fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

シンプルなフォルムが魅力、アディダスのガゼルとは?

Category 2021/10/22

 

https://wear.jp/

屋内用のトレーニングシューズとして、1968年に誕生したadidasの「ガゼル」。

トップアスリートたちのトレーニングシューズを原型とし、シーンを選ばずに使える万能性の高さが特徴のモデルです。

 

デザインは、アディダスを象徴する三本線(スリーストライプス)と「GAZELLE」の文字が施されているだけと、ごくシンプル。アイコニックなTトゥや、シュータンとバックステーに配されたトレフォイルロゴが、さりげなく個性を主張しています。

 

アッパーには、スウェード素材を採用し、上質感のある印象に。

柔和な発色やスリーストライプスとのコントラストが美しく、スポーツとストリートスタイルが融合したファッションアイテムとして、男女を問わず高い人気を誇っています。

多彩なカラーバリエーションを持ち、スタイリングや好みに合わせて柔軟に選べるのも大きなメリット。

スタンスミス、スーパースターと並ぶ、アディダスの定番モデルの1つです。

ガゼルのサイズ感は?

甲が薄くシャープなシルエットのガゼルは、普段のサイズより0.5㎝大きいものを選ぶのがおすすめ。若干大きめのサイズを靴ひもで調整して履くことで、より快適なフィット感が実現します。

 

スタンスミスやスーパースターより幅が細めなので、幅広さんは特に要注意。丈感で合わせると幅がきつく、窮屈さを感じてしまう可能性も。

普段より少し大きめのサイズでも、足先に向かって細くなっているシルエットが絶妙なホールド感を与え、安定した歩行をサポートしてくれますよ。

ガゼルを使ったコーディネート

ベージュ系のガゼルはコーデの脇役に

https://wear.jp/

ニット×ワイドデニムのシンプルな着こなしに、ベージュのガゼルをON。

プレーンなアイテムでまとめたスタイリングも、1点1点のシルエットやディテールにこだわることで、洗練されたムードが演出できます。

アンクル丈のワイドデニムとガゼルの絶妙なバランスがお互いの魅力を引き立て、足元をすっきりとした印象に。

オフィスカジュアルスタイル

https://wear.jp/

黒地に白のラインが入ったガゼルは、オフィスカジュアルにも応用可能。

ブルーのストライプシャツから漂うさわやかさを邪魔せず、コーデの引き締め役として存在感を発揮しています。シャツとパンツで作ったキレイめスタイルに、スポーティなニュアンスをプラスして、軽快さを強調。

きちんと感と実用性を兼ね備えたスタイリングです。

グレーのガゼルで知的な雰囲気に

https://wear.jp/

ガゼルのプレーンなルックスは、ラフな装いにもハマります。

Tシャツ×デニムのスタイリングにグレーのガゼルを合わせることで、どこか知的なムードが完成。鮮やかなイエローシャツが主役の大人かっこいいスタイリングです。

デニムとスニーカーのグラデーションがGOOD。

キャップと同系色でまとめて

https://wear.jp/

ステンカラーコートを羽織った秋コーデの足元に、全面ベージュのガゼルを配置。

気候を問わず、オールシーズン活用できるのもガゼルの魅力の1つです。キャップとスニーカーを同系色でまとめるのが、統一感のあるスタイリングのコツ。

ストリートのニュアンスをミックスさせることで、いまっぽい着こなしが完成します。

きれいめな大人カジュアルスタイル

https://wear.jp/

バンドカラーシャツできれいめな表情に仕上げつつ、ワイドデニムで抜け感を演出したコーディネート。

デニムの裾をロールアップすることで、ミニマルな印象に。足元には黒×白いラインのガゼルをチョイスして、スパイスを効かせています。

袖をさりげなくまくって手首を見せるのが、重たさを感じさせないポイント。

ニュアンスカラーの秋コーデ

https://wear.jp/

ニュアンスカラーを取り入れた秋らしいスタイリング。

ぼやけがちなイメージをスキニーデニムで引き締めて、メリハリのある着こなしに。清潔感を演出しつつも主張しすぎないベージュのガゼルは、1足あると重宝すること間違いなしです。

白いスニーカーには抵抗があるという人にもおすすめ。

ミリタリー×ガゼル

https://wear.jp/

ガゼルはキレイめなファッションだけでなく、男らしい無骨なアイテムともマッチします。

カーキのミリタリーパンツには、真っ白のガゼルをチョイスして、色のコントラストを強調。軽快さや、さわやかなムードをプラスしています。

ガムソールが独特のレトロな風合いを醸し出し、さりげないアクセントに。

冬の装いにもシンプルなガゼルはハマります

https://wear.jp/

こちらも白のガゼルを取り入れたコーディネート。

ボリューム感のある上半身に対し、すっきりしたラインのパンツとごくシンプルなガゼルを合わせて、全身のバランスをとっています。

シャツとスニーカーの色味をリンクさせることで、統一感のある着こなしに。

赤のガゼルでお洒落度アップ

https://wear.jp/

多彩なバリエーションをもつガゼルは、赤も人気カラーの1つ。

鮮やかなカラーアイテムも足元なら取り入れやすく、また馴染みやすいのが大きなメリットです。Tシャツ×チノパン×カーディガンのプレーンな着こなしに、赤のガゼルを投入することで、お洒落度がアップ。

