fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

大人メンズのストレートデニムのコーデ20選

Category 2021/09/29

 

メンズファッションの定番アイテム「ストレートデニム」。年齢や体型を問わず着用できるアイテムだからこそ、着こなしに差が生まれます。

昨今流行りのリラックス感のあるゆるいコーディネートから、THE シンプルなジャストサイズのコーディネート、色で遊んだものまで、幅広くご紹介いたします。

ストレートデニムのコーデ20選

リーバイス×コンバース

https://wear.jp/

リーバイス501のストレートデニムで決めた、ラフな休日ファッション。

ライトブルーのアイテムでさわやかさを演出しています。

足元にはハイカットのコンバースを合わせてアメカジテイストに。

デニムの裾をロールアップしてバランスを整えるのが、お洒落に着こなすコツ。

プレーンかつシャープな着こなし

https://wear.jp/

ロンTとストレートデニムで作る、ごくプレーンな着こなし。

長めに垂らしたベルトがアクセントとなり、単調な印象を回避しています。

控えめにロールアップした足元が今っぽく、ローテクスニーカーとの相性も抜群。

シンプルなアイテムで作るコーディネートは、色のコントラストでメリハリをつけるのがおすすめです。

Vラインシルエットでモードな雰囲気に

https://wear.jp/

こちらも幅が狭めのロールアップで、足元にアクセントをつけた着こなし。

ストレートデニムはバンドカラーシャツやドレスシューズなどのキレイめアイテムとも馴染みやすく、落ち着いたムードに仕上がります。

シャツのカラーで季節感を演出しつつ、チラリと覗く白ソックスで清潔感もプラス。

全体をVラインシルエットにまとめて、どこかモードな雰囲気に。

パーカー×デニム×ステンカラーコート

https://wear.jp/

パーカー×ストレートデニムのラフな着こなしに、ステンカラーコートを投入。

サラッと羽織るだけで、知的さを感じさせるスタイリングが完成します。

足元には赤のコンバースをチョイスして、コーディネートのスパイスに。

一見取り入れるのが難しそうなカラーアイテムは、足元に配置するのがおすすめです。

デニムオンデニムでセットアップ風に

https://wear.jp/

シャツ、パンツともにデニムでまとめた統一感のあるコーディネート。

深いブルーのアイテムをチョイスすることで、どこかシックな雰囲気が漂います。

インナーにはデニムに映えるイエローをもってきて、遊び心を演出。

セットアップ風の着こなしで、いまっぽくキメたスタイリングです。

ストレートデニム×ストリートカジュアル

https://wear.jp/

ストレートデニムは、ニットなどのシンプルなアイテムとも好相性。

全体にゆったりとしたシルエットがトレンドともマッチして、こなれた印象を与えています。

小物にはキャップやミニバッグを取り入れて、ストリート寄りのスタイルに。

幼い印象になりがちなスタイリングは、落ち着いたトーンでまとめるのが、お洒落に着こなすポイントです。

上品な大人カジュアル

https://wear.jp/

ライトブルーのデニムが主役のコーディネート。

ほかのアイテムをモノトーンで統一することで、よりデニムの存在感を強調しています。

トップスはシャツのボタンを上まで留めてきちんとした印象に。

足元にはブーツを投入して、上品な大人カジュアルスタイルに仕上げています。

ジャケットとパンツをデニムで統一

https://wear.jp/

ブラックに近いカラーのデニムは、スマートさが魅力のアイテム。

トップスにラフなアイテムをもってきても、どこかキレイめなスタイリングが完成します。

ジャケットはトーン違いのデニムジャケットをチョイスして、奥行きのある着こなしに。

Tシャツとのレイヤードや無造作にまくった袖で、大人の抜け感を演出しています。

ステンカラーコート×ストレートデニム

https://wear.jp/

