fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

夏の定番アイテム。大人が履きたい上品なおすすめサンダルブランド8選

Category 2018/07/20
夏 メンズ サンダル コーデ

https://unsplash.com/photos/yinvPyrP_EA

 

履いて快適、見た目も涼し気な夏の定番シューズ、サンダルの特集です。

ドレスからカジュアルまで、様々なスタイルの足元にエフォートレスな雰囲気を演出してくれるサンダルですが、

今回はこだわり派大人メンズにおすすめの上品なサンダルを8ブランドから厳選し、子供っぽく見えないコーデのポイントと併せてご紹介します。

1. サンダルコーデは快適

サンダル コーデ 快適 メンズ

https://www.pinterest.com/pin/422494008781807883/

サンダルコーデはとにかく快適。

サッと履けて、パッと脱げるサンダルは、履き心地はもちろんのこと、見た目的にも涼し気で、足元に抜け感とリラックス感をプラスしながら、スタイル全体をエフォートレスな雰囲気に仕上げます。

 

 

サンダル メンズ 素材 コーデ

https://www.pinterest.com/pin/422494008782849625/

しかもデザインや素材、カラーなどバリエーション豊富で、自分好みのスタイルに合ったアイテムを選択可能。

街履き仕様のスタイリッシュなデザインから、リゾートやビーチ向きのいわゆる“ビーサン”、アウトドアや野外フェスに最適なスポーツサンダルまで、様々なシーンやオケージョンに合わせた快適サンダルが、シューズブランドだけでなく、スポーツブランドやラグジュアリーブランドからも提案されています。

 

サンダル メンズ ルイ・ヴィトン

https://www.pinterest.com/pin/422494008787441852/

2.大人っぽさをキープするのがサンダルコーデのポイント

サンダル メンズ 大人

https://www.pinterest.jp/pin/476959416763443560/

さり気なくドレスな雰囲気を残しつつ、大人っぽさをキープするのが、サンダルコーデのポイントです。

だらしない着こなしや崩し過ぎのスタイルでは、子供っぽく見えてしまいますので要注意。

まずは、ドレス感のあるシャツやポロシャツ、スラックスをコーデして、子供っぽさを回避しましょう。

ともすれば、抜け感が先行しがちなサンダルコーデが、シャキッとしたアイテムを合わせることで、キュッと引き締まった大人のスタイルに仕上がります。

 

 

サンダル 上品 メンズ コーデ

https://www.pinterest.com/pin/422494008780618628/

さらに、リゾートやほどよくルーズな着こなしの場合、やんちゃなデニム、ショーツをコーデする場合には、サングラスや時計、ブレスレットなど、嫌味に見えない程度のアクセサリーをプラスして、大人らしさを演出するのも効果的。

 

 

大人 サンダル 上品

https://www.pinterest.jp/pin/422494008781807932/

あくまでも、アイテムそれぞれが主張し過ぎることの無い、スタイルとしてまとまりのある大人っぽい雰囲気が、サンダルコーデには重要です。

3. 大人が履きたい上品なおすすめサンダルブランド8選

それでは、こだわりの人気ブランドから厳選した、大人が履きたい上品なおすすめサンダルをご紹介します

是非コーディネートのポイントもチェックしながら、ご自分のスタイルに合ったお洒落なサンダルを見つけてください。

①サンダルマン(The Sandalman):ビーチワイド / ¥28,080

サンダルマン メンズ サンダル

https://www.pinterest.com/pin/422494008787443745/

サーファー向けオーダーメイドからスタートし、アメリカ西海岸を代表するサンダルブランドへと成長したザ・サンダルマンの人気定番「ビーチワイド」。

メイド・イン・アメリカとハンドメイドにこだわったサンダルマンのサンダルは、履き心地抜群と大評判。

履き込むほどに光沢を増すビーチワイドのCHROMEXCEL LEATHER(クロムエクセルレザー)は、独特の経年変化が楽しめます。

 

ぽってりと丸みを帯びたフォルムが特徴のビーチワイドは、リゾートやサーフなど、ナチュラルでボヘミアンシックなコーデがおすすめ。

アーバンよりも自然の中で、地面をしっかり感じながら、履きこなしたいサンダルです。

 

【商品詳細はこちら】

②ルイヴィトン(LOUIS VUITTON):ウォーターフロント・ライン ミュール / ¥79,920

サンダル ルイ・ヴィトン メンズ

https://www.pinterest.com/pin/422494008787436998/

クールなブラックとスタイリッシュなアイスグレー、異なるカラーのモノグラム・キャンバスをハーフ&ハーフに組み合わせた、ラバー素材のスライドサンダル「ウォーターフロント・ライン ミュール」。

