをしっかり立たせる立体構造で、下に衿のあるものを着ても苦しくありません。立体的で防寒性もあるフードはスティルバイハンドならではのアイデアでしょう。

また、「度詰め」というスウェットは編み目の密度を詰めて生地を編む方法です。編み目が細かくキレイにそろい、生地に独特の厚みが生まれハリコシが出ます。耐久性が高くなり、洗濯を繰り返しても型崩れしにくく、物理的に永年着用可能であることが大きな魅力です。

語りどころの多い、こだわりの詰まった完成度の高いパーカーです。

 

 

【公式サイト】

http://stillbyhand.jp/

 

CAMBER(キャンバー)

https://zozo.jp/

 

CAMBER チルバスター フーテッドパーカー  ¥13,750(税込み)

 

アメリカ、ペンシルバニア州で1948年に生地工場としてスタート。スポーツウェアの受注を請け負っていた老舗ブランドです。

そのノウハウを生かし、1982年にキャンバーとしてオリジナルレーベルを始めました。自社工場での生産にこだわったMADE IN USAの重厚なニットアイテムが特徴です。

これぞアメリカというヘビーウエイトなスウェットを使用した定番パーカーが“チルバスター”表地は7.5オンスでその裏に6.5オンスの保温性を高めるサーマルを張り合わせた合計14オンスの肉厚なパーカーです。

身頃だけでなく袖の裏もサーマルが付いているため冬でも保温性は抜群。フードはスウェットの2枚仕立てできれいな立ち上がりとボリューム感があります。コットン50%ポリエステル50%で洗濯による縮みも少なく、長年着用しても劣化しにくい丈夫さも魅力です。

シンプルながら存在感があるパーカーで“パーカー好きな人なら1枚は持っている”と言わせる人気アイテムです。

 

 

【公式サイト】

https://www.camberusa.com/

 

Saint Laurent(イブ サンローラン)

https://www.ssense.com/

 

Saint Laurent ブラックリヴ ゴーシュ フーディ ¥84000(税込み)

 

イブ サンローランは1961年にフランスで設立され、20世紀のフランスファッションシーンを引率してきた高級ブランドです。

“自由”と“ラグジュアリー”を大切にしたコレクションは気品に溢れ、文化的にも社会的にも一世を風靡しました。

ハイブランドが展開するパーカーの中でも、とりわけ人気を博した上品なデザインが魅力のサンローランのパーカー。気品のあるパーカーを作れるのはラグジュアリーブランドならではです。

タイトめなシルエットと上質な素材、丁寧に作られたフランスメイドな作りが大人のスタイリッシュなパーカースタイルを引き立てます。フロントにさりげなく入ったロゴもおしゃれ。

パーカーがトレンドの今シーズン、世界的に人気モデルとなっているそうです。

「いかにも」というハイブランドの派手なデザインが苦手な方でもトライしやすい、上品なパーカとしてご紹介致しました。

 

 

【公式サイト】

https://www.ysl.com/jp/

 

おすすめパーカーコーディネイト

見た目はどれも似たように見えるパーカーですが奥が深く、それぞれのブランドのパーカー愛とモノづくりの哲学に興味が尽きません。

上質で丈夫な作り、美しいシルエットに続き大切なのはサイズ感です。大人のパーカースタイルではサイズが大きすぎるものは避け、タイトすぎず程よくゆとりのあるバランスが理想です。

