fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

快適なのに男前度もアップ。おすすめのビジネススニーカーを厳選

Category 2021/02/09

クールビズやウォームビズの一般化で社内の服務規程を見直す会社が増えてきました。ビジネスといえばスーツ×革靴が常識だったのが、オフィスのドレスコード化が浸透してきて、ビジネスカジュアルの勢力が拡大しています。それに伴い、ビジネススニーカーも市民権を獲得。ビジネスマンがスニーカーで通勤している姿も珍しくなくなっています。浸透したことで、アイテムのバリエーションが増え、選択肢も広がっています。

しかし一方で、ビジネスカジュアルが浸透してコーデの自由度が広がったものの、「どんなアイテムを選べばいいの?」、「合わせ方がわからずコーデが決まらない」といった悩みを持つ人も多いようです。そこで今回は、おすすめのビジネススニーカーとコーデのポイントを解説いたします。

 

ビジネススニーカーのメリット

business_sneakers

ビジネススニーカーが急速に浸透しているのは、スポーツ庁の官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」やオフィスカジュアルを推進する企業の登場が大きな要因ですが、それだけではなくビジネススニーカーにメリットがあるから多くのビジネスマンの共感を得たといえるでしょう。では、そんな働く男たちの心を掴むビジネススニーカーにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

コーデの自由度が高い

伝統的なスーツ×革靴スタイルは、スタイルがほぼ固定化されてしまっているためコーデを楽しむ余地がほとんどありません。型が決まってしまっているから個性が出しにくく窮屈。少しでも遊びをいれると悪い印象をもたれかねません。ビジネスで悪い印象をもたれるのは致命的ですから、どうしても決められたセオリーを守るしかありませんでした。

ビジネスカジュアルの浸透は、そんな窮屈のスタイルを開放し、ビジネスシーンでのコーデの自由度を高めました。ビジネスカジュアルと一口にいっても、そのコーデは様々。個性を発揮して男前度をアップさせるコーデをビジネスシーンでも楽しめるようになったのです。

ビジネススニーカーもビジネスカジュアルの浸透に比例するように愛好者が増加中。年々バリエーションも増えており、これからますますスニーカーを履いたビジネスマンが街中に溢れてくるでしょう。

 

スニーカーなら歩きやすくて足に疲れがたまりにくい

スニーカーは運動靴でもあるわけですから、歩きやすさという点では革靴とは比べものになりません。特に、外回りの仕事をしている方はスニーカーにすることで疲れ度合いが大きく軽減するでしょう。歩く距離が多い人はよりクッション性の高いスニーカーを選べばビジネスをより快適にしていけます。

 

スニーカーだから休日にも使える

革靴はビジネスシーンにマッチしますが、合わせられるコーデに限界があり、休日にはなかなか利用しにくいアイテムです。一方、スニーカーならプライベートももちろん利用OK。お気に入りのアイテムをビジネス・プライベートを問わず履きつぶせます。

 

革靴と比べて低価格

価格面でもスニーカーは有利。革靴で品質を求めるならそれなりの出費は覚悟しないといけませんが、スニーカーなら5,000円以下のものでも選ぶ価値のあるモデルはたくさんあります。

 

コーデのポイントと注意点

一口にスニーカーといっても、デザイン、フォルム、素材は様々。どれを選ぶかで表情は大きく変わってきます。しかし、ビジネススニーカーのメイン利用シーンはあくまでビジネス。職場にふさわしいモデルを選ぶ必要があります。好きなアイテムを選ぶべきですが、ビジネスシーンにそぐわないものはご法度です。ビジネスの場でどのようなスニーカーを選べばよいのかコーデのポイントと注意点をみていきましょう。

 

スーツとスニーカーのバランスを考えよう

全体のバランスを考えるのはコーデの基本。アンバランスはプライベートでは時に個性になることもありますが、ビジネスシーンでは奇異に見られるだけです。例えば、細いスラックスやデニムにあわせるなら、すっきりとしたフォルムのスニーカーを選ぶようにしましょう。でないとミッキーマウスのようになります

 

主張が強すぎるスニーカーは避けよう

今でも根強いファンがいるスニーカーにエアジョーダンがあります。スニーカーの名作モデルですがビジネスシーンでは主張が強すぎです。さすがにそれはない、と思われるでしょうが、好きすぎて周りが見えなくなることもあるのでもう一度チェックしておきましょう。ビジネスシーンではレザー素材やシンプルなローテクがおすすめです。

 

大原則!擦り切れや傷はコーデとビジネスの評判を落とす

ビジネスの鉄則は清潔感のある身だしなみ。評判を落とす前に擦り切れや傷がないかチェックしましょう。靴は消耗品ですから汚れや傷がつくのは当たり前です。定期的にケアをしましょう。できれば毎日、少なくとも3日に1回は履き替えるようにすれば長持ちします。

 

