fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

上品・お洒落に着こなす黒シャツのコーディネート画像19選

Category 2023/03/02

メンズの黒シャツは、フォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使える便利なアイテムです。どのようなスタイルにするかを考える参考にするため、いくつかコーディネートのヒントを紹介します。

 

・ビジネスカジュアルなシーンでは黒いシャツをスラックスやチノパンツと合わせるのがオススメです
・カジュアルな場面では、デニムやカーゴパンツ、スニーカーと合わせて着るのが良いでしょう

 

この記事では、お洒落な黒シャツの着こなしをご紹介していますので参考になさってください!

 

1. 大人のリラックススタイル

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒シャツが主役のリラックススタイル。どこかラグジュアリーなムードが漂う着こなしです。

ワイドなテーパードパンツと合わせつつ革靴で引き締めることで、ルーズな印象に寄りすぎるのを回避。適度に肩の力が抜けたコーディネートに仕上げています。

 

2. モノトーンコーデ

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

肌寒い季節には、MA-1型のシャツが大活躍。アウター替わりに羽織るだけで、スタイリッシュなコーディネートが完成します。

全身をモノトーンでまとめて、メリハリのある着こなしに、かかとを潰して履いた革靴が、大人のこなれ感を演出しています。

 

3. モードな雰囲気に

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒シャツ×グレーのチノパンの組み合わせが、シックな印象のスタイリング。首元までボタンを留めて着ることで、モードな雰囲気に仕上がります。

シャツは着丈が若干長め、パンツはゆったりとしたワイドテーパードで、いまっぽいシルエットに。黒シャツ初心者にもおすすめの、シンプルな着こなしです。

 

4. ミリタリーコーデ

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒のフィッシングシャツを取り入れたコーディネート。レイヤードした白のTシャツを裾からのぞかせて、立体感を演出。足元には軍用シューズを採用して、ミリタリーのムードが漂う着こなしに。インナーやスニーカーの白が、差し色として存在感を発揮しています。

 

5. 落ち着いた夏ファッション

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

暑い季節には、半袖の黒シャツがマスト。大人の落ち着いた雰囲気を漂わせつつ、季節感のある着こなしに仕上がります。

黒いアイテムで白のパンツをサンドすることで、色のバランスが整い、安定感のある印象に。白と黒のコントラストが効いた、さわやかなモノトーンコーデです。

 

6. 黒シャツ×ハーフパンツ

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒シャツは、ハーフパンツとの相性もGOOD。折り返した袖から手首をのぞかせて、こなれ感を演出しています。パンツ以外のアイテムを黒で統一しているのが、一体感のあるコーディネートのコツ。春先や秋口など、季節の変わり目におすすめのスタイリングです。

ニットキャップなどの小物使いも秀逸。

 

7. リネン素材のナチュラルコーデ

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

リネンシャツ特有のソフトな風合いで、ナチュラルに仕上げたコーディネート。シャツ、パンツともにゆったりとしたシルエットが、リラックス感をUPしています。

シューズにはモカシンをチョイスして、個性をプラス。リネン素材のアイテムは、黒シャツの重い雰囲気が苦手な人にも最適です。

 

8. ロングベルトでアクセントをプラス

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒シャツにスラックスを合わせたプレーンな着こなし。オフィスカジュアルにも応用可能なキレイめスタイルです。さりげなく見えるロングベルトが好アクセント。コーデ全体のお洒落度を上げる技ありポイントです。

ワイドシルエットでトレンドを取り入れて、いまっぽい表情に。

 

9. きれいめカジュアル

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒シャツのボタンをすべて開けて、ラフに羽織ったコーディネート。落ち感のあるスラックスが、よりリラックスした印象を与えます。シンプルな黒シャツに白のボタンがアクセントをプラスして、ワンランク上の仕上がりに。

清潔感のある白TシャツのチョイスもGOOD。パンツのニュアンスカラーで、ワンパターンになりがちなコーディネートにトレンド感を取り入れています。

 

10. ラグジュアリーな着こなし

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

厚手のシャツは、ライトアウターとして使うのがおすすめ。セットアップのアイテムを選ぶと、一瞬で全身のコーディネートが完成します。

ドレープの効いた生地感が、ラグジュアリーなムードを演出。全身を黒でまとめたコーデに白TシャツをONすることで、重すぎずさわやかさに着こなせます。

 

11. カーディガンを羽織った春秋コーデ

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

シャツ×スラックスの真っ黒なスタイルに、グレーのカーディガンを羽織った春秋コーデ。シンプルだからこそ、カーディガンの質感やカラーが際立つ着こなしです。

足元にはサボサンダルを配置して抜け感をプラス。

ベーシックなシャツとカーディガンの組み合わせはトレンドを問わずに着用できるので、ワードローブに常備しておきたいアイテムです。

 

12. 黒シャツ×スキニーデニム

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒シャツ×スキニーデニムでシックに決めた大人カジュアルスタイル。全身をタイトなシルエットでまとめた着こなしです。黒の引き締め効果により、細見えするのも嬉しいポイント。

足元にはボリューム感のあるスニーカーをチョイスしたことで、スタイルアップ効果も期待できます。

キャップやめがねで遊び心を演出しつつ、どこかロックなニュアンスに。

 

13. ボリューム感のあるレイヤードスタイル

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

Tシャツと黒シャツに、さらにブルゾンを重ねたボリューム感のあるレイヤードスタイル。黒シャツがブルゾンやパンツの引き立て役として、適度な存在感を発揮しています。合わせるアイテムを選ばないのが、黒シャツの魅力の1つ。

レイヤードしたアイテムのサイズ感にまでこだわったお洒落上級者の着こなしです。

 

