fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

【冬でも購入可能】無地Tシャツを通年販売している良質なブランドをご紹介!

Category 2019/12/25

 

Tシャツは季節に関係なく、一年中スタイリングの一部となっています。

Tシャツなくして他のアイテムを直接身に付けるのは違和感がある」という人も少なくないでしょう。

まるで“身に付ける肌”のような柔らかいTシャツの素材感が好きだと言う人もいます。

女性がシルクのインナーに恋するように、男性も肌に馴染むシルクのようなコットンの上質なTシャツを知ってしまったら、普通のTシャツに戻れなくなるような魅惑的なTシャツもあります。

 

https://arkhe.tokyo/

 

暑がりの人や冬でも薄着が好きな人も多いですよね。

羽織やアウターの下にTシャツが選ばれることは多く、軽い着こなしが好きな方にとってもTシャツは一年中欠かせないアイテムです。

Tシャツは洗濯機で簡単に洗える他、ノーアイロンでもしわの寄りにくい素材もあり、取扱いがラクであるのも選ばれるポイントです。長時間着ていても疲れず、どんな体勢でも動きに無理がないのがTシャツの良いところ。

そういったことから「一年中Tシャツ宣言!」なるTシャツコレクターや、一見すると差が分かりにくい無地Tシャツに魅了され、究極の品物を手に入れることに情熱を注がれている方もいるほどです。

 

春夏シーズンは各ブランドが主力商品としていくつもの型を発表しますが、冬となるとTシャツを取り扱わなくなるブランドがほとんどです。

しかし、冬は屋内の暖房が効きすぎていることが多く、室内外の寒暖差があるため、温度変化に対応できるようなレイヤリングのコーディネイトがベストです。

職場は勿論、車や電車、飛行機など交通機関において、映画館やショッピングモールなどで、冬なのに汗をかくことがよくあります。

汗ばむよりもアウターを脱いで冬のTシャツコーディネイトを楽しまれている方が快適です。

その面でアウターを選ばない無地のTシャツはレイヤリングに非常に優れたアイテムと言えるでしょう。

 

https://vokka.jp/

https://otokomaeken.com/

 

一年中着回しできる無地のTシャツを季節問わず購入できるブランドは意外と沢山あるのですが、ご存知ない方も実は多かったりします。

 

「冬に売っている所が少ないから冬には買わない」

「冬に売っているのは冬用のあったか素材のTシャツが多い」

「春夏の時期にまとめて買っているのを通年着ている」

 

と言った声を聞きます。

冬でも購入出来る、上質な無地Tシャツを通年販売されているおススメのブランドをご紹介したいと思います。

是非、チェックしてみてください!

一年中、上質なTシャツを購入することが出来るおススメブランド

arkhē(アルケー)

https://arkhe.tokyo/

アルケーは「高品質なTシャツを適正価格で届けよう」というコンセプトで2018年にスタートしました。

クオリティの高い商品の実現に、企画・製造・販売を自社で一貫して行う日本のブランドです。

糸選びからこだわり、要である素材が身に付け時にいかに快適で、美しいシルエットを保ち着る人の魅力をプラスするか、丈夫であるか、繊細に深く追求する物作りを大切にしています。

着た時に身体にフィットし、心地よくなる服には目に見えない1㎜単位の作り手のこだわり、情熱、真摯な思いが込められ、妥協という言葉を知りません。アルケーのTシャツは多くの説明が無用なクオリティの高さと、ヘビーユーザーの方から言われる「安すぎる」プライスのアンバランスさがブランド価値になっています。試して欲しいTシャツブランドの筆頭です。

アルケーは適正価格でお客様に提供するため、オンライン販売のみで販売しています。セレクトショップなどの小売店を通さないことから中間マージンが発生せず、低価格で提供することを実現しています。

 

 

 

【 arkhē (アルケー)】

 

■ Tシャツ参考価格

¥6,050(税込み)

 

公式ウェブサイト/ショップ

https://arkhe.tokyo/

 

JAMES PERSE(ジェームス パース)

https://www.jamesperse.com/

LA出身のデザイナーが1994年にスタートしたブランドで、ハイクオリティなカジュアルウェアを展開しています。

ハリウッドやビバリーヒルズ、マリブにもショップを持ち、セレブやアーティストなどファッショニスタから支持されています。

幼少期から世界中の良いものに触れ、養われた審美眼を持つデザイナー自身のライフスタイルをモダナイズした新しいカリフォルニアスタイルが魅力です。肩の力の抜けたリラックス感がベースにある飾らないシンプルなアイテムにラグジュアリー感をもたらしてくれるのがジェームスパースの特徴です。