おすすめのビジネススニーカー

ビジネススニーカーはバリエーションが増えて選択肢が多くなったものの、選びにくくなってしまって悩んでいる方も多いでしょう。そこで、弊社が厳選したこれなら“間違いない”というスニーカーを紹介します。

初心者から上級者まで シンプルタイプ

アディダス スタンスミス

business_sneakers

世界で最も売れたスニーカーとしてギネスにも認定されている王道モデルです。端正なローカットのデザインは、キレイで品のあるコーディネートに仕上げたいビジネスシーンにピッタリ。特にこれからビジネススニーカーに挑戦する初心者におすすめです。

 

ニューバランス 996

business_sneakers

世代を問わず使えるのがニューバランスの魅力。なかでも、996は同社の看板モデルで根強くファンがいるロングセラーです。カッコよさはもちろん、安く、履き心地も良い、スニーカーの魅力をぎゅっと詰め込んだモデルといえるでしょう。

 

ナイキ クラシックコルテッツ

business_sneakers

エレガントなフォルムが大人の男性に良く似合うモデルです。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもあわせやすく、これが1足あればコーディネートに苦労しなくなるでしょう。ナイキの定番モデルとして世界中にファンがいます。

 

上品でビジネスシーンにマッチ!レザータイプ

パントフォラドーロ TSL20

business_sneakers

大人の上品な装いに革靴顔のレザースニーカーもおすすめ。中でも、パントフォラドーロは革靴顔負けのエレガントなスタイルにスニーカー特有の履き心地を両立させたモデルです。高級志向の方や上品に仕上げたい方に向いているでしょう。

 

コンバース オールスタークップ

business_sneakers

コンバースといえばキャンバス素材のスニーカーが定番ですが、レザーを用いたオールスタークップは高級感を醸し出すエレガントな逸品。スタイリッシュなオールブラックで、スーツスタイルにあわせやすいのも特徴です。

 

ゼスパ zsp4 nappa

business_sneakers

価格は約4万円と少々お高めですが、価格を上回る高級感が魅力のゼスパ。革靴ライクな黒スニーカーで上品に仕上げながら、スニーカーとしての軽快感も演出できます。上品に仕上げたい外回りの男性に特におすすめ。

 

歩きやすくて疲れにくい 機能性タイプ

リーボック クラシックレザー

business_sneakers

履き心地の良さに定評があるリーボック。なかでもクラシックレザーはトップクラスのフィット感、履き心地を実現しています。通勤時間が長い方や外回りの方に特におすすめです。中には、一度履いたら他の靴に戻れない!という方も。

 

ナイキ コートロイヤル

business_sneakers

ナイキの定番モデルの一つコートロイヤルは、スニーカーらしい軽快感が魅力のモデル。シンプルなフォルムが全体のコーディネートを邪魔しないため、カジュアルから少し上品に仕上げたいときまで活用できます。注目はそのコスパ。4,000円台で購入できるスニーカーなのに、これだけの機能性を有したモデルはなかなかお目にかかれません。

 

安くて、カッコ良くて、快適。ビジネススニーカーライフを始めよう

ビジネスカジュアルの浸透とともに、ビジネススニーカーもその勢力を拡大させています。街中でスニーカーを履いたビジネスマンを見かけることも珍しくなくなってきました。コーデを彩る多彩なスニーカーラインナップの中からあなたにピッタリの1足を選び、安くて、カッコ良くて、快適なビジネススニーカーライフを始めていきませんか。

関連記事

【コスパ抜群】無地のパックTシャツ|セットでお得なお勧めブランドをご紹介

  パックTシャツとは、簡易的に包装された2枚もしくは3枚入りのTシャツのことで、リーズナブルな価格が人気の商品です。 白Tシャツ・クルーネックがベーシックですが、カラー展開、Vネックの展開もスタンダードになり…

Category 2019/12/12

国内最高峰のニットブランド「BATONER(バトナー)」とは

BATONER(バトナ―)とは? BATONER(バトナー)というニットブランドをご存知ですか? バトナ―は山形県の寒河江市(さがえし)を拠点として2013年にスタートしたニット専業ブランドです。 同市は県内随一のさくら…

Category 2020/01/27

キメすぎないのに重厚感。革スニーカーが大人男子に選ばれるワケ

  スニーカーが”若者向けのカジュアルアイテムだ”という考えはすでに過去のもの。   大人の足元を彩る新定番”レザースニーカー”は、ドレススタイルのハズ…

Category 2021/11/22

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?種類や違い・合わせ方・活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないファッションアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際…

Category 2021/03/06
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

【リジットデニム / 生デニム 】有名産地や洗濯方法、履き方・育て方、おすすめブランドなど一挙まとめてご紹介!

  リジットデニム (生デニム)とは? リジットデニムをご存知ですか?   リジットデニムは、生デニムとも呼ばれますが、 “水洗いを含めて加工が施されていないデニム” を「リジットデニム」と称します。…

Category 2020/03/06

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

Tag