fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

大人の男のVネック。お洒落に見えるインナーの合わせ方とは

Category 2021/10/06

 

首周りのデザインがアルファベットの”V字”に開いたVネックトップス。首元を大きく開いたデザインは、首周りをすっきりとした印象に見せる効果があります。

 

しかしこの”Vネックトップス”、インナーの有無や種類によって様々な表情を持つだけに、ポイントや組み合わせを間違えるとイメージと異なった着こなしになることも。

今回は”見せたい印象別”にVネックトップスを使った着こなしのポイントを解説いたします。

【インナー無し】1枚で着用すれば首元スッキリ、若々しく爽やかな印象に

クルーネックやタートルネックに比べ、肌を広範囲に見せるVネック。インナー無しで着用すれば、Vネック特有のデザインを活かした爽やかな着こなしをすることが出来ます。

ただし、注意すべきは”Vネックの深さ”。Vネックが深く開いたデザインはインナー無しで着用すると品位に欠けた印象に。

 

Vネックを着用した際に、”ロックンローラーのような印象になってしまった”

“イヤらしい見た目になってしまった”、”若々しすぎてヤンチャな印象になってしまった”

と悩まれる方の多くは、“深いVネックをインナー無しで着用していること”が原因です。

 

インナー無しで着用するのに適したVネックの深さは

・ Vの縦幅(もっとも深いポイント)は鎖骨より1~2cm下まで
・ Vの横幅は左右の鎖骨が半分以上隠れる程度

と覚えておきましょう。

 

Vネックをインナー無しで着用することに抵抗がある方、Vネックの若々しい印象が苦手という30代・40代の方には、Vラインが緩やかかつ浅いタイプもおすすめです。

 

https://www.instagram.com/

Vラインが緩やかであっても、クルーネックに比べて首元をすっきりと見せる効果は十分発揮されます。いつもより少しだけアクティブに見せたい時に、クルーネックと同様の感覚で着用可能です。

Vネックはインナー有りで印象の変化を楽しめる

前述のとおり開きが深いVネックトップスは1枚で着用した際、品位に欠ける印象を与える可能性があります。

深いVネックトップスにはインナーを着用した着こなしがおすすめです。

〈着こなし例〉

https://www.instagram.com/

やや深めのVネックニットに、同系色同素材のインナーを合わせたコーディネート。トップスに上質かつ上品なVネックニットを合わせたことで、イージーパンツや革サンダルでもルーズになりすぎる心配もありません。特に2021年は深いネックにあえてインナー見せるコーデが流行っていますのでおすすめです。

 

またVネックの深さに関わらず、インナーを見せたオシャレを楽しむことができるのもVネックの魅力です。同じVネックアイテムでも、インナーの種類を変えることで与える印象は様々です。

 

例として以下のVネックニットベストを使い、インナーを変えたコーディネートの変化を見ていきましょう。

 

〈参考アイテム〉

stein BACK DOUBLE KNIT VEST

¥39,600/stein

https://tity.ocnk.net/

 

#着回し001

https://www.instagram.com/

インナーにシンプルな白シャツを合わせたコーディネート。ボトムスはスポーティーにまとめることでキレイめカジュアルな着こなしに。

 

#着回し002

https://www.instagram.com/

インナーをノーカラーの薄青シャツにチェンジ。着こなし001と同様、インナーにはシャツを合わせながらも、襟の有無や色の違いで先程とは異なった印象に。

ボトムスにチノパンを合わせ全体的に爽やかで清潔感溢れるコーディネートに。

 

#着回し003

https://www.instagram.com/

インナーをハイネック×ベージュのシャツにチェンジ。Vネックはハイネックインナーとの相性も抜群。ボトムスはスラックスパンツと革靴を合わせ、上品でモードなコーディネートに。

 

このように、Vネックアイテムはインナーの種類を変えることで全く異なった雰囲気のコーディネートを作ることが可能です。

 

Vネックトップスのおすすめコーディネート集

インナー無し編

#001

https://wear.jp/

ジャケパンスタイルのインナーにVネックを1枚で合わせた定番のスタイル。

Vネックと素足で履いた革靴が程よい抜け感に。休日のジャケットスタイルらしくかしこまりすぎないラフ感がお洒落です。

 

#002

https://wear.jp/

シンプルなTイチスタイルも、Vネックならさりげなくキレイめ要素をプラス。

カラーは落ち着いたグレーを選ぶことで、VネックTシャツでも攻めすぎた印象になる心配はありません。

 

#003

https://wear.jp/

白のVネックもロンTにすることでかなり落ち着いた印象に。

首元に巻いたスカーフが、カジュアルスタイルの中に大人の色気を感じさせます。

 

