fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

シンプルなフォルムが魅力、アディダスのガゼルとは?

Category 2021/10/22

 

https://wear.jp/

屋内用のトレーニングシューズとして、1968年に誕生したadidasの「ガゼル」。

トップアスリートたちのトレーニングシューズを原型とし、シーンを選ばずに使える万能性の高さが特徴のモデルです。

 

デザインは、アディダスを象徴する三本線(スリーストライプス)と「GAZELLE」の文字が施されているだけと、ごくシンプル。アイコニックなTトゥや、シュータンとバックステーに配されたトレフォイルロゴが、さりげなく個性を主張しています。

 

アッパーには、スウェード素材を採用し、上質感のある印象に。

柔和な発色やスリーストライプスとのコントラストが美しく、スポーツとストリートスタイルが融合したファッションアイテムとして、男女を問わず高い人気を誇っています。

多彩なカラーバリエーションを持ち、スタイリングや好みに合わせて柔軟に選べるのも大きなメリット。

スタンスミス、スーパースターと並ぶ、アディダスの定番モデルの1つです。

ガゼルのサイズ感は?

甲が薄くシャープなシルエットのガゼルは、普段のサイズより0.5㎝大きいものを選ぶのがおすすめ。若干大きめのサイズを靴ひもで調整して履くことで、より快適なフィット感が実現します。

 

スタンスミスやスーパースターより幅が細めなので、幅広さんは特に要注意。丈感で合わせると幅がきつく、窮屈さを感じてしまう可能性も。

普段より少し大きめのサイズでも、足先に向かって細くなっているシルエットが絶妙なホールド感を与え、安定した歩行をサポートしてくれますよ。

ガゼルを使ったコーディネート

ベージュ系のガゼルはコーデの脇役に

https://wear.jp/

ニット×ワイドデニムのシンプルな着こなしに、ベージュのガゼルをON。

プレーンなアイテムでまとめたスタイリングも、1点1点のシルエットやディテールにこだわることで、洗練されたムードが演出できます。

アンクル丈のワイドデニムとガゼルの絶妙なバランスがお互いの魅力を引き立て、足元をすっきりとした印象に。

オフィスカジュアルスタイル

https://wear.jp/

黒地に白のラインが入ったガゼルは、オフィスカジュアルにも応用可能。

ブルーのストライプシャツから漂うさわやかさを邪魔せず、コーデの引き締め役として存在感を発揮しています。シャツとパンツで作ったキレイめスタイルに、スポーティなニュアンスをプラスして、軽快さを強調。

きちんと感と実用性を兼ね備えたスタイリングです。

グレーのガゼルで知的な雰囲気に

https://wear.jp/

ガゼルのプレーンなルックスは、ラフな装いにもハマります。

Tシャツ×デニムのスタイリングにグレーのガゼルを合わせることで、どこか知的なムードが完成。鮮やかなイエローシャツが主役の大人かっこいいスタイリングです。

デニムとスニーカーのグラデーションがGOOD。

キャップと同系色でまとめて

https://wear.jp/

ステンカラーコートを羽織った秋コーデの足元に、全面ベージュのガゼルを配置。

気候を問わず、オールシーズン活用できるのもガゼルの魅力の1つです。キャップとスニーカーを同系色でまとめるのが、統一感のあるスタイリングのコツ。

ストリートのニュアンスをミックスさせることで、いまっぽい着こなしが完成します。

きれいめな大人カジュアルスタイル

https://wear.jp/

バンドカラーシャツできれいめな表情に仕上げつつ、ワイドデニムで抜け感を演出したコーディネート。

デニムの裾をロールアップすることで、ミニマルな印象に。足元には黒×白いラインのガゼルをチョイスして、スパイスを効かせています。

袖をさりげなくまくって手首を見せるのが、重たさを感じさせないポイント。

ニュアンスカラーの秋コーデ

https://wear.jp/

ニュアンスカラーを取り入れた秋らしいスタイリング。

ぼやけがちなイメージをスキニーデニムで引き締めて、メリハリのある着こなしに。清潔感を演出しつつも主張しすぎないベージュのガゼルは、1足あると重宝すること間違いなしです。

白いスニーカーには抵抗があるという人にもおすすめ。

ミリタリー×ガゼル

https://wear.jp/

ガゼルはキレイめなファッションだけでなく、男らしい無骨なアイテムともマッチします。

カーキのミリタリーパンツには、真っ白のガゼルをチョイスして、色のコントラストを強調。軽快さや、さわやかなムードをプラスしています。

ガムソールが独特のレトロな風合いを醸し出し、さりげないアクセントに。

冬の装いにもシンプルなガゼルはハマります

https://wear.jp/

こちらも白のガゼルを取り入れたコーディネート。

ボリューム感のある上半身に対し、すっきりしたラインのパンツとごくシンプルなガゼルを合わせて、全身のバランスをとっています。

シャツとスニーカーの色味をリンクさせることで、統一感のある着こなしに。

赤のガゼルでお洒落度アップ

https://wear.jp/

多彩なバリエーションをもつガゼルは、赤も人気カラーの1つ。

鮮やかなカラーアイテムも足元なら取り入れやすく、また馴染みやすいのが大きなメリットです。Tシャツ×チノパン×カーディガンのプレーンな着こなしに、赤のガゼルを投入することで、お洒落度がアップ。