ブランドの代名詞とも言われる上質なTシャツはライトウエイトな素材感と、絶妙なサイジングや襟ぐりのカッティングの良さなどTシャツに求められるものがほぼ完ぺきに揃っています。中でもしっとりした柔らかなコットンはくせになる肌触りで虜になるほど。身に付ける人をスタイルアップさせてくれる上質なTシャツです。

 

 

 

【 JAMES PERSE(ジェームス パース)】

 

■ Tシャツ参考価格

¥10,450~¥26,400(税込み)

 

公式ウェブサイト(オンラインショップ)

https://www.jamesperse.com/

 

その他購入可能なオンラインショップ

・トゥモローランド

https://store.tomorrowland.co.jp/

・ZOZOTOWN

https://zozo.jp/

 

他、直営店、セレクトショップなど取扱い店は多数。

 

SUNSPEL(サンスペル)

https://www.amazon.co.jp/

1860年にトーマス・ヒルにより英国で設立され、150年以上の歴史を持つ老舗のブリティッシュブランドです。

高級アンダーウェアの生産を始めるところからブランドの歴史がスタート。第二次世界大戦後にシーアイランドコットンを使ったボクサーショーツが大ヒットし、リーバイスのコマーシャルで着用されたことがきっかけで世界的にサンスペルの名が知れ渡りました。

2005年にヒル一族による経営が終わりましたが創業当時からのアイデンティティは引き継がれ、英国の他、ドイツや日本に直営店を構えるまでに規模を拡大しています。ブランドの創設初期に生産されていた商品の中にチュニックやアンダーシャツがあり、それらが世界で初めてのTシャツと言われています。

つまり、世界で初めてTシャツを作ったのはサンスペルなのです。長い歴史の中でマイナーチェンジを経ていますが、1950年代からほとんど変わらないスタイルを守っています。いかに高い完成度であったかを知ることが出来ます。

サンスペルのTシャツは「とにかく着心地が最高」と誰もが口を揃えます。その理由はこだわり抜いたオリジナルの素材にあり、希少性の高いコットン生地を使用しています。限られた場所で、わずかな量しか産出されない、極上の長くしなやかな繊維、きめ細かくシルクのような光沢の超長綿を選び、「量より質」のスタイルを貫いています。着る人をスペシャルな気持ちにしてくれる、付加価値の高いTシャツです。

 

 

 

【 SUNSPEL(サンスペル)】

 

■ Tシャツ参考価格

¥9,900~¥24,400(税込み)

 

公式ウェブサイト

https://www.sunspel.jp/

 

その他購入可能なオンラインショップ

・ZOZOTOWN

https://zozo.jp/

 

他、直営店舗で展開

 

Filmelange(フィルメランジェ)

https://www.housefilmelange.com/

2007年にスタートした日本のカットソーを中心に展開するブランド。フィルメランジェというブランド名は「混色の(melange)+糸(Fil)」という意味の造語。生地の原料である「わた」から、「糸」「生地」「縫製」に至るまで自社開発を行い、“最高峰のカットソー”がコンセプトのブランドです。

「原点・機能美・簡素」という発想をベースに、衣服を着ることの意味や喜びを追求したモノ作りを続け、日本製にこだわっています。素材はオーガニックなものを使用し、縫製においては一般的にカットソーでは合成繊維を使用しますが、フィルメランジェでは使用するミシン糸にコットン糸を使用しています。肌触りの良さを実現するためです。またヴィンテージの低速編み機である“吊り編み機”で編み立てた脇に縫い目のない丸編みのTシャツを好みます。日本のごく一部の工場のみで稼働している希少性の高いもので、糸にテンションを掛けずゆっくりと編み立てるため仕上がりが柔らかくて型崩れしにくいのが特徴です。生地に負荷がかかっていないため洗濯しても伸び縮みが少なく、購入した時の形の美しさや肌触りの良さが保てます。

11つの工程に妥協せず、大切にモノ作りをしているフィルメランジェです。ブランドの想いが詰まった良質で上質、長持ちなTシャツはブランドが目指す「最高峰」に到達していると言えるでしょう。

 

 

 

【 Filmelange(フィルメランジェ)】

 

■ Tシャツ参考価格

¥7,700~¥16,500(税込み)

 

公式ウェブサイト

https://www.housefilmelange.com/

 

その他購入可能なオンラインショップ

・ZOZOTOWN

https://zozo.jp/

 

