fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

スエードスニーカーとは?夏に履いても良い?着こなしのポイントとおすすめコーデを徹底解説

Category 2021/12/14

スエードスニーカーとは、その名の通り「スエード素材」が使用されたスニーカーのこと。

アッパー部分にスエードを使用することで、柔らかで温かみのある印象を与えます。

スエードスニーカーはオールシーズン着用できるものの、その独特な表情から、秋冬シーズンには特におすすめ。季節感を楽しめる点は、キャンバス地やメッシュ素材にはない、スエードならではの魅力です。スエードの毛足の長さで、着用する時期を使いわけるのも良いでしょう。

 

また、スエードスニーカーには、耐久性が高くお手入れしやすいというメリットも。

そもそもスエードとは、革の裏側をサンドペーパーなどで起毛させた素材で、毛羽立たせた面を表地として仕上げています。この毛羽立った表面が水を弾きやすい性質を持ち、悪天候での着用も可能にするのですね。あらかじめ防水スプレーをかけておくことで、よりその効果が得られやすくなります。普段のお手入れはブラシをかけるだけでOK。簡単なお手入れでキレイな状態をキープできるスエードスニーカーは、デイリー使いに最適なアイテムでしょう。

スエードスニーカーのおすすめブランド

PUMA

https://wear.jp/

PUMA(プーマ)の顔とも言えるアイコンモデルの「スウェード」は、1968年に誕生したモデル。

1980年代には有名アーティストたちが愛用したことをきっかけに、ヒップホップカルチャーやスケートシーンなどからも注目を集めました。以降グローバルなアイテムとなり、40年以上も世界中から愛され続けている名品です。

その最大の特徴は、パンツの太さやデザインを選ばない、汎用性の高いルックス。

天然皮革のスエード素材が高級感を演出し、キレイめスタイルにもハマる上品な足元に。

同ブランドの1番人気のスニーカーです。

adidas

https://wear.jp/

80年代を代表するアイコニックなシューズ「CAMPUS」が、復刻版として登場。

バスケットシューズとして誕生して以降、ニューヨークの伝説的HIP-HOPグループが着用したことをきっかけに、人気を博したモデルです。

ビッグスキンのスウェードアッパーは、シンプルながらも存在感を主張し、あらゆるファッションのアクセントに。

同ブランドの定番モデル、スタンスミスやオールスターに似た雰囲気を持ちながらも、よりシンプルに仕上げたルックスは、大人の足元にもハマります。

 

また、CAMPUSはデザイン性だけでなく、機能面でも高評価。スエード素材ならではの柔らかな履き心地と高いサポート力で、ストリートからスポーツまで、幅広いシーンで着用可能です。

ニューバランス

https://wear.jp/

1990年にリリースされた「Ⅿ997」。

スエード生地とナイロンメッシュを組み合わせたデザインが、ニューバランスらしい仕上がりです。

ミッドソールには、C-CAPやENCAP構造の一体成型のミッドソールユニットを採用し、履き心地を追及。

前年に登場したM1500と同様、高次元のテクノロジーが盛り込まれています。

2019年にはアジアで生産されたCM997が登場したことにより、低コストでの流通が実現し、さらに多くの支持を集めることに。優しいグレーカラーが、スエードの持つソフトな質感と相まって、柔らかな印象を演出します。

コンバース

https://wear.jp/

バドミントンプレーヤーの名を受け継いで誕生した「ジャックパーセル」。

1935年の発売当初から、プロスポーツ選手を中心に人気を集めた名作です。

その後はストリートにも普及し、コンバースの定番といわれるほどに成長。レザーモデルやデザイナーとのコラボレーションモデルなど、多種多様なルックスで登場しています。

今回ピックアップするのは、モカシンをモチーフとしたスエードタイプ。

かかとやパイピングのステッチ、アウトソールのガムカラーなど、モカシンのディテールが随所に見られます。

ジャックパーセルの特徴的なデザイン、「スマイル」と「ヒゲ」はそのままに、落ち着いた大人の雰囲気が漂うモデルです。

VANS

https://wear.jp/

1977年に誕生したOLD SKOOL(オールドスクール)は、VANS(ヴァンズ)のクラシックラインを代表するモデル。

ローテクスニーカーとして絶大な人気を誇る名作ですが、同モデルをさらにブラッシュアップして登場したのが、OLD SKOOL DX(オールドスクールデラックス)です。