#004

https://wear.jp/

黒のVネックロンTは全身をオールブラックでまとめたコーディネートに。アメカジ×モードなスタイルは大人の余裕と色気を感じさせます。

色味を黒に限定することで、時計やベルト、革靴のスタッズなど小物のデザインが際立ちシンプルなのに華やかさを感じるコーディネートです。

 

インナー有り編

#001

https://www.instagram.com/

Vネックニット×クルーネックTシャツの組み合わせはジャケパンスタイルのカジュアルダウンに最適です。

ジャケットに合わせる際、Vネック1枚で着用するとキメすぎていると感じる方はこちらの組み合わせがおすすめ。どうしてもカチッとしがちなジャケットスタイルを柔らかい印象で着こなすことが出来ます。

 

#002

https://wear.jp/

#001に同じくジャケパンスタイルにVネックニットの着こなし。こちらはインナーにシャツとネクタイを合わせた間違いのない定番スタイル。Vネックの上品さを最も際立たせる王道の組み合わせです。

 

#003

https://wear.jp/

インナーに黒シャツを合わせたコーディネート。シャツ・ボトムスをともに黒ですっきりかつシンプルに。重ねたVネックニットの存在感が際立ち、バランスの取れた着こなしです。

 

#004

https://wear.jp/

ハイネックインナーと組み合わせることでカジュアルスタイルにきちんと感をプラス。インナーはニットやボトムスと合わせたアースカラーを選ぶことでコントラストをやわらげ統一感をUP。

ハットとブルゾンの黒が、引き締め役となりメリハリのついたコーディネートです。

 

#005

https://wear.jp/

旬なアイテム”チルデンニット”は、ハイネックインナーを合わせることで30・40代でも着こなせる落ち着いた印象に。

茶色・紺色・緑色の3色を基調とし、色数を絞ることで清潔感と誠実さを感じるコーディネートです。

 

#006

https://wear.jp/

Vネックからチラリと見えるクルーネックTシャツの白が顔周りを明るい印象に。ブルゾンや革靴など男らしいアイテムが多いながらも、爽やかな印象を与えるコーディネートです。

 

#007

https://wear.jp/

キャップにデニムにスニーカー、カジュアルスタイルの王道コーデには、トップスを重ね着するちょっとの手間がお洒落見えするポイント。

Vネックからチラリと見えるインナーの白がスニーカーの白とさりげなくリンク。シンプルだけどお洒落に見える技ありコーディネートです。

 

#008

https://wear.jp/

全体的にダークな色味のコーディネートに、インナーの白が爽やかさと清潔感をプラス。クルーネックTシャツをインナーに合わせることで、綺麗めな印象のVネックを程よくカジュアルダウンすることが出来ます。

 

Vネックはインナーの種類や有無で様々な着こなしを楽しめる

若々しく爽やかな印象から、ダンディーな大人の色気まで。インナーの種類や有無で印象をがらりと変えた着こなしを楽しめる”Vネックトップス”。

 

是非お気に入りのアイテムと組み合わせて、その日の気分にあったコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

見た目良し。履き心地良し。太ももが太いメンズに人におすすめしたいボトムス3選。

男性のボトムス選びに影響を与える”太ももの太さ問題”。 過去にハードなスポーツをしていた、あるいは体質的に筋肉が付きやすい”筋肉質タイプ”。 骨格そのものが太く下半身に肉が付きやすい”骨太タイプ”。 全体的にふくよかで太…

Category 2021/09/17

水沢ダウンとは?コーデと人気モデル5選をご紹介します!

水沢ダウンとは? 水沢ダウンとは、大阪のスポーツブランド「デサント」が2008年に発売したジャケットです。岩手県奥州市(旧水沢市)にある水沢工場で製造されていることから、その名が付けられました。 2010年のバンクーバー…

Category 2021/04/24

【業界別】ビジネスカジュアルにTシャツは許される?崩し過ぎないコーデの基本とアイテム

ここ数年クールビズにウォームビズといった服装面における働き方改革が掲げられる会社も多く見かけるようになりました。ポロシャツで出勤したり、カジュアルデーがあったり。このようなビジネスシーンにおいての服装に対する考え方の変化…

Category 2019/08/13

重厚なレザーを編み上げた唯一無二の品格。ボッテガ・ヴェネタのレザーバッグの魅力

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)は1966年に創業した、イタリアを代表する高級ラグジュアリーブランドです。 細長い革をメッシュ状に編み込んだ「イントレチャート」のディティールを用いたレザーグッズが世界的…

Category 2019/03/09
back

Popular

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

Tag