fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

【シックな大人が支持する】高品質と機能美を織り成すアンデルセンアンデルセン

Category 2018/10/07

http://andersen-andersen.jp/

上質なニットを語る際に、外すことができないのがこのブランド。

本記事では、シックな大人を虜にしてやまないアンデルセンアンデルセンのニットをご紹介します。

 

アンデルセンアンデルセンとは

https://ameblo.jp/

https://ameblo.jp/

アンデルセンアンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN)は、デンマークを拠点としたニットウェアブランドです。

2009年にキャサリン・ラングレンアンデルセンとピーター・キャーアンデルセン夫妻によって創られました。

 

デンマークでは昔からニット産業が非常に盛んでしたが、近年は後継者不足に悩まされ、減退傾向にありました。

アンデルセン夫妻はデンマークのニット文化を後世へ伝えるためブランドを創設。

デンマークの水兵が重用していたセーラーセーター(フィッシャーマンセーター)を見直すところから制作をスタートさせました。

フィッシャーマンセーターは、海で働く男性の作業着として生まれた防寒性や防水性を兼ね備えたセーターで、大量生産には向かない手間のかかる非効率な製法により代々生産されてきました。

 

デンマークの伝統的な技術と海洋に囲まれ育まれた歴史にインスパイアされたデザインを織り成すアンデルセンアンデルセンのセーターは、機能性や耐久性にも優れた世界最高水準のプロダクトデザインです。

定番のアイテムと特徴

NAVY TURTLENECK ¥48,600-

http://moonloid.mm.shopserve.jp/

アンデルセンアンデルセンの定番として外せないのが5G(ファイブゲージ)で編まれたウール100%のネイビータートルネックニットです。

G(ゲージ)とは1インチ(2.54cm)の間にどの程度編み機の針が通っているかを表す単位。5Gの場合は5本針が通るいうことになり、一般にはローゲージニットに分類されます。ゲージの数が小さいほどニットの目は大きく生地は厚くなり、全体的に粗くざっくりと編まれた印象になるため、温かくナチュラルなイメージで着ることができます。

一方で、アンデルセンアンデルセンのタートルネックニットは他のローゲージニットと違い、ゲージ数が低いながらに目を詰めて編んでいるので、しっかりとした着心地に加えて耐久性にも優れています。

https://www.maritime-antiques.dk/

生地の編み方には、両畦編み(りょうあぜあみ)という特有のたて方向の畝(うね)ができる編み方を採用することで、立体的でボリュームのあるニットに仕上げています。

また、糸にはオーストラリア産のメリノウールが100%で使用されており、毛玉ができにくく高級感のある印象が感じられます。

実際に手にすると、普通のニットと比べて重量感があり、保温性にも優れていることに気がつきます。

 

https://www.maritime-antiques.dk/

アンデルセンアンデルセンのニットは、デンマーク海軍で用いられていたセーラーセーターからインスピレーションを受け作られました。

忙しい海兵が前後を気にせず素早く着れるような設計だったことを参考に、前と後ろでカタチを統一しており、前後を気にせず着用することが可能なデザインが特徴です。

そしてもう一つの特徴が、袖口のサムホールと呼ばれる穴。

袖を伸ばして親指を通すための穴が空いているため、寒いときにはしっかりと守ってくれます。袖を折り返せば通常の袖丈で着ることもできる2WAY仕様なのもお洒落なポイントです。

 

COTTON Crewneck ¥48,600-

https://goodscph.com/

こちらはシーアイランドコットンというイタリア原産のコットンで編まれたクルーネックセーター。

「奇跡の宝石」とも呼ばれるシーアイランドコットンは、カリブ海や西インド諸島でしか生育することができず、世界における年間の綿生産量の約10万分の1しかないほど貴重な素材です。

カシミアのようになめらかな肌触りと絹のように美しい光沢が特徴であるこのコットンニットも、ウールセーターと同様に5Gで編まれており、やはり重量感と肉厚感ある生地が特徴です。

しかし、コットンクルーネックは2017年春のモデルなので、ウールセーターよりも少し薄手になっています。

編み方は、片畔編み(かたあぜあみ)となっており、伸縮性に冨みながら柔らかい仕上がりとなっています。また、袖口に配されていたサムホールも無くなっているので、ウールセーターとはまた違った春先らしい一着です。

 

アンデルセンアンデルセンが支持される理由

アンデルセンアンデルセンのニットが一線を画して人気を得ている理由はさまざまですが、その中でもとりわけ保温性は主点となっているように思えます。

アンデルセンアンデルセンのニットには、主にメリノウールといわれる糸を使用しています。この糸は、メリノ種という羊の毛から生産されるもので、ウールの中では最高の品質を誇ります。肌触りが滑らかで美しい光沢が出ることも特徴ですが、特に保温性に関しては他のウールと大差があります。

メリノウールの表面にはスケールというウロコのようなものがあり、これによって体から発せられた湿気が吸着されることで熱が発生。さらにクリンプという繊維の縮れが発生した熱を服に留め、着用時の保温性を引き上げてくれます。

その中でもアンデルセンアンデルセンでは、エクストラスパンメリノウールという南米産イタリア製のメリノウールを用いています。他のメリノウールと比べて繊維が太く、長いものが厳選されているため、より暖かさと柔らかさが感じられる上質なニットに仕上がっています。

 

どんな人におすすめか

「一生モノ」を手に入れたい人に

アンデルセンアンデルセンのニットはこだわりの高さと良質な素材を使っていることから、決して安価な値段ではありませんが、その分ニットの質は高く耐久性にも優れているので長く着続けることが可能です。

