fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

ユニクロで大人のスタイリングをつくる。参考にしたいメンズ16コーデ

Category 2024/02/06

メンズはもちろん、レディース、キッズやベビー服まで取り扱いがあり、ヒートテックやエアリズムのようなインナー類や、軽量伸縮など機能を備えた「感動パンツ」、軽くパッカブルのため持ち運びができて暖かい「ウルトラライトダウンジャケット」など、数々のヒット商品を生み出しているユニクロ。

日々新作商品が追加されていき、カラーバリエーションも多く、どのアイテムをどう合わせると良いか分からない方や、街で服が被ってしまうのが気がかりな方もいるのではないでしょうか。

全身をユニクロのアイテムで固めるのではなく、他ブランドとミックスしたり、色やアイテムの組み合わせ次第で洗練された印象や自分らしいコーディネートを組むことが可能です。

この記事では、ユニクロのアイテムを上手く使ったメンズコーディネートをご紹介しますのでスタイリングのヒントになりましたら幸いです。

 

1.アクティブな休日スタイル

https://wear.jp/wally1990/22384488/

ユニクロのジーンズは、旬のスポーツミックススタイルにもマッチします。

ナイロンジャケットとスニーカーの色味をシンクロさせて、統一感のあるコーディネートに。

襟付きのシャツを合わせると、カジュアルに寄りすぎることなく、適度なきちんと感が演出できます。

アクティブに過ごしたい休日におすすめのスタイリングです。

2. カラーコントラストを効かせたコーディネート

https://wear.jp/marukome36/21459106/

ユニクロでは、トレンドを抑えたワイドシルエットのパンツもラインナップしています。

トップス、ボトムスともにオーバーサイズのものをチョイスして、いまっぽい着こなしに。

グリーンとホワイトのカラーコントラストが印象的な組み合わせです。

白系のパンツは、カラーアイテムの引き立て役としても最適。

3. ダウンジャケット×シャツ

https://wear.jp/wann000001/22475169/

ダウンジャケットをはじめとするアウター類も、ユニクロの人気商品です。

野暮ったくなりがちなダウンジャケットは、きれいめなアイテムで中和するのがおすすめ。

ボリュームのあるジャケットに対して、落ち感のある素材を合わせることで、スタイリッシュな雰囲気を演出しています。

防寒対策の面でも心強い真冬のコーディネートです。

4. ハイセンスなスタイリング

https://wear.jp/hiroki0302/22453194/

カラーアイテムを巧みに使ったハイセンスなスタイリング。

イエローとブルーは相性が良く、大人世代でも取り入れやすい組み合わせです。

カラー展開が豊富なユニクロのアイテムだからこそ、色味で遊んでみるのもアリでしょう。

ビビットカラーではなく、マスタード系のくすんだカラーを選ぶのがポイントです。

ホワイトのニットキャップも好アクセント。

5. 都会的な着こなし

https://wear.jp/zeroneo19880920/22463270/

ユニクロのPコートが主役の都会的な着こなし。

アーティスティックディレクターのクリストフ・ルメールが手掛けるコレクション「ユニクロU」では、デザイン性の高いアイテムを数多く発表しています。

ナイロン素材のPコートは、存在感がある一方で、見た目にも軽いのが特徴。

ゆったりとしたシルエットがいまのトレンドともマッチして、羽織るだけで洗練された印象に仕上がります。

6. ユニクロ×MARNI

https://wear.jp/icchostyle/22401534/

モードな雰囲気が漂う大人カジュアルファッション。

ニットやパンツ、コートまで、すべてのアイテムをユニクロ製品で組み立てています。

マルチボーダー柄が目を引くカーディガンは、ユニクロとMARNIのコラボ商品で、実はレディースもの。

サイズ展開が豊富なユニクロだからこそ、ジェンダーレスな着こなしも可能にしてくれます。

足元からチラっと覗く赤いソックスもおしゃれ。

7. シンプルなコーディネート

https://wear.jp/marukome36/21458754/

シャツやパンツなどのメインアイテムをユニクロで統一しつつ、足元にはクラークスのシューズをON。