以下では、サイズ感と着こなしの参考になるパーカーコーディネイトをご紹介しましょう。

クルーネック白Tシャツ×グレーパーカー

https://zozo.jp/

ベーシックなコーディネイトとしてマスターしておきたいコーディネイトです。

着回し率NO.1のグレーのパーカーはタイトめなシルエットが1枚でも重ね着でも使いやすい。光沢があるきれいめTシャツを合わせるとカジュアルになりすぎません。

スリムタイプのパンツはシャープさが出て、大人の余裕を感じさせる着こなしが完成します。

Vネック白Tシャツ×黒パーカー

https://wear.jp/

ジップアップパーカーだから出来るアレンジでVネックのTシャツラインを生かしたシャープで細見えなパーカースタイル。

フードがキレイに立つパーカーが冴える着こなしです。シンプルな中にこだわりが光るコーディネイトです。

シャツ×黒パーカー

https://zozo.jp/

シャツとパーカーのおすすめ重ね着スタイルはサイズ感がポイント。

程よくフィットしたサイズ感のパーカーを選ぶことで野暮ったくならず、おしゃれなミニマルスタイルに。

シャツは無地・柄物問わずしっくりきます。パンツのカラーを配色にするとカジュアルに、ワイドパンツを合わせるとモード感が出たトレンドコーディネイトになるでしょう。

Tシャツ×グレーパーカー×黒ジャケット

https://wear.jp/

スタイリッシュなパーカーコーディネイトはモノトーンでまとめると失敗しません。

スラックスタイプのパンツを合わせることで引き締まった印象に。少しだけ見せる白Tシャツとスニーカーが抜け感のある清潔なスタイルになります。

白クルーネックTシャツ×グレーパーカー×チェックコート

https://wear.jp/

トラッドチェックのコートをパーカーとTシャツでカジュアルダウンした大人のおしゃれスタイル。

Tシャツを合わせることで冬のコーディネイトが重くならず、フードを見せることでこなれ感が出て新鮮に。重厚感のある革靴で全体を締まった印象にするのがポイントです。

ボーダーカットソー×オートミールパーカー×黒レザーブルゾン

https://wear.jp/

モノトーンコーディネイトを軽やかにカジュアルにまとめたおしゃれ上級者なコーディネイト。

ハードなレザーアイテムにボーダーやオートミール色のパーカーを合わせることでゆるい印象がプラスに。ボトムやスニーカーもラフなものを選ぶことでキメすぎない引き算のバランスが冴えたコーディネイトが実現します。

パーカースタイルにおすすめのTシャツブランド

大人のパーカーコーディネイトでは合わせるTシャツも手抜きできません。何気なくおしゃれな雰囲気を感じる人は見えない部分にもこだわりがあるものです。こだわりのある高級なパーカーにぴったり上質なTシャツを作っているブランドがあります。

arkhē(アルケー)

https://arkhe.tokyo/

アルケーは「大人が着るにふさわしい、無地のTシャツが欲しい」という気持ちを元に2018年、物作りをスタートさせました。

無地のTシャツはシンプルで普遍的なアイテムゆえに奥が深く、作り手の探求心をどこまでも追いかけます。こだわりが見えにくいものだから袖を通した時にあっと驚かせるものが必要だと、1ミリ単位の調整を重ね、究極の無地Tシャツ作りに情熱を注ぐブランドです。

上質な糸を用いて低密度に編むことで通気性を持たせつつ、適度な光沢を放つコットン生地を使用。美しいシルエットを作り、着る人の身体にすっと馴染み、一度着用すると忘れられない抜群の着心地と言われています。

アルケーのTシャツを合わせると、より上質な大人のパーカーコーディネイトが完成するでしょう。

 

 

【公式サイト】

https://arkhe.tokyo/

 

まとめ

こだわりのパーカーを取り扱うブランドやおすすめのパーカーコーディネイトについてご紹介してきました。

定番アイテムだからこそおしゃれに、スマートな大人の着こなしが出来ると素敵です。鉄板カラーのグレーとネイビー、黒は着回しが効いて飽きの来ないカラーですから迷わず持っていたいもの。

個性を加えていきたい方は差し色を合わせるのもよいでしょう!

これまでとは違った大人のパーカーコーディネイトをぜひ試してみてください。

 

関連記事

Tシャツをカッコよく着こなすための筋肉|意識したいポイントを紹介

同じTシャツを着てもカッコよく見える人とそうでない人がいます。 その違いは何でしょう?     男性が洋服をカッコよく着こなす、格好よく見せるポイントは、顔や手足の長さではなく、実は“筋肉”です。ほど…

Category 2019/09/23

【メンズ記事】最新のワイドパンツおすすめブランドとコーディネートをご紹介

最近はどんなパンツスタイルを取り入れていますか? 季節が変わっても変わらずデニムを愛用している人やお気に入りのチノパンが手放せないという人も多いことでしょう。 トレンドの流れがあっても「自分のスタイル」を持っている人が素…

Category 2019/12/17

厚手だけではない”丈夫”なTシャツの選び方/扱い方

  せっかく買ったTシャツが、いつの間にか傷んでしまって、困った経験はありませんか? 色落ちしてしまったり、首元がよれよれになったりと、頻繁に着るTシャツはとかく傷みやすいものです。 Tシャツをこまめに買い直す…

Category 2019/09/01

【2019年版】最新のおすすめメンズ無地Tシャツブランドをご紹介

    本サイトでは主に「無地Tシャツ」を対象に執筆しています。 シンプルな “無地Tシャツ” は普遍的なアイテムだからこそ興味が尽きません。 しかしながら一見どれも同じように見えるため、作り手がどれ…

Category 2019/12/12
back

Popular

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、需要が大きくなると同時に、活用の幅が広がり、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。 そんな中、本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ…

Category 2018/07/04

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?種類や違い・合わせ方・活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際に着てみると…

Category 2019/03/06

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

【冬 Tシャツ】年中便利な半袖Tシャツ|上手な冬の着こなしとおすすめブランドをご紹介!

冬でも大活躍する半袖Tシャツ 半袖Tシャツは肌に一番近いアイテムとして馴染み、年中を通して重宝できます。 暑い時期は1枚で着用しますが、寒い時期にはアウターの下でお洒落を支える重要なアイテムの一つです。 昨今では冬でも暖…

Category 2019/09/07

【大人が惚れる】シンプルを極めるブランド「AURALEE」とは

オーラリーは、岩井良太さんというデザイナーが世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で『自分たちが本当に良いと思う素材を追求する』と言うコンセプトをもとに、2015年の春夏シーズンからスタートさせたドメスティック(国内…

Category 2018/09/18

Tag