カラーアイテムのトーンを揃えるとお互いを邪魔することなく、コーディネートに馴染みます。

モノトーンコーデ

https://wear.jp/

モノトーンのスタイリングには黒×白ラインのガゼルを合わせて、足先まで一体感のある着こなしに。

シックな印象を保ちつつ、バッグやスニーカーでスポーツテイストをミックスしたコーディネートです。ブルゾンやパンツなど、1つ1つのシルエットにこだわることで、大人の余裕が漂います。

ジャストサイズのアイテム選びが、スマートに見せるコツ。

大人のスポーツスタイル

https://wear.jp/

こちらはよりスポーツテイストをアピールしたスタイリング。

ガゼルはトレーニングシューズをベースにしていることもあり、トラックパンツとの合わせもスマートにキマります。パーカーには鮮やかなカラーアイテムを一点投入し、都会的な印象に。

キャップやソックスなど細部の配色にまで気を配ったコーディネートです。

力の抜けた休日スタイル

https://wear.jp/

ロンT×バギーデニムのシンプルなスタイルにガゼルをON。

ボーダー柄とスニーカーの色味をリンクさせて、一体感を演出しています。一方のキャップとデニムは、さわやかなブルーカラーで統一。

シャープなシルエットのガゼルは、ルーズに履いたデニムとも好相性です。

セットアップ×ガゼル

https://wear.jp/

ネイビーのセットアップが主役のコーディネート。

アクセントとして白のガゼルを配置し、清潔感をプラスしています。インナーにはニュアンスカラーのTシャツをチョイスして、柔和な印象に。

ガゼルのガムソールがもつクラシックな表情と相まって、奥行きのあるスタイリングに仕上がっています。

シックな着こなしに

https://wear.jp/

オールブラックのガゼルは、シックな着こなしに最適。

デニムシャツと黒のストレートパンツで作ったスマートなコーディネートにも、違和感なく馴染んでいます。シャツのボタンは上まで留めて、上品な雰囲気に。

ボトムスとスニーカーを同系色で揃えることで、脚長効果も期待大。

トレンドのレイヤードスタイル

https://wear.jp/

Tシャツにベストを重ねた、トレンドのレイヤードスタイル。

全体をモノトーンでお洒落にまとめつつ、イージーパンツとスニーカーで動きやすさも意識した上級者の着こなしです。ベレー帽やサングラスなどの、小物使いも秀逸。

定番の黒×白ラインのガゼルは、キレイめからスポーティ、ストリートミックスまで、幅広く活用できます。

まとめ

数多くのコーディネートをご覧いただいたように、ガゼルはシンプルなフォルムで合わせやすく、どんなコーディネートでもハマる汎用性の高さが魅力です。

一足持っていれば、足元のコーディネートに悩まずに済みますね。白や黒といった定番のカラーもいいですし、時期によっては多彩なカラーで販売されることがありますので、お気に入りの一足を見つけましょう。

 

関連記事

【全6種類以上】レッドカードの全デニム|リアルデニムを追求する国産デニム

EDWINやLEVI’Sで経験を積んだ本澤氏が2009年からスタートしたRED CARD(レッドカード)。本澤氏はEDWINの「503」、LEVI’Sの「501」を担当したデニムのエキスパート。 …

Category 2022/08/11

大人がビジネスで使っても恥ずかしくないおすすめのリュック10選

病欠、遅めのランチ、昼寝、早退のタイミングなど、仕事を始めて数年が経つと、仕事の手を抜き方を覚えます。一通りのことが身につくのです。しかし、まだわからないことが1つあります。それは、どのリュック(バックパック)が自分に合…

Category 2021/05/06

今最も旬な”ビッグTシャツ”!お洒落な大人男子の着こなし方を徹底解説

夏のマストアイテム”Tシャツ”。今季は特に、身幅・肩幅共にゆとりを持たせた”ビッグTシャツ”が旬なシルエット。 程よいオーバーサイズは、さらっとラフにキマるだけでなく、大人男子の気になる体型もしっかりカバーしてくれる優れ…

Category 2021/07/22

誠実な見た目に大人の遊び心を。オンオフ使える“ニットジャケット”のススメ

ビジネスシーンにおいても、休日ジャケットスタイルにおいても程よい”抜け感”が今の風潮。 良くも悪くもお堅い雰囲気が特徴のジャケット。誠実な見た目はそのままに、少しだけ大人の遊び心を取り入れるなら&…

Category 2021/09/17
back

Popular

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

Tシャツの下にインナーを着るという新発想!汗染みも透けも気にならない

メンズファッションの永遠の定番といえばTシャツです。特に、ホワイトのTシャツは清潔感がありコーデもしやすいため、不動の人気があります。まさにファッションのベストセラーといえます。 しかし、そんな定番ファッションですが、悩…

Category 2021/04/30

Tag