「おしゃれは足元から」を意識した、シンプルなコーディネートです。

インナーにはタートルネックやニットを持ってきて、ブーツに負けない品の良さをプラス。

ラフでありつつもきれいめな印象を崩さない、バランス感覚が絶妙なスタイリングです。

8. ミリタリーファッション

https://wear.jp/junky11/22359838/

今季はミリタリーファッションに大注目です。

カモフラージュ柄などのインパクトがあるアウターを取り入れるときには、ほかのアイテムを無地のもので統一するのが鉄則。

洋服同士が喧嘩せず、すっきりとしたコーディネートに仕上がります。

コーデュロイ素材のパンツを持ってくるなど、異素材ミックスコーデを楽しむのも良いでしょう。

9. リラクシーなコーディネート

https://wear.jp/24moty/19186935/

着心地が良いユニクロのアイテムは、リラクシーなコーディネートにも適しています。

Tシャツやスニーカーでラフに決めたコーディネートに、ユニクロのチノパンを投入。

丈感のあるシャツがライトアウター替わりとなって、春先や秋口の寒さにも対応可能です。

全体の色味を抑えることで、子どもっぽい印象を避けつつ、軽快に着こなしています。

10. オフィスカジュアルスタイル

https://wear.jp/birdwell/19109863/

オフィスカジュアルスタイルでは、シンプルなアイテムを選ぶのがポイントです。

無地かつベーシックなカラーをチョイスすると、職場で浮くこともなく、落ち着いた雰囲気に。

特に、シャツを肩掛けしたいときなど、シワや生地の傷みが気になる着こなしには、ユニクロ製品がピッタリです。

確かな品質のロープライス商品なら、日常の中に気負わずに取り入れられるでしょう。

11. ワンランク上の着こなし

https://wear.jp/ryosukeeeiii/22424732/

ユニクロのパンツに大人っぽいニュアンスのコートを合わせて、ワンランク上のコーディネートに。

ゆったりとしアウターとタイトなボトムスで、シルエットにメリハリをつけるのが、スタイリッシュな着こなしのコツです。

さらに、足元に存在感のあるブーツを配置すると、ハンサム度が上がります。

ブラックとボルドーの組み合わせによって、シックなムードを演出している点もGOOD。

 

12. レイヤードスタイル

https://wear.jp/naoto0327/22409054/

ユニクロのシャツを使ったレイヤードスタイル。

オーソドックスなデザインのシャツは、アウトドアブランドやスポーツブランドとの相性もバツグンです。

カジュアルな着こなしに清潔感やきちんと感をプラスしてくれるので、積極的に取り入れましょう。

ショート丈のダウンジャケットに収まるよう、サイジングを工夫するのがポイントです。

13. ビジネスライクなコーディネート

https://wear.jp/microline6/18241973/

トップス、ボトムスともにユニクロのアイテムで揃えた、ビジネスライクなコーディネート。

薄手のタートルネックセーターは、オンでもオフでも重宝する逸品です。

また、インナーとしてレイヤードスタイルに用いたり、1枚で着たりと、汎用性の高さも魅力。

ジャケットとシューズに上質なものを持ってくると、全体の印象を格上げしてくれます。

14. トレンドカラーを取り入れて

https://wear.jp/icchostyle/22401585/

カラーバリエーションが豊富なのも、ユニクロ製品のメリットの1つ。

ベーシックなカラーからポップなカラーまで守備範囲が広く、色味が違うだけで雰囲気をガラッと変えることができます。

特に今季は、グリーンのアイテムが要チェックです。

トレンドカラーとして人気が高まっており、いまっぽいスタイルを作りたいときに重宝します。

15. 大人カジュアルコーデ

https://wear.jp/paw096/21014661/

XSから4XLまで、さまざまなサイズで展開しているユニクロのシャツは、オーバーサイズシャツとしても活用できます。

普段より1~2サイズ大きめのものをチョイスすると◎

ブラックデニムを合わせてカジュアルに着こなしつつ、レザースリッポンで大人のニュアンスに仕上げています。

レザーシューズを素足履きすることで、こなれ感や抜け感も演出可能です。

 