 

ラグジュアリーでモードな足元を演出する、こちらのサンダルのおすすめコーデは、ホワイト、ブラック、グレーのベーシックカラーで統一したモノトーンスタイル。

決してサンダルだけが主張し過ぎることの無いよう、シックな色使いでコーデに馴染ませ、スタイリッシュにまとめることがポイントです。

 

【商品詳細はこちら】

チャコ(CHACO):Z1 CLASSIC SANDAL / ¥9,500

 

 

 

チャコサンダル社は1989年、マーク・ペイジェンによって設立されました。

1970年代後半から1980年代にかけて、北カリフォルニアのカスタム・シューズメーカーで働いていたマークは、その後コロラドに移り住み地元のリバーガイドをしていましたが、その当時に売られていたアウトドアスポーツ向けのフットウエアに満足していませんでした。

マークは、靴職人だった経験と知識を生かし、自分でサンダルを作ることを決意し、チャコサンダルをスタートさせました。

Chacoのサンダルは接着部、ステッチ、ウレタン素材とどの部分を見ても、耐久性と持続性にかけて優れており、現在はさらに、足を専門とする整形外科医の力も借り、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けています。

 

【商品詳細はこちら】

④スイコック(SUICOKE):TOSSHI-V / ¥14,040

スコイック メンズ サンダル

 

スコイックは、2006年にシューズブランドとして、「本当に自分たちが欲しいもの」「所有したいもの」だけを作っていく挑戦的創造開発をコンセプトに高品質シューズの展開をメインにスタートしました。

その後シューズだけでなく、バッグ、ロシアの民芸品「マトリョーシカ」の完全別注品やタイの工場による本場のタイクッションなどを作製、どのジャンルにも属さない自由な発想で展開しています。

特にシューズに関しては世界的ソールメーカーのVibram社との取り組みも深く、他社に先駆けてVibramソールを搭載したサンダルのリリースや、マーブル柄のVibramソールの開発など先進的なテクノロジーを搭載した商品の開発を手掛けています。

数多いスコイック製品の中でもTOSSHI-Vは、上品な細いベルトが特徴で、カジュアルでありながら街中でもスタイリッシュに履きこなすことができ、繊細なフィッティングの調整もベルトで簡単にできるるとてもオススメの1足です。

 

【商品詳細はこちら】

⑤テバ(Teva):ハリケーンボルト / ¥12,960

 

 

テバ ハリケーンボルト メンズ サンダル

https://item.rakuten.co.jp/lucida/tev-96/

テバは1984年に世界で初めてスポーツサンダルを誕生させた、アメリカのアウトドアブランドです。

水辺で安全に楽しく動き回れるよう、足首のストラップを取り付けたサンダルを生み出したことがこのブランドの原点。

足に吸い付くようなフィット感と軽さから、サンダルなのに走れるという動きやすさが魅力です。

こちらのハリケーンボルトは、テバのスタンダードモデル、ハリケーン XLTをアップデートしたシリーズで、足の甲をメッシュ素材で覆ったカバードサンダルになっており、シーズンを問わず履けるようにデザインされています。

斬新なデザインは、様々なコーディネートに合わせやすいのでアウトドアだけでなく、タウンユースでも重宝できるアイテムです。

 

【商品詳細はこちら】

⑥マリブサンダルズ(MALIBU SANDALS):Canyon / ¥11,294  Canyon NY / ¥12,425

マリブサンダルズは、メキシコの民族的な履物である”ワラチ”からインスパイアされたフットウェアを作る、南カリフォルニアで誕生した新鋭ブランドです。

古代メキシコのもの作りを原点に、伝統的な”ワラチ”を南カリフォルニアの地でモダンなデザインへと進化させ、スタイリッシュなコレクションを作り上げています。

メキシコの履物「ワラチ」の伝統的なスタイルに、現代的な視点でデザインと機能を追加した、とても最先端で上品なサンダルを届けてくれます。

革素材やナイロン素材など、様々な素材のアイテムを展開しているのも特徴です。

Canyon / ¥11,294

マリブサンダルズ canyon メンズ 革

https://www.amazon.co.jp

マリブサンダルズの定番アイテムのCanyon。

シティウェアでもアウトドアでも使用可能で、柔軟性のあるソールのおかげでとても履き心地がよくおしゃれながらも快適なアイテムです。

Canyon NY / ¥12,425

マリブサンダルズ canyon ny サンダル メンズ

http://zozo.jp/shop/unitedarrows/goods/20325171/?did=39275628

こちらは定番モデルのCanyonを踏襲したCanyon NY。

レザーではなくナイロン素材を採用しているので、スポーツサンダルのように身軽に履くことができます。

スポーティーなデザインですが、シティに溶け込むデザインなので、街中でのスポーツミックスなコーディネートにおすすめです。

 

