fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

シンプルなのにラグジュアリー。大人の日常着の新定番「ウールT」とは

Category 2021/08/29

近年お洒落な大人男子の間で定番化しつつあるウールTシャツ。

“シンプルな軽装でもラグジュアリーな佇まいを演出してくれる”と話題を呼んでいます。

今回は、そんな”ウールTシャツ”の基礎知識や着こなしについて解説します。

ウールTシャツとは

ウールTシャツとはその名の通り、”ウール(=羊からとれる天然素材)“から作られたTシャツのことです。一般的なコットンTシャツに比べ、エレガントなドレープ感と艶めきを特徴とします。

コットンTシャツに比べ、上品で落ち着きいた雰囲気を放つウールTシャツは、大人な着こなしに最適です。

“ウール素材”と聞くと、多くの人は「肌ざわりがチクチクするのでは?」「暑くて蒸れそう」などTシャツには不向きなイメージを抱くかもしれません。しかし、そのイメージはどれも“不正解”。

 

ウール素材の中でもウールTシャツに使用される“メリノウール”は新生児の肌着に使われるほどの柔らかく心地よい肌触りが特徴です。また、ウール素材は”天然のエアコン”と呼ばれるほど高い調温機能を持ち合わせています。夏は涼しく、冬は暖かく一年を通して快適に着用することが可能です。

ウールTシャツを選ぶメリットは他にもたくさん挙げられます。

化学繊維に比べて”防臭効果”が高い

夏は気になる汗の臭い。臭いに対する“防臭効果”が高いのもメリノウールの特徴です。

天然素材のメリノウールには菌に対する免疫が備わっています。この免疫が作用して、汗と共に発生する雑菌の繁殖を防ぎ、防臭機能を働かせます。

この防臭機能は想像以上に高く、何日も同じ服を着続ける登山用のインナーウェアとして長く愛されてきた歴史があります。

汗で肌がべたつかず、汗冷えしにくい

汗をかくと肌がべたつき、Tシャツの着心地も悪くなります。さらに、汗で衣類が濡れたままだと汗冷えする原因にも。

メリノウールは“吸湿性”と“通気性”に優れており、かいた汗を素早く吸収・発散することが可能です。

メリノウールはカールした繊維の間に無数のエアポケットを作ります。この天然のエアポケットが抜群の通気性を実現し、肌のべたつきや汗冷えを防いでくれます。

ウールTシャツのお手入れ・保管方法。自宅で洗濯しても大丈夫?

ウールTシャツのお手入れ方法

ウールTシャツは、”デリケート”、”家で洗濯出来ない”など、”扱いづらいアイテム”だと思い込んではいませんか?

そのイメージ、全て誤解です。

第一にメリノウールは”耐久性の高いタフな素材”です。特別な表示がない限り、自宅の洗濯機で洗濯することが出来ます。

ただし、毛糸である以上”縮み”と引っ掛かりによる”穴あき”には気をつける必要があります。

具体的な洗濯方法は以下のとおりです。

 

〈ウールTシャツの洗濯方法~洗濯機Ver~〉

①ウールTシャツを裏返して洗濯ネットに入れます。

②おしゃれ着用洗剤またはウール用洗剤を使用します。(漂白剤入の洗剤は避けましょう)

③おしゃれ着洗いコース/ドライコースで洗濯機を回します。(通常コースに比べ、洗濯槽が回らないため、繊維が揉まれて縮むことを防ぎます)

④形を整えて平干しします。

 

〈ウールTシャツの洗濯方法~手洗いVer~〉

①洗面器に水温30℃以下のぬるま湯とおしゃれ着用洗剤またはウール用洗剤を入れます。(水温が高いと縮みの原因となるため注意しましょう。)

②ウールTシャツを裏返して畳みます。洗面器に押し付けるようにして全体を軽く押し洗いします。

③汚れが落ちてきたら水を変えてすすぎます。

④ウールTシャツを畳んだまま洗濯ネットに入れます。洗濯機に入れ30秒~1分程度脱水します。

⑤形を整えて平干しします。

 

メリノウールの基本的な洗濯方法はご紹介した通りです。しかし、中には他の素材が混ざっている等の理由から洗濯方法に指定の表示がある場合もあります。

洗濯前に必ず洗濯表示を確認しましょう。

ウールTシャツの保管方法

メリノウールは“天然素材”。長期保管の際には虫食い対策を必ず行いましょう。

虫食い対策を施した保管方法は以下の通りです。

 

