fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

【東京】シンプルで上質な無地のTシャツを扱うブランドの紹介

Category 2019/10/05

https://coolcosmos.tumblr.com

さらりと何気ない、主張を抑えたシンプルなお洒落とは

「大人の男性がさらりと身に付ける何気ないシンプルな着こなし。」

シンプルだからこそ本人を引き立て、その何気なさが素敵なスタイルを生み出します。

ゴージャスの反対がシンプルですが、ゴージャスがデザインを加えていく表現だとすると、シンプルはデザインを引いていく表現だと言えます。シンプルなものは隠せる要素がないため一つ一つに「質」が求められます。

アイテム一つを取っても、設計力、技術力、品質の良さ、作り手の思い、それを持つ人がどれだけ大切にされているかなど、物理的な要素と人が持つ情緒的な部分が内包されています。

「さらりと身に付ける何気ないシンプルな着こなし」はアイテム一つ一つの背景を理解し、自分に適したものを上手にチョイスすることで可能になる、まさに「ワンランク上の着こなし」と言えるでしょう。

例えば、無地のTシャツは、

「どれも同じで違いが分かりにくい」「1枚で着るのは普通すぎて部屋着っぽく見える」と思われがちなシンプルなアイテムです。

無数にある無地のTシャツですが、「1枚で着てカッコよく、上質なTシャツ」は一度身に付けられるとその違いが分かります。

今では専門店が出来るほど無地Tシャツが注目されており、こだわりのTシャツを求めて入店に列が出来るほどのお店もあるほどです。

以下では、そんな奥深いTシャツのトレンドについてご紹介していきます。

無地の白Tシャツ専門店

どんなアイテムとも合わせやすく、着こなしの幅が広い無地のTシャツは、意外とシーズンレスに愛用できるもの。

自分の身体にフィットした心地よい無地Tシャツを持っていれば一年を通しコーディネートの強い味方にもなります。

無地Tシャツはサイズ感の他、素材、ネックライン、丈、縫製などが個性の要素となりますが、その違いをまるでプロ視線のように選択し、ワードローブに揃えている男性が昨今増えています。

デニムをこよなく愛する人が何本もこだわりのデニムを持つように、無地Tシャツを愛する人も自分だけのこだわりの無地Tシャツを求めているのです。

そのような傾向を踏まえ、無地Tシャツだけを扱う専門店が出来ています。

#FFFFFFT(シロティ)/  “世界初”の無地の白Tシャツのみを販売する専門店 

東京の千駄ヶ谷にある#FFFFFFT(シロティ)は白の無地Tシャツのみに特化した、世界初の無地の白Tシャツ専門店です。

店頭販売のみで、通販やインターネット販売はしていません。営業は毎週土曜日の12:0019:00までと限られた場所、時間でしか購入できませんが、土曜日のオープン前には店の前に長蛇の列が出来るほどの人気ショップです。

海外から足を運ぶファンも多いそうです。

 

http://www.fffffft.com/

Tシャツが好きでたまらないオーナーが、有名無名・ジャンルを問わず、今着たい無地の白Tシャツを国内外からセレクトしています。

常時40種ほどの白Tシャツがストックされ、販売されているそうです。

お店の中は当然、白一色ですが、実はブランドごとに、その素材ごとに“白”が違います。

綿花の色がそれぞれ違うように、生地にした時の白さが異なります。

少しベージュを帯びたような白、ホイップクリームのような暖かい白、真っ白、そこには白の世界があり、お客様はご自身に合う白を見つけることが出来るのです。

厳選された無地の白Tシャツはそれぞれに個性や物作りの背景が異なり、その魅力は比べることが出来ません。

「白は無地ではない。あなたに染まる色だ。」とショップはメッセージを出しています。

洋服に“着られる”のではなく、身に付ける人が主役で“自分のカラーを出すための白“という概念は、世界初の無地の白Tシャツ専門店を始められたオーナーの熱い魂を感じます。

年齢を問わず自分らしさを引き出してくれる、とっておきの無地の白Tシャツに出会うことが出来るショップではないでしょうか。

 

 

#FFFFT(シロティ)

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-3-5 1F
営業時間:毎週土曜日12:00〜19:00 不定休
電話番号: 03-6804-5746
公式サイト:http://www.fffffft.com

 

 

東京でセンスの良いTシャツが買えるショップ

自分にぴったりのTシャツを選ぶ時、その素材に触れ、首を通して着脱感やフィット感、着心地を試すのが賢明です。

自分の体格にあったスマートにキマルTシャツでスタイリッシュな着こなし、余裕のある大人っぽさを感じる着こなしを試してみませんか?

