fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

ビジネスシーンにおける無地の白Tシャツ着用のポイントとおすすめブランド紹介

Category 2019/11/02

https://otokomaeken.com/

無地のTシャツは普段使いから通勤スタイルまで多用でき、コーディネイトの基本アイテムになっています。

昨今ではビジネスシーンで無地のTシャツの上にジャケットを羽織ったスタイルも珍しくなくなりました。

しかしながら、カジュアルイメージの強いTシャツは一歩間違えるとマイナスのイメージを与えることもしばしば。ビジネスシーンでの着用にふさわしいTシャツを選ぶ必要があります。

本稿では、ビジネスでも使えるTシャツや押さえるべきポイントをご紹介しましょう。

ビジネスシーンで着るTシャツのポイント

清潔感

衿の付いたシャツであれば自然にきちんとした印象となり、清潔感や誠実な印象を与えます。Tシャツは衿がないため、ラフな印象が残ります。

しかし、このラフさを逆手に取った小慣れた感が余裕のある大人の着こなしを演出することも忘れてはいけません。ポイントは、ネックラインや裾が伸びていたり、よれていないことです。安価なTシャツは何度か着用すると伸びる場合があります。そういったものをビジネスシーンで合わせないように注意しましょう。

また、色の効果によるものですが、明るい色を顏の近くに持ってくることで、その人自体が明るい印象になります。ジャケットの下に無地の白Tシャツを合わせるのは、シンプルながらに洗練されたセンスを感じさせるコーディネイトです。

クリーンさを感じるスタイルを意識されると失敗しないでしょう。

上質感

Tシャツ素材で使用されるのはコットンが圧倒的に多いでしょう。

コットン素材は幅広く、ナチュラルな洗いざらし感のあるものから、ネップ入りといったカジュアル寄りのもの、上質な糸を使用した高級コットンまで幅広く展開されています。

ビジネスシーンで合わせるTシャツは、上品な光沢のあるコットンが断然おススメです。光沢感がコーディネイトに上質な雰囲気を醸し出し好印象に繋がります。

上質なコットン素材のTシャツは、シンプルなTシャツが最もラグジュアリーに見えるポイントなのです。

高品質なコットン素材は糸そのものに艶があり、生地にした時にシルクのような光沢があります。やわらかくて肌触りがよく、美しいシルエットを実現します。糸そのものが持つしなやかな柔らかさからシワになりにくいことも特徴です。

ビジネスシーンに合わせるTシャツはシワが入っていたり、ヨレているのはタブーです。洗濯やアイロンのことを考えると、シワの入りにくいものを選ぶのが賢明です。

上質なコットン素材を使用したTシャツの価格は高めではあります。しかし、素材の美しさや手入れのしやすさ、丈夫さなどを加味するとコストパフォーマンスに優れているものがほとんどです。

洗練された白であるか

https://www.n-select.net 

無地の白Tシャツは誰でも一着は持っているものですが、白の色味にもこだわリましょう。

白はどれも同じではありません。少し黄身がかったようなオフ白もありますが、純白のような白がベストです。“白は白でなければ意味がない“と言われるほど、くすんだ白は評価されません。ビジネスシーンで着用する場合は清潔感や上質感が大切であると述べたように、クリーンな白を選ぶことがとても重要です。また、ネックラインや脇に汗染みなどがないよう、また汚れがないようお手入れすることを忘れてはいけません。

これらの要件を満たしたクリーンなTシャツがビジネスシーンには適しています。

シャツとジャケットのスタイルには出せない、若々しくおしゃれな雰囲気を作れることがTシャツとジャケットコーディネイトの魅力でしょう。

「どこへ行けばそのようなTシャツが手に入りますか?」という声にお応えして、ビジネスシーンにも相応しいTシャツを展開しているブランドをいくつかご紹介しましょう。

おススメのTシャツブランド

arkhē (アルケー)

https://arkhe.tokyo/

人を美しく上品に見せる上質なTシャツにこだわった、無地Tシャツ専門のドメスティックブランドです。

装飾が入りこむ余地のない無地Tシャツを高品質に仕上げるため、素材と着用した時に美しいシルエットが作れるよう研究を重ねています。

シンプルなアイテムだからこそ、磨きをかけたことが表情として必ず現れます。上質な糸選び、編み方から職人と相談を重ねたアルケーのTシャツ素材は、通気性を持たせつつ、適度な光沢があり、丈夫でシルエットが崩れません。