従来のモデルとの変更点は、アッパーにタフスエードを採用した点と、低反発素材のインソールを搭載した点。

これにより、耐久性や吸湿速乾性に優れたスニーカーが実現しました。

サイドのラインやクラシックな雰囲気は継承しているので、ストリートからアメカジにまでハマる使い勝手のよさも健在です。

スエードスニーカーのおすすめコーディネート

セットアップ×スエードスニーカー

https://wear.jp/

シンプルなセットアップに、グレーのスエードスニーカーをON。重くなりがちなダークトーンの着こなしを、スニーカーのソフトな表情が中和しています。

インナーにはTシャツをチョイスして、肩の力が入りすぎない適度なバランスに。きちんとした印象の中に軽快さを感じさせる、きれいめコーディネートです。

コントラストを効かせた秋コーデ

https://wear.jp/

Tシャツ×カーディガンで作る休日スタイル。全身をベーシックな色味で統一しつつ、Tシャツにはカラーアイテムを一点投入。

重くなりがちな秋ファッションに、鮮やかなコントラストを生み出しています。カーディガンとリンクさせたグレーのスニーカーで、一体感のあるスタイリングに。

イージーパンツでラフな着こなしに

https://wear.jp/

スエードスニーカーは、イージーパンツなどのラフなアイテムとも相性抜群。スエード素材がもつ上品な雰囲気が、カジュアルに寄りすぎない印象に仕上げてくれます。

トップス、ボトムスともに、ワイド過ぎないジャストなサイズ感もGOOD。コーディネートをワントーンでまとめる日には、素材感で変化を付けるのがおすすめです。

大人のアウトドアコーデ

https://wear.jp/

コーチジャケットを採用した、アウトドア色の強いコーディネート。フーディーやマウンテンパンツを取り入れて、とことんカジュアルに。

トップスの下から覗くTシャツや、チラリと見えるソックスの白が、スタイリングに清潔感をプラスしています。スニーカーのスリーストライプが好アクセント。

優等生コーデ×スエードスニーカー

https://wear.jp/

シャツとパンツを合わせた優等生な足元に、スエードスニーカーを配置。主張しすぎず控えめすぎず、それでいてヴィンテージパンツにも引けを取らないほどの存在感を、発揮しています。

パンツとスニーカーを同系色でまとめることで、脚長効果も期待大。スエードスニーカーは、コーディネートの外しとしてもおすすめです。

大人のストリートファッション

https://wear.jp/

VANSが似合うストリートファッション。スウェットとデニムで作る秋冬コーデには、スエードスニーカーがハマります。

オールドスクールのシンプルなルックスは、ワイドシルエットのパンツとも好相性。ソフトなカラーで統一した着こなしに、スニーカーの黒が映えています。

秋カラーのスウェットとスエードスニーカーをあわせて

https://wear.jp/

ゆったりとしたサイズ感のスウェットに、細身のパンツを合わせたコーディネート。全身のシルエットをYラインにまとめることで、カジュアルなアイテムの合わせも、大人っぽいニュアンスに。

スウェットの裾から覗くTシャツや無造作に垂らしたベルトが、スタイリングに立体感をプラスしています。足元のラインソックスも、さわやかさが感じられて好印象。

まとめ

特に秋冬に履いてほしいスエードスニーカー。防寒優先になりがちな冬のファッションに、季節感を簡単に取り入れられるので、一足持っているだけで、一気に冬にお洒落しやすくなりますよ。

値段もお手頃ですし、手入れも簡単なので、一度はチャレンジしてみてほしいスニーカーです。

関連記事

夏の定番アイテム。大人が履きたい上品なおすすめサンダルブランド8選

  履いて快適、見た目も涼し気な夏の定番シューズ、サンダルの特集です。 ドレスからカジュアルまで、様々なスタイルの足元にエフォートレスな雰囲気を演出してくれるサンダルですが、 今回はこだわり派大人メンズにおすす…

Category 2018/07/20

メンズの白パーカーのおすすめブランドとコーディネート10選

カジュアルなパーカーも白だとクリーンに着こなせるため、大人っぽく見えるのがいいですよね。最近は高品質なコットンを使ったパーカーも数多く存在します。 今回はアルケー読者の方に向けて、大人っぽい白 パーカーのコーディネートや…

Category 2021/07/11

ゆったりシルエットで頼りがいのある大人を演出。オーバーサイズTシャツの魅力とは?

Tシャツ選びの基準といえば、色、デザイン(無地も含む)、厚みなど様々ありますが、アルケーとしては“サイズ”にもこだわっていただきたいと考えています。 過去、“ピチT”が流行りました。今でこそピチTというと、揶揄される対象…

Category 2021/05/06

ニットブランドの最高峰クルチアーニ。お洒落な大人を魅了するそのワケとは。

本格ニットブランドの一角として名高い『クルチアーニ』。 クルチアーニのニットは、”一度袖を通せば誰もがトリコになってしまう”と世界中で称される逸品です。 今回は、お洒落な大人たちから愛されるクルチ…

Category 2021/11/22
back

Popular

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

【着丈で選ぶTシャツ】着丈の違いから生まれる印象の違いやコーディネート例をご紹介

皆さんはTシャツの着丈を意識されことがありますか。 デザインや色で選ぶことは多くても、着丈を軸に選ばれることは少ないのではないでしょうか。 着丈は着ている本人はあまり意識していなくても、客観的に見ると僅かな丈の長さの違い…

Category 2019/10/19

Tag