fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

【2023年】大人のダッフルコートのコーディネート【メンズ】

Category 2023/08/29

ダッフルコートを上手に着こなした大人のコーディネート

オーバーサイズのコートでストリートっぽく

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/010739at/22339096/

ゆったりとしたオーバーサイズのダッフルコートは、ラフに羽織るのがポイントです。ボトムスにもゆとりのあるサイズ感のものを持ってきて、こなれ感を演出。

スウェットパンツやキャップなど、カジュアルなアイテムを取り入れると、よりストリートっぽく着こなせます。差し色として投入したキャップとマフラーが好アクセントです。

レトロな雰囲気の着こなし

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/ships_1605mty/20557378/

チェック柄のダッフルコートとキャスケットを合わせた、レトロな雰囲気が漂う着こなし。
フロントのボタンをすべて留めると、Iラインのすっきりとしたシルエットが楽しめます。

ボトムスにはカーゴパンツをチョイスして、いまっぽいワーク感もプラス。

全身をブラウン系でまとめたことで、秋冬っぽい季節感や親しみやすさを演出しています。

リラクシーなコーディネート

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/beams_heart_m/22249925/

ラフなコーディネートに仕上げたいときには、ショートタイプのダッフルコートが大活躍です。ボトムスのシルエットを選ばずに着用できるので、コーディネートの幅が広がるのも嬉しいポイント。

ブルーとブラウン、グレーのカラー使いも秀逸です。ジャストサイズのニットにボリューム感のあるボトムスを合わせて、リラクシーなスタイリングに。

発色の良いダッフルコートが主役の着こなし

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/fgshop04m/20268676/

ダッフルコートは、さまざまなカラーで展開しています。発色の良いアイテムを選ぶ場合は、ほかのアイテムをシンプルなものでまとめましょう。

ベージュやブラックなどのベーシックなカラーと組み合わせると、どんな色味のコートでも、バランスよく仕上がります。休日のおでかけにおすすめです。

ストールでアクセントをプラス

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/ships_1604mmta/20558334/

地味になりがちな冬コーデには、柄物のダッフルコートを羽織るのがおすすめ。ベージュ×グレーのチェック柄ならカジュアルに寄りすぎず、大人の男性でも違和感なく着られます。

シャツやネクタイ、スラックスと合わせることで、ビジネスシーンにも応用可能。ベージュがベースのコーディネートに、ピンクのストールが好アクセントです。

クラシカルな着こなし

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/011846kt/20488757/

ダッフルコートは、フロントのボタンを留めることで、よりクラシカルな雰囲気で着られます。首回りを大きめに開けて、タートルネックのトップスを見せると、バランスの良いコーディネートに。ボトムスにはストレートなシルエットのパンツを持ってくるのがポイントです。

ハズシとして投入したスニーカーが、アクティブさをアピールしています。

冬素材で見た目にも温かいスタイリング

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/hyskwsk12/18516627/

ネイティブアメリカンの伝統的な柄をモチーフにしたダッフルコートは、主役級のインパクトがあるアイテムです。

大胆な柄物を取り入れるときには、ほかのアイテムをベーシックなもので統一するのが鉄則。特にボトムスにはシンプルなパンツを持ってきて、コートの存在感を引き立てましょう。

ウールやコーデュロイなどの冬素材をふんだんに取り入れた、見た目にも温かいコーディネートです。

アメカジファッション

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/fiesta/20703777/

ダッフルコートは、アメカジファッションにもハマります。スウェット×トラウザーパンツの普段の着こなしに、ダッフルコートを1枚羽織るだけで、冬らしいコーディネートが完成。

キャップや大ぶりのアクセサリーでカジュアルさをキープしつつ、ややきれいめなムードが漂います。コートとブーツの色味をリンクさせると、一体感のあるスタイリングに。

ベスト×ダッフルコート

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/miwa_r/20532643/

ダッフルコートにベストを重ねた個性的なコーディネートです。ベストをインナーではなくアウターとして取り入れることで、ダッフルコートをほどよくカジュアルダウン。

ベストとコートを同系色でまとめるのが、すっきり着こなすコツです。インナーにはピンクのニットを投入して、ブラック中心のスタイリングを親しみやすい印象に。

ダッフルコートらしいサイズ感が魅力

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/rm_yu_ki/22381774/

ダッフルコートらしいゆったりとしたシルエットを楽しみたいときには、ロング丈のアイテムがイチオシです。膝まで隠れる長さのものなら、防寒対策の面でも優秀。

旬のフレアパンツと組み合わせると、足長効果やスタイルアップ効果も期待できます。コートの面積が大きい分、ベージュなどの明るい色味をチョイスして、重たい印象になるのを避けましょう。

遊び心のあるコーディネート

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/ships_1905me/22311715/

カットソーにカーディガン、ダッフルコートを重ねた真冬のスタイル。大きめのフードが付いたダッフルコートの場合、ノーカラーのアイテムを持ってくると、首元がもたつくことなく、すっきり着こなせます。