1㎜単位での調整を繰り返し、妥協のない物づくりがTシャツのクオリティに繋がっています。そんなアルケーのTシャツはビジネスシーンにぴったりで、スタイリッシュな大人のコーディネイトに重宝するでしょう。

 

 

【arkhē公式サイト】

https://arkhe.tokyo/

 

SUNSPEL(サンスペル)

https://www.sunspel.jp/

150年以上のキャリアを持つブリティッシュブランド。

1860年にトーマス・ヒルによって英国で設立され、当時レース産業の中心地になろうとしていたノッティンガムに繊維工場を作り、高級アンダーウエアの生産を始めたのがスタートでした。

第二次世界大戦後にシーアイランドコットンを使ったボクサーショーツが大ヒットし、世界的に知名度が上がりました。2005年にはヒル一族による経営は終わりましたが、創業当時からの理念は受け継がれ、現在では英国の他、ドイツや日本に直営店を構えるまでに規模を拡張しています。

サンスペルは「量より質」を取るモノ作りの姿勢を貫き、とりわけ上質な素材に重きをおきます。最高級のコットンを使用。強さとしなやかさを併せ持つ、クオリティの高い生地が特徴です。そんな上質素材で作るサンスペルのアイテムは着心地のよさでは群を抜き、とりわけTシャツは長い歴史の中でアップデートされながらも1950年代からほとんど変わらない、当時から変わらぬ完成度の高さで知られています。

シンプルな日常着を特別な物にしてくれる、そんなサンスペルのTシャツはビジネスシーンでも品のある存在感で着る人を引き立ててくれるでしょう。

 

 

SUNSPEL公式サイト

https://www.sunspel.jp/

 

AURALEE(オーラリー)

https://baycrews.jp/

2015年の春夏から本格始動したオーラリーは、日本屈指の生産背景で作りこまれたオリジナルの生地を使用し、素材づくりからがデザインの始まりと考えるモノ作りをしているブランドです。

素材の個性を十分に活かし、自分たちが本当に良いと思えるモノを追求することに妥協を許しません。時代の気分を反映しながら、上質で洗練されたアイテムはシンプルだからこそ美しさが際立ち、身に付ける人の魅力を引き出します。

毎日着ることに適した軽さを感じられるよう、シンプルに素材の良さや物の良さが伝わるようにこだわっています。

そんなオーラリーのTシャツは美しさと着心地の良さ、軽さや丈夫さを兼ね備えた隙の無い完成度です。日本人の体型を良く知ったブランドが作るTシャツですから着映えするフィット感も抜群です。ビジネスシーンにおいてもワンランク上の雰囲気を出してくれるでしょう。

 

 

AURALEE公式サイト

https://auralee.jp/

 

blurhms ROOTSTOCK (ブラームス ルーツストック)

https://stratobee.com/

blurmsとは”blue”と”hmmを組み合わせた造語で生み出されました。「物事は不鮮明な状態から始まり、考え抜くことでよりよい物事が造られる」と考え、着心地、丁寧さ、程よいリラックス感と使いやすさをコンセプトにモノ作りをしているブランドです。

シンプルで飽きのこないデザインを展開するblurmsの別ラインが「blurms ROOTSOCK」です。

上質な原料から造られる極上の心地よさを持った生地と日本の職人、技術者によるきめ細かな縫製、加工を背景に持ち、ささやかな遊び心と細部までこだわりのある商品を展開しています。

何気ない日常を上質な気持ちにしてくれるアイテム構成で、素材開発からこだわり、丈夫で洗い込むごとに肌に馴染む着心地がブラームスの特徴です。

着用時の快適さと、着用後の型崩れが軽減できるよう研究を重ねたオリジナル生地によるニットの数々は“お気に入りのモノがきれいに長く着れる”と着る人の理想を体現しています。

シンプルなTシャツに特別感を感じさせてくれ、長く着用できる美しいTシャツはビジネスシーンでも活躍するに違いありません。

 