東京でそんな素敵なTシャツに出会えるおススメのショップをいくつかご紹介したいと思います。

Filmelange(フィルメランジェ)

http://filmelange.com/

2007年春にブランドがスタート。ブランド名は、混色の(Melange)糸(Fil)という意味を持つ造語。

厳選した天然素材を使用し、原料である「わた」の選定から糸・生地・縫製に至るまで徹底した自社開発を行うブランドです。

環境へ配慮し、積極的にオーガニック素材を使用しています。着心地、丁寧な仕事、日本製、にこだわった「最高峰のカットソー」を作り続けています。

フィルメランジェの作るTシャツを表現するとき、ふくらみのある素材の上質さに始まるでしょう。求める生地を作るため原料にこだわり、糸の撚りにこだわり、気の遠くなるような工程を重ねて生み出された生地は優しく、愛おしくなるような肌触りです。洗濯しても生地がよれない、形が崩れない上質な素材です。超長綿の特性である光沢や染色性の良さから、きれいな奥深い色を実現しているのもフィルメランジェの特徴です。

他にはないような魅力に溢れるTシャツが見つかるのではないでしょうか。

 

 

HOUSE FilMelange

住所:東京都渋谷区神宮前2-6-8 秀和外苑レジデンス1F

電話番号:03-6447-1107

公式サイト:http://filmelange.com/

 

 

three dots(スリードッツ)

https://www.threedots.jp/

1995年ロサンゼルスでスタート。ハリウッドセレブがマストアイテムとして絶大な信頼を寄せるプレミアムカットソーブランド。

当時、「フィット感やクオリティで満足のいくTシャツが見つからない」という声に応え、度重なる試行錯誤の上に誕生したTシャツがブランドの始まりだったそうです。抜群のフィット感と最高の着心地が特徴で、多くのファッションピープルやLAのモデル達を虜にしてきました。

スリードッツの3つのドッツには、Pure(シンプルで洗練されていること)/effortless(自然体でいられる気持ちのよさ)/luxury(最高の素材からくる上質感)の3つの意味が込められています。

このコンセプトが一度着たら手放せなくなるスリードッツのカットソーの秘められた魅力なのでしょう。

スリードッツの特徴は日常に馴染むラグジュアリー感です。シンプルなデザインから漂う上質感はプレミアムカットソーという名にふさわしく、洗練した印象を与えてくれます。素材やブランドに詳しくない人が見ても「何か違う」と感じさせてくれるのがスリードッツのTシャツです。

 

 

スリードッツ青山店

住所:東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道1F, 2F

電話番号:03-6805-1704

公式サイト:https://www.threedots.jp/

*二子玉川にもフラッグショップがあります。また、都内に多数の取扱いショップがありますので詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

blurthms ROOTSTOCK(ブラームス ルーツストック)

http://1ldkshop.com/

2012年より立ち上がったカットソーブランドBLURHMS(ブラームス)。

ブランド名は“Blur”と”hmm”を組み合わせた造語。物事は不鮮明な状態から始まり、考え抜くことでより良い物事が造られると言う考えからつけられました。肌触り、着心地、使いやすさをベースに、シンプルで長く使えるロングライフアイテムをコンセプトに物づくりを展開しています。上質な原料から造られる心地よい生地と日本の職人、技術者によって繊細で卓越した縫製、加工を背景に、過剰な華やかさはないが、ささやかな遊び心と捻りの効いた商品を展開しています。縫製・加工は全て日本の職人により丁寧に仕上げられています。

blurthms ROOTSTOCKはブラームスの定番的なラインです。

ブラームス ルーツストックのTシャツは上質な中に、丁寧に作られたカジュアル感が光るまさに、職人技的な仕上がりが特徴です。どこかマニッシュさを感じる、男っぽいTシャツと言えばよいでしょうか。

