fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

「シャツジャケット」の魅力。おすすめブランドとコーディネートをご紹介!

Category 2021/07/19

夏から秋にかけて衣替えの時期がやってきますが、これがなかなか難しい。ジャケットやパーカーだと暑いですし、シャツだと肌寒い。そういう場合に中間解として役立ってくれるのが「シャツジャケット」です。

名前の通り、シャツとジャケットの中間のような厚さの生地が使われていて、季節の変わり目のピッタリのアイテムです。形はどちらかというとシャツ寄りで、厚めのシャツという位置づけとして認識していただくのがいいかと思います。

季節や気温に応じた服をサラッと着こなすことは大人のファッションの基礎動作ですから、夏から秋にかけてのアイテムとして、シャツジャケットは最適のアイテムといえるでしょう。

今日は30代以上の男性向けのおすすめシャツジャケットのコーディネートや、おすすめブランドをご紹介しておりますので、ご参考ください!

シャツジャケットのおすすめブランド

KAPTAIN SUNSHINE

https://wear.jp/

2013年に、デザイナーの児島晋輔氏が設立したカジュアルブランド。

シーマンのユニフォームやフィールドウェアを中心に、アウトドアやワーク、ミリタリーなどのテイストをMIXさせたスタイルを提案しています。

デザインにはアメリカ製品の影響を受ける一方、日本の生地や縫製により、完成度の高い仕上がりに。

その大きな特徴は、運営母体にファブリックカンパニーをもつ同ブランドだからこそ実現する、クオリティの高い生地です。

製品ごとに肌触りや発色、経年劣化なども考慮しつつ厳選される素材は、本物志向の男性から絶大な人気を集めています。

 

そんなKAPTAIN SUNSHINEが提案するミリタリージャケットは、落ち感のあるレーヨン素材を採用して、無骨なイメージを払拭。

生地がもつ独特の光沢により、クリーンで新鮮な印象を与える1枚です。

A.P.C

https://wear.jp/

1987年に、デザイナーのジャン・トゥイトゥがスタートしたブランド。

「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」を略してつけられたブランド名には、デザイナーの名をファッションに結びつけたくないという思いが反映されています。

コンセプトは、「デザイン、プライス、外見の観点から、だれもが手に取りやすい真のフランスブランド」。

フレンチベーシックの中にストリートのテイストを取り入れたスタイルが特徴です。

 

デニムを中心に、カジュアルなファッションを得意とする同ブランドは、ミリタリーテイストのアイテムも豊富にラインナップしています。

シックなカラーのジャングルファティーグジャケットは、すっきりとしたシルエットに仕上げることで、スマートな印象に。

キレイめなスタイリングにもおすすめです。

(3)MAISON Margiela

https://www.maisonmargiela.com/

1988年にフランスで誕生した、ファッションブランド。

創業者でデザイナーのマルタン・マルジェラは、ファッションの歴史に最も大きな影響を与えたデザイナーの1人と言われています。

そのコレクションは、「脱構築(デコンストラクション)」や「デストロイ・コレクション」と呼ばれ、従来の衣服を再構築・再定義しました。

 

メンズ・ウィメンズを問わず、ウェアやアクセサリーから、シューズや香水まで、ファッションアイテムを中心に幅広く展開。

メンズのジャケットでは、定番のㇵの字ライダース(5ZIPライダース)以外にも、ファッショナブルな製品を数多く提案しています。

中でもストライプ柄のスポーツジャケットは、マルジェラらしいデザイン性の高い1枚。

コットン100%で着心地の面でも優秀です。

ATON

https://wear.jp/

久崎康晴氏がディレクターを務めるファッションブランド。

「ここにしかないもの」をブランドコンセプトに掲げ、素材やシルエットにこだわったアイテムを展開しています。

ブランド名の由来は、AtoN「“あ“から”ん“まで」。

原材料の選定から完成にいたるまで、生産者と綿密にコミュニケーションをとったうえで、生産背景を把握したものづくりがしたい、という思いでつけられました。

「スピンコットン」や「ピュアキャメル」など、こだわりの素材を用いて作られる製品は、スタンダードなデザインながら、着用時のシルエットが美しいのが特徴。

 

羽織としても使えるプレーンなコットンシャツは、ヘムライン(裾線)のカーブを抑えることで、ノーマルな印象に。

広めのバックヨークでカジュアルな着こなしにもマッチします。

AURALEE

https://wear.jp/

2015年に、デザイナーの岩井良太氏が立ち上げたファッションブランド。

コンセプトは「本当に良いと思う原料を厳選し、素材を追及。さらに、その素材の個性を活かして、上質で軽さを感じられる洋服を提案すること」。

素材作りからデザインと考え、気取らずに毎日着られるリアルクローズを展開しています。

定番のTシャツをはじめ、シンプルでノーマルなデザインが、20代から40代まで幅広い世代で人気のブランドです。

 

