fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

オーガニックコットンとは。肌触りは良いのか?おすすめブランド等紹介しています!

Category 2021/04/25

オーガニックコットンとは

オーガニックコットンとは、化学合成肥料や農薬・除草剤を使用せずに自然の太陽光や水、大地の栄養で栽培・生産された綿花(コットン)のことです。

オーガニックコットンを名乗るためには厳密な認証機関の審査が必要で、畑をチェックし、農地管理や栽培方法を調べ、基準を満たしているかどうか審査されます。認証を受けた後でも、毎年、専門の検査員が農場を訪問し、継続して基準どおりに管理しているのかを確かめます。ですから正式に販売されているオーガニックコットンの製品は調査すればいつ、どこでとれた綿を使っているのが分かるようになっています。

 

オーガニックコットンの産地

日本でもオーガニックコットンは生産されているのか?

生産されていてほしいと期待しましたが、調べると日本ではほとんど生産されていないようです。

オーガニックコットンは世界の19か国で生産されていて、そのうち98%とそのほとんどはインド・中国・キルギス・トルコ・タジキスタン・アメリカ・タンザニアの7か国で生産されています。そして、綿花全体のうち、オーガニックコットンは全体の約0.7%にしか過ぎないようです。日本ではおろか、世界でもほとんどオーガニックコットンが生産されていないことが分かりますね。

 

通常の綿花(コットン)栽培における課題

普通の綿花(コットン)栽培で使われる農薬や除草剤、防カビを目的とした殺菌消毒は、綿花の栽培を楽にしますが、環境や農家の方に強い悪影響を与えます。また、化学肥料の中には土壌に残留する性質の肥料も存在し、土の中に住む微生物が死滅することで継続的に作物を育てることが困難になるという課題もあります。

そうした課題へのアプローチ、また、SDGsというトレンドの登場も相まって、オーガニックコットンの需要が増しているのです。

ちなみに、世界の繊維の内、綿花の需要はとても強く綿花の消費量が50%を占めています。その需要に応えるように生産量をあげようと無理にでも農薬・除草剤を使って生産性を高めようとしてしまう農家が多いのですね。農家が楽をしようとしているわけではなく、高過ぎる需要が、農家に無理をさせる、という構造的な問題が存在しているわけです。

 

オーガニックコットンと通常コットンの品質や手触りの違い

実はオーガニックコットンと通常コットンの肌触りや品質は分からないと言われます。通常の綿花栽培で作られたコットンでも残留農薬ほとんど出ず、化学物質の使用によって繊維質が悪影響が出るというレポートも見受けられません。

我々アルケーもTシャツを作っているので、繊維には少し明るいのですが、肌触りに強く影響するのは「糸の長さ」です。糸が長ければ長いほど、糸をつぐむ際の「繋ぎ目が少なくなる」ので、表面が滑らかになって手触りの良さを感じるのです。

なので、オーガニックコットンといえど全ての商品の品質が高い、もしくは手触りが良い、と解釈するのは訂正するのが良さそうです。

 

高品質なオーガニックコットンを使うファッションブランド

通常栽培と品質が変わらないとはいえ、オーガニックコットンは環境に良く、消費者としてオーガニックコットンを選択することには大きな意味があります。ここでは、環境に配慮されたオーガニックコットンを使うブランドをいくつかご紹介いたします。

パタゴニア

https://www.patagonia.jp

パタゴニアは古くから環境に配慮した商品を作るブランドです。特にオーガニックコットンへの関心を持ったのは早く、1996年には100%オーガニックコットンの商品を販売しています。その後、リサイクルコットンなど、コットンに関する先進的な取り組みを進めるなど、環境に配慮したパイオニア的なブランドとして位置づけられています。

https://www.patagonia.jp

 

Basic Wear

上質なオーガニックコットンを使った生地を用いたTシャツを生産しているメンズブランド。上質なオーガニックコットンと、シンプルでミニマルなデザインが魅力の大人向けのブランドです。

オーガニックコットンはバングラデシュ産を使用しているようです。

https://basicwear-shop.myshopify.com

 

PRISTINE

PRISTINE(プリスティン)は「素朴な、清らかな状態を維持し続けていくこと」を意味し、買い手・作り手にとってよいモノづくりを志向したブランドです。また、無染色のため、塩素系漂白剤、定着剤、蛍光増白剤、防縮剤などを使わずに、すべての工程において環境にやさしい方法を選択している拘りのあるブランドです。

https://www.pristine-official.jp

関連記事

最高品質のシャツファブリックメーカー「THOMAS MASON(トーマス メイソン)」について

    トーマスメイソンは1796年、英国のランカシャーという地域で創業したシャツ生地メーカーです。ロイヤルワラント(英国王室御用達)を享受する、伝統的で由緒正しいブランドとして認知され、英国が誇るシ…

Category 2020/02/21

【メンズ】厚手Tシャツの定義とおすすめブランド4選

  厚手のTシャツは透けないですし、身体のラインを隠してくれることもあって、非常に便利ですよね。厚手と言っても夏に着用できないほど暑い訳ではありませんので、重宝するアイテムです。 厚手Tシャツの定義 オンス(o…

Category 2021/06/27

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

【男性へのプレゼント】男性が貰って喜ぶファッションアイテムは?

  男性へ贈るセンスあるプレゼントとは?   親しい友人や後輩、兄弟や父親、お世話になっている上司や仕事関係者など男性へ贈り物をする機会は意外と多くあるものです。 誕生日プレゼントやちょっとした感謝を…

Category 2020/01/29
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

ポリエステルは特に注意!毛玉ができやすい洋服と、その原因について徹底解説

お気に入りの洋服は、長く綺麗に使いたいもの。 しかし、ある日ふと気が付くと、洋服に毛玉が…。   できてしまったものは仕方がないと思い、手で取ったり、毛玉取り機で切り取ったりしている方も多いかと思いますが、ちょ…

Category 2021/07/28

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

見た目良し。履き心地良し。太ももが太いメンズに人におすすめしたいボトムス3選。

男性のボトムス選びに影響を与える”太ももの太さ問題”。 過去にハードなスポーツをしていた、あるいは体質的に筋肉が付きやすい”筋肉質タイプ”。 骨格そのものが太く下半身に肉が付きやすい”骨太タイプ”。 全体的にふくよかで太…

Category 2021/09/17

Tag