カラーアイテムのトーンを揃えるとお互いを邪魔することなく、コーディネートに馴染みます。

モノトーンコーデ

https://wear.jp/

モノトーンのスタイリングには黒×白ラインのガゼルを合わせて、足先まで一体感のある着こなしに。

シックな印象を保ちつつ、バッグやスニーカーでスポーツテイストをミックスしたコーディネートです。ブルゾンやパンツなど、1つ1つのシルエットにこだわることで、大人の余裕が漂います。

ジャストサイズのアイテム選びが、スマートに見せるコツ。

大人のスポーツスタイル

https://wear.jp/

こちらはよりスポーツテイストをアピールしたスタイリング。

ガゼルはトレーニングシューズをベースにしていることもあり、トラックパンツとの合わせもスマートにキマります。パーカーには鮮やかなカラーアイテムを一点投入し、都会的な印象に。

キャップやソックスなど細部の配色にまで気を配ったコーディネートです。

力の抜けた休日スタイル

https://wear.jp/

ロンT×バギーデニムのシンプルなスタイルにガゼルをON。

ボーダー柄とスニーカーの色味をリンクさせて、一体感を演出しています。一方のキャップとデニムは、さわやかなブルーカラーで統一。

シャープなシルエットのガゼルは、ルーズに履いたデニムとも好相性です。

セットアップ×ガゼル

https://wear.jp/

ネイビーのセットアップが主役のコーディネート。

アクセントとして白のガゼルを配置し、清潔感をプラスしています。インナーにはニュアンスカラーのTシャツをチョイスして、柔和な印象に。

ガゼルのガムソールがもつクラシックな表情と相まって、奥行きのあるスタイリングに仕上がっています。

シックな着こなしに

https://wear.jp/

オールブラックのガゼルは、シックな着こなしに最適。

デニムシャツと黒のストレートパンツで作ったスマートなコーディネートにも、違和感なく馴染んでいます。シャツのボタンは上まで留めて、上品な雰囲気に。

ボトムスとスニーカーを同系色で揃えることで、脚長効果も期待大。

トレンドのレイヤードスタイル

https://wear.jp/

Tシャツにベストを重ねた、トレンドのレイヤードスタイル。

全体をモノトーンでお洒落にまとめつつ、イージーパンツとスニーカーで動きやすさも意識した上級者の着こなしです。ベレー帽やサングラスなどの、小物使いも秀逸。

定番の黒×白ラインのガゼルは、キレイめからスポーティ、ストリートミックスまで、幅広く活用できます。

まとめ

数多くのコーディネートをご覧いただいたように、ガゼルはシンプルなフォルムで合わせやすく、どんなコーディネートでもハマる汎用性の高さが魅力です。

一足持っていれば、足元のコーディネートに悩まずに済みますね。白や黒といった定番のカラーもいいですし、時期によっては多彩なカラーで販売されることがありますので、お気に入りの一足を見つけましょう。

 

関連記事

不朽のアイテム「グレースニーカー」のおすすめブランド&コーデ紹介

  グレーのスニーカー、いいですよね。 これは個人的なイメージですが「ニューバランスといえばグレー」という、グレーは”定番”のようなイメージもあり、スニーカーを買うときは無意識にグレーを選択してしまいます。 (…

Category 2021/05/30

パーカーの顔はフードにあり。フードの立ったパーカーのオススメコーデとブランドをご紹介

での主役。アイドルユニットのセンター。コース料理のメインディッシュ。夏祭りでの打ち上げ花火…。 あらゆる物事には、視線を集める中心となる「顔」が存在します。   洋服での「顔」が何かと問われれば、色味やシルエッ…

Category 2021/07/28

そのツヤ、味わい、一級品。世界中の男を魅了するオールデンの革靴とは

アメリカの老舗革靴ブランドとして不動の人気を誇るオールデン(Alden)。 熟練の職人が魂をこめて生み出すその一足は、「一度履いたら他の靴は履けない」とまで言われ、世界中のファッショニスタから高い評価を受け続けています。…

Category 2020/04/26

ポストマンシューズとは?おすすめブランドと着こなしを紹介

ポストマンシューズとは、郵便配達員が仕事を遂行しやすいようにと開発された靴のこと。 長時間の歩行にも耐えられるよう厚底のソールを採用し、歩きやすさを追求しているのが特徴です。1950年代に誕生して以来、郵便局に正式に採用…

Category 2022/01/17
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

【リジットデニム / 生デニム 】有名産地や洗濯方法、履き方・育て方、おすすめブランドなど一挙まとめてご紹介!

  リジットデニム (生デニム)とは? リジットデニムをご存知ですか?   リジットデニムは、生デニムとも呼ばれますが、 “水洗いを含めて加工が施されていないデニム” を「リジットデニム」と称します。…

Category 2020/03/06

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

Tag