 

【blurhms公式サイト】

http://blurhms.com/

 

JAMES PERSE (ジェームスパース)

https://wear.jp/

1994年アメリカ・ロサンゼルスでブランドをスタート。本国のアメリカではハリウッドやビバリーヒルズなどにもショップを構え、セレブやファッショニスタと呼ばれる人たちから支持されている人気ブランドです。

その魅力は、上質かつ大人にふさわしい洗練された西海岸テイストにあります。飾らないシンプルな日常着にラグジュアリー感を出してくれます。

ジェームスパースを代表するアイテムであるTシャツはやわらかなとろみ感のある素材が特徴。くせになる肌触り感とこなれ感のある適度なサイジングは、数あるブランドのTシャツの中でも高い評価を得ています。ジェエームスパースのTシャツは、余裕のある大人の男性の雰囲気を出してくれるため、ビジネスコーディネイトに適したブランドと言えるでしょう。

 

 

【JAMES PERSE公式サイト】

https://www.jamesperse.com/

 

まとめ

日々のビジネススタイルにふさわしいTシャツ選びのポイントやおススメのブランドについてご紹介してきました。

シンプルなシャツですが、どれも同じではありません。ビジネスの席で相応しい清潔感や上質感、シワのないきれいなシルエットであることが好印象を残します。また、ビジネスの相手としての誠実さや信頼感といった心象へも影響するでしょう。

洗濯しても丈夫で美しく、着心地のいいTシャツは着る人の満足度を満たすだけでなく、見る人にも違いが伝わるものです。

ビジネスシーンで使えるTシャツを手に入れられて、さりげなく一味違うビジネススタイルにトライしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

【スナップ有り】シンプルファッションという大人の教養について

  「ファッションには2つしかない。ア・ラ・モード(流行の)かデ・モード(時代遅れの)か、だ」。この発言は、はて誰のものだったでしょうか。 たしかにトレンドは大事な要素ですが、ミドルエイジともなれば年相応のきっ…

Category 2019/08/25

Tシャツをカッコよく着こなすための筋肉|意識したいポイントを紹介

同じTシャツを着てもカッコよく見える人とそうでない人がいます。 その違いは何でしょう?     男性が洋服をカッコよく着こなす、格好よく見せるポイントは、顔や手足の長さではなく、実は“筋肉”です。ほど…

Category 2019/09/23

良い生地だから高い?ハイブランドTシャツが高価な理由とその魅力とは

Tシャツの価格差について ロゴやグラフィックと言ったコマーシャルなポイントがない無地のTシャツにこだわる人が増え、昨今ではオールシーズン着回しの効く無地のTシャツがトレンドとなっています。 無地のTシャツは一見どれも同じ…

Category 2019/10/22

定番のアイテム「Tシャツ」を夏に上手く着こなすポイント

気楽に着ることができ、また暑い夏でも着やすいことで定番アイテムとなっているTシャツ。 しかし、子供っぽくなってしまったり、汗が目立って清潔感が失われたりと注意する点もあります。 今回は夏のTシャツの着こなし方、注意点、お…

Category 2018/07/04
back

Popular

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?種類や違い・合わせ方・活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際に着てみると…

Category 2019/03/06

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、需要が大きくなると同時に、活用の幅が広がり、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。 そんな中、本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ…

Category 2018/07/04

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

【冬のTシャツ】年中便利な半袖Tシャツ!上手な冬の着こなしとおすすめブランドをご紹介!

冬でも大活躍する半袖Tシャツ 半袖Tシャツは肌に一番近いアイテムとして馴染み、年中を通して重宝できます。 暑い時期は1枚で着用しますが、寒い時期にはアウターの下でお洒落を支える重要なアイテムの一つです。 昨今では冬でも暖…

Category 2019/09/07

国産Tシャツを着る意義と、おすすめメーカー3選

  ビジネスのありとあらゆる側面でグローバル化が進む昨今、アジア諸国の台頭もあって、電化製品や車など様々な製品における「MADE IN JAPAN」のブランド力は昔ほどの勢いは無いように伺えます。 そんな時代だ…

Category 2018/11/21

Tag