身体への馴染みが良く、抜群に計算された首元のライン、着心地が良く透け感のない厚みなど、Tシャツを研究しつくした抜群な完成度です。

いつまでも着ていたいTシャツだとファンが多いのも納得のブランドです。

BLURHMS blurthms ROOTSTOCKのフラッグショップは現在ありませんが、取扱いショップは多数あります。その中の1店舗をご紹介します。(変動がある場合はご了承下さい)

 

 

1LDK AOYOMA HOTEL

住所:東京都港区南青山6-8-18

電話番号:03-5778-3552

公式サイト:http://1ldkshop.com/

 

arkhe (アルケー)

https://arkhe.tokyo/

妥協のない生地へのこだわりで素材作りから全てが始まったオンライン販売限定のTシャツ専門ブランドです。

世界三大コットンの一つであるギザコットンを使用し、超長綿の細く長い糸を太い糸に紡績することで毛羽立ちの少ない、透けにくい丈夫な生地を実現しました。また、低密度に編むことで通気性を持たせつつ、上品な光沢のある仕上がりで、Tシャツにした時のシルエットの美しさが光ります。

日本の職人による計算された設計、丁寧な縫製で理想的な大人の男性のTシャツを展開しています。

オンラインサイト限定で、直接お客様へ販売しているため、高品質なTシャツが市場価格の半額で購入できるスタイルを採用している希少なブランドです。

 

 

arkhē(アルケー)

公式サイト:https://arkhe.tokyo/

 

まとめ

Tシャツは専門店が出来るほどトレンドアイテムであることをご紹介しました。

こだわりのTシャツに隠された完成までのストーリーは興味深いものですね。

研究され考え抜かれたものだからプレミアムと評価されるのでしょう。

「無地」はキレイ目とカジュアルのバランスが取りやすい特性がありますので、

コーディネイト次第では、与える印象をガラリと変えることも可能です。

自分の身体にフィットした上質なTシャツをさらりと身に付け、大人の男性のスタイリッシュな着こなしを楽しんでみてください。

 

 

関連記事

定番のアイテム「Tシャツ」を夏に上手く着こなすポイント

気楽に着ることができ、また暑い夏でも着やすいことで定番アイテムとなっているTシャツ。 しかし、子供っぽくなってしまったり、汗が目立って清潔感が失われたりと注意する点もあります。 今回は夏のTシャツの着こなし方、注意点、お…

Category 2018/07/04

【2018】原点に返って考える。大人のための高級無地Tシャツとは

  大人の服装というと、仕立ての良いジャケットや良質な革を使った靴や鞄などが着目され、Tシャツというアイテムは消耗品として扱われることが多いです。Tシャツは肌に直接触れるため汚れやすく、また気楽に着られることか…

Category 2018/11/04

夏の定番アイテム。大人が履きたい上品なおすすめサンダルブランド8選

  履いて快適、見た目も涼し気な夏の定番シューズ、サンダルの特集です。 ドレスからカジュアルまで、様々なスタイルの足元にエフォートレスな雰囲気を演出してくれるサンダルですが、 今回はこだわり派大人メンズにおすす…

Category 2018/07/20

【スナップ有り】シンプルファッションという大人の教養について

  「ファッションには2つしかない。ア・ラ・モード(流行の)かデ・モード(時代遅れの)か、だ」。この発言は、はて誰のものだったでしょうか。 たしかにトレンドは大事な要素ですが、ミドルエイジともなれば年相応のきっ…

Category 2019/08/25
back

Popular

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?合わせ方や活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際に着てみると…

Category 2019/03/06

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、需要が大きくなると同時に、活用の幅が広がり、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。 そんな中、本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ…

Category 2018/07/04

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

国産Tシャツを着る意義と、おすすめメーカー3選

  ビジネスのありとあらゆる側面でグローバル化が進む昨今、アジア諸国の台頭もあって、電化製品や車など様々な製品における「MADE IN JAPAN」のブランド力は昔ほどの勢いは無いように伺えます。 そんな時代だ…

Category 2018/11/21

【大人が惚れる】シンプルを極めるブランド「AURALEE」とは

オーラリーは、岩井良太さんというデザイナーが世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で『自分たちが本当に良いと思う素材を追求する』と言うコンセプトをもとに、2015年の春夏シーズンからスタートさせたドメスティック(国内…

Category 2018/09/18

Tag