コートのベージュと、ニットキャップや手袋の鮮やかなブルーの組み合わせがおしゃれ。ベーシックながらも遊び心が感じられるコーディネートです。

鮮やかなダッフルコートでポップな表情に

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/levishibuya1/20470607/

引用:https://wear.jp/levishibuya1/20470607/

鮮やかなカラーリングのダッフルコートを取り入れたコーディネート。普段の装いにさらっと羽織るだけで、周囲の目を引くスタイリッシュな着こなしに。

ブラックやホワイト、ブラウンなど、オーソドックスなダッフルコートに飽きた人にもおすすめです。裏地にはストライプのオプアートが施されているため、動くたびにポップな表情が楽しめます。

モノトーンコーデ

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/38318516tam/18558452/

ファッションセンスに自信がない人は、モノトーンのコーディネートを意識しましょう。ホワイトのワントーンコーデに、ブラックのダッフルコートを羽織るだけで、メリハリのある着こなしが完成します。

バッグやシューズなどの小物もホワイトやブラックでまとめるとGOOD。コートの前を開けてラフに着るのが、おしゃれに見えるコツです。

グランジファッション×ダッフルコート

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/tani1212/18621962/

この冬も、90年代を彷彿とさせるグランジファッションが大注目です。大胆なモチーフが特徴のニットとデニムのフレアパンツを合わせて、懐かしさを感じさせる着こなしに。

アウターにはブラウン系のダッフルコートを持ってくると、アメカジスタイルにピッタリのラフさが演出できます。バケットハットやモカシンブーツで、冬らしさをプラス。

ニットが主役のコーディネート

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/yk12091/20439329/

上質なニットが主役の着こなし。アウターやパンツなど、トップス以外のすべてのアイテムをブラックで統一して、ニットの存在感をアピールしています。

ハーフ丈のダッフルコートは、もっともスタンダードな長さなので、着回し力も十分。ブルーグレーとブラックのカラーコントラストが印象的なコーディネートです。

ダッフルコートにマフラーを肩掛け

duffle-coat-outfit

https://wear.jp/ships_1701mk/20813657/

ブラウン系でまとめたスタイリングに、チェック柄のマフラーをON。今季のトレンドでもあるチェック柄は、合わせるアイテムや着用する人を選ばず、取り入れるだけでいまっぽい雰囲気に仕上がります。

肩掛けしたマフラーは、単調になりがちなワントーンコーデのアクセントとしても最適。顔周りの雰囲気が明るくなるのもメリットの1つです。

関連記事

サマージャケット着こなしのポイントとオススメブランド5選

正直、ビジネスシーンにおいてもジャケットを着用する必要性は減っていますし、コロナ禍で外出の機会が減っている今だと尚更だと思います。しかし、夏のコーディネートは気を抜くとシンプルになり過ぎることもありますから、ジャケットを…

Category 2021/08/29

【メンズ】大人っぽく着こなすチノパンのコーディネート20選

カジュアルパンツの代名詞でもあるチノパン。着こなしやすいアイテムではありますが、着方を誤ると子供っぽくなってしまったり、イマイチな着こなしになってしまう可能性も。   この記事ではスタンダードなアイテムであるチ…

Category 2023/03/13

大人メンズにニットタイのおすすめブランドとコーディネートをご紹介します

ビジネスカジュアルが浸透するにつれ人気を増しているニットタイ。ビジネスシーン・オフ時にも使える便利さが魅力ですね。柔らかく、従来のシルクのネクタイよりもはるかに見栄えもしますので、好んで選ぶ人も多いのではないでしょうか。…

Category 2021/06/06

キメすぎないのに重厚感。革スニーカーが大人男子に選ばれるワケ

  スニーカーが”若者向けのカジュアルアイテムだ”という考えはすでに過去のもの。   大人の足元を彩る新定番”レザースニーカー”は、ドレススタイルのハズ…

Category 2021/11/22
back

Popular

【2024年最新】大阪のおすすめセレクトショップ18選|ドメブラからインポート、アウトドアまで

アイテムのセレクトや、人の個性、コンセプトによる内装やインテリアなど、独自の世界観の中で買い物を楽しむことができるセレクトショップ。 大阪でしか買えないような他では珍しいブランドを見たい方や旅行で大阪のセレクトショップめ…

Category 2023/03/30

【2024年最新】渋谷のセレクトショップ網羅版【21選】

遡ると90年代の「渋カジ」からはじまり、現在においてもモードやストリートなど様々な流行の発信地であり続ける渋谷。2029年の完成に向けた最大規模の再開発プロジェクトが真っ最中です。 そんな中、渋谷で買い物しようと思っても…

Category 2023/08/26

清潔感に繋がる白Tシャツの黄ばみ問題。重曹や酵素入り食器用洗剤で徹底対策!

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ、適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から…

Category 2021/03/21

【2024年最新】表参道のセレクトショップ網羅版【10選】

東京の中でも随一のセレクトショップの数の多さを誇る表参道。この記事では、表参道の人気セレクトショップを網羅的にご紹介しています。 ジャンルや価格帯、取り扱いブランドも紹介しているのでご参考ください。   THE…

Category 2022/12/30

【2024年最新】京都のおすすめセレクトショップ21選|歴史ある美しい町並みと洋服の融合

外国人観光客からの人気も高く、京都は寺社仏閣からコンビニに至るまで、京都は日本の伝統的な景観の保全がされています。京都のセレクトショップもまた、その風情ある街に溶け込む外装、和の雰囲気を感じる落ち着いたデザインが施されて…

Category 2023/04/10

Tag