ニットと言えば気になるのは毛玉ですが、アンデルセンアンデルセンのウールセーターは、毛玉のできにくい高品質なメリノウールを用いており、高密度にしっかりと編み上げられているため、毛玉が出来にくい仕様になっています。

事実、筆者も2017年にCOTTON Crewneckを購入して秋冬をヘビーユースして過ごしましたが、毛玉もなく買ったばかりの状態です。

また、アンデルセンアンデルセンのニットには、特別ダメージが心配される箇所に、カンヌキ止めと呼ばれる縫製が施されています。このカンヌキ止めは、ジーンズのベルトループやポケットの端の部分などにも使われ、破れやすかったりほつれやすいところに施して耐久性を高めるのが目的の縫製手法です。

素材やデザインだけでなく、細部の縫製にまで行き届いたアンデルセン夫妻のこだわりこそが、一生モノとして使えるニットを作り上げました。

 

流行にとらわれず、こだわりを持った人に

ユニセックスでの展開が基本となっているアンデルセンアンデルセンの商品は、年齢や性別が関係ないシンプルなデザイン性に加え、数々のこだわりが随所から感じられる一品でもあります。

5Gの立体感ある生地はそれだけで迫力がありますが、主張も穏やかで普遍的なデザインです。

また、メリノウールなどの上質な素材の使用、カンヌキ止めといったディティールのデザインは、見る人が見れば、細かな気配りが行き届いていることが一目でわかります。

時代によって流行りはあるものの、アンデルセンアンデルセンのように細部にまで拘ったニットはいつの時代でも重宝されるアイテムです。

 

温度調節にこだわりたい人に

冬の寒さが和らいだ頃から春の暖かい季節は、洋服選びが楽しくなる一方で、まだ寒暖差の調節が難しい微妙な時期でもあります。

暖かい日はコットンニット、肌寒い日はウールニットと使い分けることもおすすめです。

コットン素材とウール素材を一着ずつ持っておくと、温度調整がしやすくコーディネートの幅も広がります。

 

アンデルセンアンデルセンが購入可能なところ

2017年10月にアンデルセンアンデルセン通販専門店がオープンしました。

在庫数には限りがありそうですが、取り扱いラインナップはここが最も豊富なようです。

URL:https://andersen-knit.shop-pro.jp/

 

その他ネットショップでは、ZOZOTOWNやビームス、楽天市場等でも購入が可能です。

実際に店舗で見たい場合は、ピルグリム サーフ+サプライ、ザボウ トウキョウ、ブルーム&ブランチなどセレクトショップでも一部取り扱いがあります。

 

私は東京 明治神宮前にあるMAIDENS SHOPで購入しました。クルーネックもタートルネックもあり、それぞれカラバリも豊富な取扱があるのでおすすめです。

 

ヨーロッパ基準のサイズ設定となっているので、ネットで購入する際は普段の着用サイズより1サイズ小さいものを選ぶことをおすすめします。

ちなみにXXSサイズは女性向けとして作られているので、その点も注意してください。

 

アンデルセンアンデルセンの価格帯

以下アンデルセンアンデルセンの参考価格帯です。

タートルネックニット…48,600

https://i0.wp.com/

 

コットンクルーネックニット…48,600

https://i1.wp.com/

 

帽子…10,800

https://i2.wp.com/

 

まとめ

2009年デンマークで創立されたアンデルセンアンデルセン。

今やニットの定番ブランドとなりましたが、素材、縫製、デザイン、全てに細やかなこだわりが見られ、これからも目が離せないブランドです。

これまでニットを12年おきに買い替えていたという方でも、アンデルセンアンデルセンのニットなら長く美しく着続けることができるのではないでしょうか。

自分と共に歳を取ってくれるようなアンデルセンアンデルセンのニット。

一着でも持っていると、きっとこれから冬を迎えるのが楽しみになってくると思います。

関連記事

疲れないスニーカーの特徴とおすすめメーカー6選

とても楽しみに新しいスニーカーを購入したのに、足が痛くなってしまったことはありませんか?私にはあります。 デザイン性が優れていても、フィットせず靴ずれを起こしてしまう、あるいは必要以上に疲れてしまうなど、自身の足型とスニ…

Category 2021/06/27

不朽のアイテム「グレースニーカー」のおすすめブランド&コーデ紹介

  グレーのスニーカー、いいですよね。 これは個人的なイメージですが「ニューバランスといえばグレー」という、グレーは”定番”のようなイメージもあり、スニーカーを買うときは無意識にグレーを選択してしまいます。 (…

Category 2021/05/30

定番は王道!着回しのきく秋冬のマストアイテム、ブラックニット

秋冬からまだ肌寒い春に活躍するのがニットです。1枚で着ても重ね着をしてもOKで、中でもブラックニットはシンプルでコーディネートもしやすい定番アイテムですよね。カジュアルからフォーマルまで、様々なシーンに合わせられるブラッ…

Category 2021/03/08

大人メンズにニットタイのおすすめブランドとコーディネートをご紹介します

ビジネスカジュアルが浸透するにつれ人気を増しているニットタイ。ビジネスシーン・オフ時にも使える便利さが魅力ですね。柔らかく、従来のシルクのネクタイよりもはるかに見栄えもしますので、好んで選ぶ人も多いのではないでしょうか。…

Category 2021/06/06
back

Popular

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

Tag