〈虫食い対策と保管方法〉

①ウールTシャツを洗濯し、しっかりと乾かします。

②ウールTシャツにアイロンをかけて殺菌します。(生地表面にダメージを与えないよう、アイロンがけの際はあて布等でカバーしましょう)

③圧縮袋に、ウールTシャツと防虫剤を入れて圧縮。その後保管します。

ウールTシャツをお洒落に着こなす大人男子のコーディネート集

ウールT × センタープレステーパードパンツ

https://wear.jp/

どうしてもかっちりとした印象が強くなりがちなセンタープレステーパードパンツ。

トップスにウールTシャツ、足元にレザーサンダル、どちらも”綺麗めかつ程よい抜け感”のアイテムを合わせることで、コーディネートの品格はそのままにカジュアルダウン。

綺麗めだけど堅苦しさを感じさせない大人のリラックススタイルです。

ウールT × サテンリラックスパンツ

https://www.instagram.com/

上質でリラクシーな雰囲気のサテンパンツには、同様の雰囲気を持ち合わせるウールTが相性抜群。

足元に合わせたレザーのローファーも、素足で履くことで程よくリラクシーな印象に。

大人の品格と余裕を感じさせるダンディズムなスタイルです。

ウールT × ワイドパンツ

https://www.instagram.com/

緩やかにテーパードしたワイドパンツには、ビッグシルエットのウールTシャツがベストマッチ。

上下ともにゆったりとしたシルエットでありながらも、ウールTシャツの質感や光沢感できちんとした印象に。バッグとサンダルに品のあるブラックレザーを選ぶ小物使いもgood。

自然体なのにラグジュアリーなコーディネートです。

ウールT × ワントーンコーデ

https://www.instagram.com/

ブラックのウールTシャツなら、ウールの上質さが際立ちモードな雰囲気に。

ゆるくなりがちなワイドパンツもタックインすることで品良く着こなすことが出来ます。

ウールT × スポーティーパンツ

https://www.instagram.com/

シャカパン等スポーティーなパンツにウールTシャツを合わせれば、都会的で洗練された大人のスポーツミックスコーデに。

ジム帰りには、トップスをウールTシャツに着替えればそのまま街ブラ出来るお洒落な印象に。

大人の男はこれを買え!ウールTシャツのおすすめブランド

BATONER(バトナー)

ニットの産地として知られる山形県で2013年に誕生したニットウェアブランド”BATONER”。

生産のすべてを地元の産地で一貫して行うまさに”made in YAMAGATA”のブランドです。

高い技術力を誇る日本の職人達の手によって作られた製品は、”細部の仕上がりが圧倒的に美しい”と国内だけでなく海外のバイヤーからも高評価。

若いブランドながら、国内問わず”ホンモノ”を求める感度の高いユーザーから絶対的な支持を得ています。

■ウォッシャブルウール TEEシャツAJSS202018

15,400円/BATONER

https://amanojak.shop-pro.jp/

ウールTシャツはBATONERの定番商品。

袖丈と着丈をやや長めにすることで、スポーティー過ぎない大人なシルエットに。

ゆったりめのボックスシルエットによって生まれる綺麗なドレープが特徴です。

Steven Alan(スティーブンアラン)

元々はセレクトショップとして1994年にスタートした”スティーブンアラン”。

その5年後に発表したオリジナルブランドが高く評価され、今では”スティーブンアラン”=ファッションブランドとセレクトショップの総称となっています。

ひねりの効いたアメリカンクラシック、オーセンティックなアメリカンカジュアルをコンセプトとし、シンプルながらも上質かつ完璧なスタイルを追求しています。

■WOOL BORDER SHORT SLEEVE TEE-LOOSE/Tシャツ

¥13,200/Steven Alan

https://store.united-arrows.co.jp/

スティーブンアランでは、ウールを使用したTシャツやカットソーをスタンダードに展開。

程よい身幅と丈感は、インナーとして使うのもおすすめです。

koti(コティ)

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズから初のアウトドアレーベルとしてデビューした”koti”。

コンセプトは、”クリエイティブなキャンプストア”で、ファッション感度が高い人達も思わず手に取りたくなるような上質かつ洗練されたデザインのアウトドアウェアを提案。

デザインだけではなく、アウトドアシーンでも気負わず使えるタフで機能性に優れた素材も魅力の1つです。

■MT.BREATH WOOL T‐SHIRT

¥12,100/koti

https://store.united-arrows.co.jp/

kotiのウールTシャツは1枚でも様になるゆったりとしたシルエット。

“アウトドアシーンで着用後、そのまま街に帰って着られる”をまさに実現化。機能性とデザイン性を兼ね備えた万能アイテムです。

COMOLI(コモリ)