そんなオーラリーの長袖ビッグシャツは、太めで長い袖が特徴。

超長綿を使用して高密度に編みこまれたツイル地には、なめらかな肌触りと上品な光沢があり、ラグジュアリーな雰囲気が漂います。

適度な落ち感が、ジャケットとしても1枚着としてもハマるアイテムです。

Steven ALAN

https://wear.jp/

1994年にニューヨークでセレクトショップとしてオープンし、1999年にはオリジナルブランドの販売を開始。

アメリカントラッドやアメリカンカジュアルなスタイルを中心に、着心地にこだわったアイテムを提案しています。

日本ではユナイテッドアローズがディストリビューターとなり、全国の店舗で購入可能に。

アメリカからの輸入品だけでなく、日本国内での独自企画を融合し、セレクト品を加えたラインナップになっています。

メンズ・レディースともにフルコレクションで展開。

 

同ブランドのシャツは、コーチジャケットタイプで、どんなスタイルにも馴染むのが魅力。

ツイル素材を採用することにより、落ち着いた大人のニュアンスに。

羽織としてカジュアルに、ボタンを留めてスマートにと、様々な表情が楽しめます。

シャツジャケットのおすすめコーディネート

カーディガンのように羽織るラフなスタイル

https://wear.jp/

キャプテンサンシャインのシャツジャケットをラフに羽織ったコーディネート。

カーディガンのような軽い印象で着られるアイテムは、春秋シーズンに最適です。

インナーにはボーダーのカットソーを合わせて親しみやすい印象に。

アンクル丈のボトムスでジャケットとのバランスをとるのが、すっきりとした着こなしのポイントです。

シャツジャケットで作るミリタリーな着こなし

https://wear.jp/

ミリタリージャケットとカーゴパンツで、男らしいスタイリングに。

A.P.Cが得意とするミリタリーなアイテムは、無骨さの中に洗練された大人の雰囲気があり、コーディネートを格上げしてくれます。

足元にはドレスシューズをチョイスして、キレイめなニュアンスをプラス。

カラーアイテムを巧みに使ったお手本コーデです。

デニムのセットアップコーデ

https://wear.jp/

デニムのセットアップを着用した、統一感のある着こなしです。

スティーブンアランのシャツジャケットは、ゆとりのあるシルエットではあるものの、大きすぎない絶妙なサイズ感が魅力。

革靴を合わせることでカジュアルな印象に寄りすぎるのをカバーした、センスの光るスタイリングです。

インナーの白Tシャツが好アクセント。

シャツ×シャツジャケット

https://wear.jp/

デニムのシャツジャケットは、白のパンツとの合わせもおすすめです。

濃いブルーとクリアな白のコントラストで、さわやかな雰囲気の着こなしに、

オーラリーらしいすっきりとしたシルエットが特徴のシャツジャケットは、羽織としても1枚着としても着用可能。

さりげなく投入した靴下のイエローが、差し色として存在感を発揮しています。

シンプルに

https://wear.jp/

全身をノーマルなアイテムで揃えた、落ち着いたスタイリング。

ジャストなサイズ選びと控えめな色使いが、スマートな着こなしのポイントです。

ジャケットには装飾を省いたシンプルなシャツをチョイスして、大人の印象に。

すっきりとしたラインのパンツを合わせることで、シャツジャケットの魅力を最大限に惹き出しています。

まとめ

初春や初秋に役立つシャツジャケット。冬場はインナーとしても使えるので、登場シーンも自然と多くなるでしょう。

各ブランドから様々なアイテムが発売されていますので、お好みのアイテムがあればご検討されてください!

 

関連記事

徹底した素材へのこだわり。極上のナイロンと革を扱うFelisi(フェリージ)の魅力

歳を重ねるほど、モノの品質にはこだわりが出てくるもの。 本記事では、強いこだわりを持つ人も唸らせるフェリージ社のアイテムについてご紹介します。 フェリージとは Felisi(以下、フェリージ)は1973年にイタリアはフェ…

Category 2019/03/06

【こだわり重視】大人が着るべき上質なネイビー無地Tシャツのおすすめブランド紹介

昨今トレンドである無地のTシャツ。 様々なシルエット、カラー、ブランド、プライスと無数の商品が市場には並んでおり、それ故にどれを選べば良いか悩む人も多いはず。 一見同じように見える無地Tシャツも、少し意識すればシルエット…

Category 2019/04/21

大人男性のための黒トレーナー コーデ19選

カジュアルの定番アイテムであるトレーナー。黒というのは使いやすい色味なのはもちろん、トレーナー(スウェット)というのも人を選ばないため、万人に受け入れられる便利なアイテムです。ストリートブランドだけではなく、いまやハイブ…

Category 2021/07/19

大人メンズのジムウェア選び!おしゃれ見えするコーディネートのポイントとは

ここ数年、日本では”筋トレ”ブームが続いています。テレビをつければジムのCMが流れ、コンビニで売られるサラダチキンは社会現象にまでなりました。 これまでいわゆる“マッチョ”を目指す人達が通う場所というイメージの強かった“…

Category 2021/08/29
back

Popular

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

Tag