他、直営店舗、セレクトショップでの取り扱いなど多数

 

handvaerk(ハンドバーク)

http://bshop-inc.com/

元大手投資銀行家であったEsteban Sabaと、プラハの大学でアートとテキスタイルデザインを専攻した妻Petra2人により2013年、ニューヨークに創業したカットソーブランド。

デザイナー自らがスーピマコットンを調達し、紡績・編み立て・染色・縫製まで一貫して自身の目が届くよう身内の経営する工場で行う徹底ぶりは有名です。それにより高い商品完成度を実現し、安定した商品づくりを続けています。

ハンドバークのTシャツは「一度着たらやみつきになる」と言われるほどの極上の着心地に加え、品の良い光沢感が魅力のエレガントさがあります。センスのあるサイジングも評判で、キレイ目な大人のTシャツスタイルにぴったりと言えるでしょう。クオリティの高いTシャツながら求めやすい価格なのも人気の一つです。

 

 

 

【 handvaerk(ハンドバーク)】

 

■ Tシャツ参考価格

¥8,800(税込み)

 

購入可能なオンラインショップ

・B shop

http://bshop-inc.com/

・ZOZOTOWN

https://zozo.jp/

 

まとめ

今回は冬でも購入可能な、無地の上質なTシャツを通年販売しているおススメのブランドをご紹介してきました。

一年中、半袖も時にはノースリーブも欠かすことなくラインナップが揃っていて、Tシャツがシーズンレスに生活に、コーディネイトに必要なアイテムであるというメッセージを感じます。

また、ビジネス用やお出かけ用のTシャツに上質・良質なものを合わせると見え方がぐっと変わり、おしゃれさのある着こなしになります。

上質な素材は原料が違います。原料が良いと発色も冴え、独特の光沢があります。髪の毛のキューティクルのような自然な光沢です。

例えば同じブラックでも深く濃いブラックは意外と見つけにくいもので、安価なTシャツではまず難しいでしょう。深く美しいブラックで自然な光沢のあるTシャツは明らかにラグジュアリー感が出て、「素敵」というオーラを放ちます。

ジャケットやカーディガンの下に、ブルゾンの中にそんな素敵なTシャツを忍ばせてみませんか?

 

 

関連記事

【Tシャツの脇汗対策】脇汗の対処法や黄ばみの落とし方を一挙公開

春夏の汗ばむ季節はもちろん、秋冬の時期でも汗をかきます。特に脇汗に関する悩みは多いものです。 暑かったり、運動したりすれば誰でも汗をかきます。辛い食べ物などを食べた時なども同様です。 個人差はありますが、一般的に人は1日…

Category 2019/10/22

【東京】シンプルで上質な無地のTシャツを扱うブランドの紹介

さらりと何気ない、主張を抑えたシンプルなお洒落とは 「大人の男性がさらりと身に付ける何気ないシンプルな着こなし。」 シンプルだからこそ本人を引き立て、その何気なさが素敵なスタイルを生み出します。 ゴージャスの反対がシンプ…

Category 2019/10/05

【トレンドスニーカー】Salomon (サロモン) の人気モデル“ADVANCED”を徹底解剖

  スニーカーを購入される時のポイントは何ですか? 「おしゃれは足元から」と言われます。 何気ないファッションでも合わせる靴次第で印象は大きく異なります。 多種多様なモデルやデザイン、カラーの靴がある中、スニー…

Category 2019/12/17

大人のTシャツは「サイズ感」で抜け感を。オーバーサイズを選ぶ理由

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2019/09/08
back

Popular

【冬 Tシャツ】年中便利な半袖Tシャツ|上手な冬の着こなしとおすすめブランドをご紹介!

冬でも大活躍する半袖Tシャツ 半袖Tシャツは肌に一番近いアイテムとして馴染み、年中を通して重宝できます。 暑い時期は1枚で着用しますが、寒い時期にはアウターの下でお洒落を支える重要なアイテムの一つです。 昨今では冬でも暖…

Category 2019/09/07

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?種類や違い・合わせ方・活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際に着てみると…

Category 2019/03/06

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、需要が大きくなると同時に、活用の幅が広がり、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。 そんな中、本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ…

Category 2018/07/04

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

【大人が惚れる】シンプルを極めるブランド「AURALEE」とは

オーラリーは、岩井良太さんというデザイナーが世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で『自分たちが本当に良いと思う素材を追求する』と言うコンセプトをもとに、2015年の春夏シーズンからスタートさせたドメスティック(国内…

Category 2018/09/18

Tag