 16. アウトドアミックススタイル

https://wear.jp/gongonoutfits/17964416/

白×黒×カーキの3色でまとめたアウトドアミックスコーディネート。

ダークカラーの中に1点だけ投入した白のタートルネックカットソーが、よく映えています。

カットソーや薄手のセーターの場合、ネック部分を折り返してモックネックとして着ることもできます。

着こなしの幅が広がるため、コスパの面でも優秀。

着用可能な時期も長期に渡るので、1枚もっていると心強いアイテムです。

さいごに

ユニクロの製品は品質も高く、定期的にセールが行われるため、狙って購入すれば更にリーズナブルに手にいれることが出来ます。「サイズ感」が大切ですので、トレンドアイテムや初めて着るアイテムについてはぜひ店舗で一度試着されるのをおすすめします。上手くユニクロのアイテムを取り入れて、スタイリングの幅を広げましょう。

関連記事

ファッショニスタが好むニューバランスの定番モデル6選

ニューバランス、大変な人気ですよね。かくいう私もニューバランスファンで、好きなスニーカーを一つ上げるとしたらM1400かM1500を挙げます。自分の足にフィットしているというのもありますが、独特のクッション性による長時間…

Category 2021/07/18

大人を満足させる、シンプルで美しい指輪とは

年齢を重ねるにつれファッションスタイルは落ち着き、着こなしの引き算が出来るようになります。 様々なスタイルに挑戦し、時には憧れのファッションを追求するなど、試行錯誤を経ることで自分らしく落ち着くスタイルが定着するものです…

Category 2020/04/12

【網羅版】ジーンズの原点Levi’s(リーバイス)デニムの歴史と人気モデル|シルエット別に紹介します

補強のためのリベットへの打ち込み、5ポケット、ボタンフライ、バックポケットのステッチ… デニムの機能やデザインとして今や当たり前の要素ですが、これらのディテールは全てLevi’s(リーバイス)の501が始まりです。 &n…

Category 2022/08/08

ポリエステルは特に注意!毛玉ができやすい洋服と、その原因について徹底解説

  お気に入りの洋服は、長く綺麗に使いたいもの。 しかし、ある日ふと気が付くと、洋服に毛玉が…。   できてしまったものは仕方がないと思い、手で取ったり、毛玉取り機で切り取ったりしている方も多いかと思…

Category 2021/07/28
back

Popular

【2024年最新】大阪のおすすめセレクトショップ18選|ドメブラからインポート、アウトドアまで

アイテムのセレクトや、人の個性、コンセプトによる内装やインテリアなど、独自の世界観の中で買い物を楽しむことができるセレクトショップ。 大阪でしか買えないような他では珍しいブランドを見たい方や旅行で大阪のセレクトショップめ…

Category 2023/03/30

【2024年最新】京都のおすすめセレクトショップ21選|歴史ある美しい町並みと洋服の融合

外国人観光客からの人気も高く、京都は寺社仏閣からコンビニに至るまで、京都は日本の伝統的な景観の保全がされています。京都のセレクトショップもまた、その風情ある街に溶け込む外装、和の雰囲気を感じる落ち着いたデザインが施されて…

Category 2023/04/10

【2023年最新】名古屋(栄中心)のメンズセレクトショップ16選

名古屋城などの歴史めぐり、みそかつや手羽先などのグルメスポット、名古屋パルコをはじめ買い物でも一日楽しく過ごすことのできる名古屋。 セレクトショップを巡るなら店舗が集中している、名古屋駅・通称「名駅」から地下鉄で5分のと…

Category 2023/04/06

【2024年最新】表参道のセレクトショップ網羅版【10選】

東京の中でも随一のセレクトショップの数の多さを誇る表参道。この記事では、表参道の人気セレクトショップを網羅的にご紹介しています。 ジャンルや価格帯、取り扱いブランドも紹介しているのでご参考ください。   THE…

Category 2022/12/30

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

Tag