 

【商品詳細はこちら】

⑦ユケテン(YUKETEN):Summer Leather Sandal / ¥49,119

ユケテン メンズ サンダル 上質

https://item.rakuten.co.jp/cott-o/yuke-sls/

ユケテンは1995年にアメリカ カリフォルニア州ハーモサで、日本人デザイナーYUKI MATSUDAによって設立されたブランドです。

アメリカ製に拘り、長い経験を有する様々な職人の手で、ワラチだけでなくモカシンや鞄、ベルト、ブーツなど革メインのファッションアイテムを展開しています。

厳選した素材選びと拘りの物作りで世界中のバイヤーから高い評価を集めています。

 

このSummer Leather Sandalは、40年代のベルギーのサマーシューズからインスパイアされデザインされました。

斬新且つ上品なデザインは、カジュアルでありながらとても優美な印象を与えてくれます。

素材は、ベジタブルタンニン鞣しされた革を使用し、また、甲の部分には更に柔軟に鞣された革を採用することで快適な履き心地を追求しています。

真鍮バックルがしっかりと足をホールドし、ワンポイントのアクセントにもなっています。

 

【商品詳細はこちら】

⑧ベルルッティ(Berluti):Darius Dubaï レザー サンダル / ¥155,000

ベルルッティ サンダル 大人 価格

ベルルッティ(BERLUTI)は、1895年にイタリア人のアレッサンドロ・ベルルッティにより、カスタムメイドによる受注生産(日本で言うオーダーメイド)を手がけるシューメーカとしてフランスで創業されました。

アレッサンドロは完全主義者で、彼が手がける靴は、当時のフランス・セレブ層から根強い指示を得ていました。

「パティーヌ」と呼ばれる独自の染色方法による深いムラ感のある色合いが特徴で、上品な光沢とあいまって、エレガンスな雰囲気を醸し出すことで、世界中の著名人や文化人から特別な人気を集めています。

この染めは卓越した職人が何度も塗り込みを重ねることで出せる色合いで、品質の高い「パティーヌ」を作るには熟練の腕が必要で、長い伝統の中で品質にこだわり続けてきたベルルッティにしかできない技術と言われています。

素材には、通常のレザー素材よりも柔らかい最高級のベネチアンレザーを使用していることもベルルッティの特徴の1つ。

とても高価なブランドですが、大切に使用すれば驚くほど長持ちするので、1足は持っておきたいところです。

 

【商品詳細はこちら】

. まとめ

年々気温が上昇している中、サンダルは快適且つ健康に生活するための必需品となってきています。

デザイン、素材、価格が様々なサンダルが市場ですが、選択肢が多いがゆえにチョイスが難しいのも実際のところです。

大人らしく、上品に履きたいということであれば、まずは上記で紹介したブランドを調べてみるのがおすすめです。

本記事が、重宝できるサンダル探しのお手伝いになれば幸いです。

 

関連記事

ゆったりシルエットで頼りがいのある大人を演出。オーバーサイズTシャツの魅力とは?

Tシャツ選びの基準といえば、色、デザイン(無地も含む)、厚みなど様々ありますが、アルケーとしては“サイズ”にもこだわっていただきたいと考えています。 過去、“ピチT”が流行りました。今でこそピチTというと、揶揄される対象…

Category 2021/05/06

定番は王道!着回しのきく秋冬のマストアイテム、ブラックニット

秋冬からまだ肌寒い春に活躍するのがニットです。1枚で着ても重ね着をしてもOKで、中でもブラックニットはシンプルでコーディネートもしやすい定番アイテムですよね。カジュアルからフォーマルまで、様々なシーンに合わせられるブラッ…

Category 2021/03/08

国内最高峰のニットブランド「BATONER(バトナー)」とは

BATONER(バトナ―)とは? BATONER(バトナー)というニットブランドをご存知ですか? バトナ―は山形県の寒河江市(さがえし)を拠点として2013年にスタートしたニット専業ブランドです。 同市は県内随一のさくら…

Category 2020/01/27

【お洒落なメンズの無地Tシャツとは】最高品質の無地Tシャツにこだわるブランドもご紹介

おしゃれとは何でしょう?! 改めて辞書で調べてみると、「おしゃれ(御洒落)とは、化粧や服装など身なりに気を配ること。美しく装うこと、またそのような人。」と出ました。   昨今のおしゃれの定義としては、視覚的で分…

Category 2019/10/22
back

Popular

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

Tag