14. 五分袖シャツ×ワイドパンツ

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

大胆なワイドシルエットのパンツを使った大人カジュアルコーデ。五分袖の黒シャツは、半袖よりきれいめ、長袖よりカジュアルな印象を与えるため、取り入れやすいアイテムです。

ワイドパンツと合わせるときには、シャツの下半分のボタンを開けて動きを出すのがスタイリッシュに見せるポイント。グルカサンダルで抜け感のある着こなしに仕上げています。

 

15. クールなリラックススタイル

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒シャツは、カラーパンツとも相性バツグン。一見奇抜に見えるアイテムも、黒シャツを合わせることですっきりと着こなせます。

シャツの中にタートルネックをインするのが、きちんと見えするコツ。ブーツやサングラスでかっこよくキメて、クールなリラックススタイルの完成です。

 

16. 季節感を取り入れたコーディネート

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

マンネリを避けたい人には、袖にデザインのある黒シャツがおすすめ。黒シャツ×スラックスで作るプレーンな着こなしに、アクセントをプラスしてくれます。

カラーアイテムを投入するときには、ほかのアイテムをベーシックなカラーで統一するのがスマートなコーディネートのポイント。カラーパンツを主役にすることで、季節感を取り入れたいまっぽいスタイリングが完成します。

 

17. 大人の色気を感じさせる着こなし

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

ボトムスにテーパードシルエットのホワイトデニムをチョイスした、キレイめカジュアルなコーディネート。黒シャツの首元を開けて着ると、大人の色気を感じさせる着こなしに。光沢のある生地から上品さや高級感が漂います。

足元にはラフなサンダルを配置して、大人の抜け感を演出。色気と清潔感のバランスが取れたスタイリングです。

 

18. 黒シャツ×ヴィンテージデニム

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

モックネックのカットソーは、Tシャツ以上タートルネック未満の、ほどよいきちんと感が魅力のアイテム。黒シャツと合わせることで、より落ち着いたムードに仕上がります。ヴィンテージデニムとの相性もGOOD。古着を取り入れた個性的なコーディネートです。

 

19. キレイめミリタリーコーデ

black-shirts-cordinate

https://wear.jp

黒シャツにファティーグパンツを合わせたミリタリースタイル。五分袖のシャツに細身のパンツで、キレイめなニュアンスに。
足元にはローテクスニーカーを配置して、軽快さを強調しています。インナーの白いTシャツが、差し色として好アクセント。アクティブ派の休日コーデにおすすめです。

関連記事

最高品質のシャツファブリックメーカー「THOMAS MASON(トーマス メイソン)」について

    トーマスメイソンは1796年、英国のランカシャーという地域で創業したシャツ生地メーカーです。ロイヤルワラント(英国王室御用達)を享受する、伝統的で由緒正しいブランドとして認知され、英国が誇るシ…

Category 2020/02/21

季節感の演出で一歩先いくおしゃれへ。冬のコーデに重宝するウールパンツ

いよいよ冬本番を迎えましたね。コーディネートもすっかり冬物に変わったと思います。冬はお洒落の見せ所ですが、コーディネートは好きなアイテムだけを組み合わせせればよいというわけではありません。アイテムの組み合わせがコーディネ…

Category 2021/02/11

【シンプルで万能】プレーントゥとは? 外羽根や内羽根の違いとは?

  プレーントゥとは、甲やつま先に一切の装飾が施されていない革靴のこと。 オンオフ使える汎用性の高さが魅力のデザインですが、シンプル故に細部のディテールが違うだけで、印象がガラッと変わります。   基…

Category 2021/10/22

甲高・幅広の足型にオススメのスニーカーとは

日々のコーディネートに欠かせないアイテムであるスニーカー。 発祥が海外というのもあって、NIKEやAdidasなど、海外メーカーのスニーカーが人気ですよね。しかし、日本人は欧米人と比べて甲高・幅広の足型の人が多く、欧米人…

Category 2021/07/11
back

Popular

【2024年最新】大阪のおすすめセレクトショップ18選|ドメブラからインポート、アウトドアまで

アイテムのセレクトや、人の個性、コンセプトによる内装やインテリアなど、独自の世界観の中で買い物を楽しむことができるセレクトショップ。 大阪でしか買えないような他では珍しいブランドを見たい方や旅行で大阪のセレクトショップめ…

Category 2023/03/30

【2024年最新】渋谷のセレクトショップ網羅版【21選】

遡ると90年代の「渋カジ」からはじまり、現在においてもモードやストリートなど様々な流行の発信地であり続ける渋谷。2029年の完成に向けた最大規模の再開発プロジェクトが真っ最中です。 そんな中、渋谷で買い物しようと思っても…

Category 2023/08/26

清潔感に繋がる白Tシャツの黄ばみ問題。重曹や酵素入り食器用洗剤で徹底対策!

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ、適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から…

Category 2021/03/21

【2024年最新】表参道のセレクトショップ網羅版【10選】

東京の中でも随一のセレクトショップの数の多さを誇る表参道。この記事では、表参道の人気セレクトショップを網羅的にご紹介しています。 ジャンルや価格帯、取り扱いブランドも紹介しているのでご参考ください。   THE…

Category 2022/12/30

【2024年最新】京都のおすすめセレクトショップ21選|歴史ある美しい町並みと洋服の融合

外国人観光客からの人気も高く、京都は寺社仏閣からコンビニに至るまで、京都は日本の伝統的な景観の保全がされています。京都のセレクトショップもまた、その風情ある街に溶け込む外装、和の雰囲気を感じる落ち着いたデザインが施されて…

Category 2023/04/10

Tag