“日本人にとって本当に着心地の良い服”を追求し続ける”COMOLI”。

日本の気候・湿度・街並・そして日本人の体型。様々な角度から研究した”日本人のため”の服作りが特徴です。

シンプルなのに独特の雰囲気を醸し出すコモリ服。服好きの間では、”なぜか着たくなる” “不思議なほど空気感がよい”と圧倒的な支持率を誇ります。

■ウール天竺半袖クルーTEE

¥24,200/COMOLI

https://baycrews.jp/

コモリのウールTシャツは、身幅のゆとりや丈感、首の詰まり具合やポケットの形、すべてにおいてパーフェクトと絶賛されている人気の定番商品です。

決して透けないギリギリの薄さと軽さながらも、質の良さを感じさせる張り感を残す技術はまさに圧巻です。

HERENESS(ヒアネス)

メリノウール製のアイテムを中心に着心地とサスティナブルを追求するスポーツアパレルブランド”HERENESS”。

“着心地”に注力した商品作りを掲げ、着用した際の”見ための心地よさ(デザイン性)”、”体が感じる心地よさ(サイズ感・機能性)”、”心が感じる心地よさ(サスティナブル)”すべてを満たしたこだわりのアイテムのみを展開しています。

2020年に誕生したばかりのブランドですが、”都会的なランニングウエアがある”と、お洒落なランナー達の間で話題となったのを皮切りに愛用者が急増。

今では、スポーツウェアの枠組みを超えて”服好き”からも一目置かれる新鋭ブランドとなりました。

■SMOOTH WOOL T‑SHIRT(UNISEX)

¥9,900/HERENESS

https://hereness.jp/

ヒアネスのウールTシャツは、ウール100%でありながら生地表面は滑らかで美しい光沢感。その質感からは、”見た目へのこだわり”が強く感じられます。

着心地良し、見た目良し。ウールTシャツで大人の日常着をアップロードしよう

ウールTシャツの魅力は、ゆるくても決してだらしなくはない絶妙なバランス感。

もちろん、機能性の高さはお墨付き。”着ていて心地よい”アイテムです。

是非お気に入りのウールTシャツで、大人の日常着に”程よい抜け感”をプラスしてみては。

 

関連記事

【メンズ】ルームウェアもお洒落にしたい!厳選したおすすめウェアブランド5選

「リモートワーク」や「ステイホーム」という言葉が浸透し、おうち時間が増えた人も多いのではないでしょうか? 長く続くコロナ禍で需要が伸びているのが、ルームウェアです。 これまでルームウェアに関心がなく、古着やスウェットで済…

Category 2021/08/29

【6000円以下】安くて上質な無地Tシャツの取り扱いブランドをご紹介

  無地のTシャツは、かつては下着のように身に付けられていました。 しかし、現在ではそれ1枚でファッションアイテムとして着られるようになり、シンプルで上品なメンズの着こなしに欠かせない存在となっています。 装飾…

Category 2019/11/04

【着心地抜群】シワにならない大人スーツ|ポイント解説とおすすめブランドをご紹介

  シワになりにくいスーツが求められるのは? ビジネスシーンにおいてオフィスカジュアルの傾向に伴い、よりソフトでリラックスしたスーツスタイルが求められています。また、バックパックを使用するビジネスマンが増えてい…

Category 2020/03/06

メンズの白パーカーのおすすめブランドとコーディネート10選

カジュアルなパーカーも白だとクリーンに着こなせるため、大人っぽく見えるのがいいですよね。最近は高品質なコットンを使ったパーカーも数多く存在します。 今回はアルケー読者の方に向けて、大人っぽい白 パーカーのコーディネートや…

Category 2021/07/11
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

【リジットデニム / 生デニム 】有名産地や洗濯方法、履き方・育て方、おすすめブランドなど一挙まとめてご紹介!

  リジットデニム (生デニム)とは? リジットデニムをご存知ですか?   リジットデニムは、生デニムとも呼ばれますが、 “水洗いを含めて加工が施されていないデニム” を「リジットデニム」と称します。…

Category 2020/03/06

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

Tag