ステンカラーコートとパーカーのレイヤードが特徴的な着こなし。

防寒対策をしっかりしつつ、明るめのトーンで軽快な印象に仕上げています。

デニムとコートのシルエットを活かして、Iラインにまとめるのがスッキリとしたスタイリングのコツ。

ローテクスニーカーやキャップを取り入れて、古着っぽいニュアンスに。

大きめなストレートデニムで男らしく

https://wear.jp/

長袖のポロシャツと合わせたシンプルなコーディネート。

リーバイス502を大きめに穿いて、男らしい表情に。

足元にはドレスシューズを投入することで、品の良さもプラスしています。

ワイドなシルエットのボトムスにタイトなトップスをもってくるのが、バランスの良いスタイリングのポイントです。

細身のシルエットでハンサムな雰囲気に

https://wear.jp/

細身なシルエットのストレートデニムは、キレイめな着こなしにハマります。

ニット×シャツで作る王道のレイヤードスタイルにロールアップしたストレートデニムを合わせて、ハンサムな雰囲気に。

シャツとソックスの白がコーディネートを引き締めています。

コートを羽織る場合には、着ぶくれしないアイテム選びがマストです。

ブラウンデニムで季節感を取り入れて

https://wear.jp/

ブラウンのストレートデニムを取り入れると、一気に秋冬らしい表情に。

アウターのモコモコ素材と相まって、見た目にも暖かいスタイリングです。

足元はシンプルなローテクスニーカーで抜け感を演出。

全体的にややゆとりのあるシルエットで、いまっぽく仕上げています。

ショップコート×ストレートデニム

https://wear.jp/

ショップコート特有のラフなムードを活かした大人カジュアルスタイル。

それぞれのアイテムをジャストなサイズ感で着るのが、デニムオンデニムでも野暮ったく見せないコツ。

大胆にロールアップしたデニムとシャツのストライプ柄で、遊び心のある着こなしに。

外しとして投入したスニーカーからは、こなれた雰囲気が漂います。

シンプルイズベストな着こなし

https://wear.jp/

セーター×ストレートデニムのシンプルなコーディネート。

プレーンな着こなしだからこそシルエットへのこだわりが光ります。

セーターのカラーには深みのあるグリーンをチョイスして、シックな雰囲気に。

余計な装飾を排除した大人かっこいいスタイリングです。

ストレートデニムで作るアイビールック

https://wear.jp/

ストレートデニムは、アイビールックとも相性抜群。

上半身は白シャツとネクタイでカッチリと決め、ボトムスにもってきたデニムでカジュアルダウン。

ライン入りのベルトがアクセントとなり、アイビーの雰囲気をより強調しています。

デニムの裾はロールアップして、すっきりとした足元を演出するのがポイント。

大人カジュアルファッション

https://wear.jp/

ストレートデニム×Tシャツのラフな合わせに綿ジャケットを羽織った、大人カジュアルファッション。

細めのデニムをチョイスして、キレイめな印象に仕上げています。

ボリューム感のあるビルケンシュトックのサンダルともマッチして、バランスのとれた着こなしに。

ホワイトデニムでクリーンな印象に

https://wear.jp/

トレンチコートのミリタリーな雰囲気をホワイトデニムで中和して、クリーンな印象に。

重くなりがちなコートスタイルも、明るいカラーのアイテムを取り入れることで、軽やかに着こなせます。

足元にはローテクスニーカーを配置して抜け感を出すのが、気取りすぎないコーディネートのコツ。

秋らしい季節感とさわやかさが魅力のスタイリングです。

モノトーンスタイル

https://wear.jp/

ジャケットやカットソー、ソックスやシューズにいたるまで、デニム以外のすべてのアイテムをモノトーンで統一したスタイリング。

コーディネートの主役となるデニムには、インディゴのアイテムをチョイスして、シックな着こなしに。

ハイネックのカットソー×ジャケット、ロールアップしたデニム×白ソックスなど、レイヤードの技が随所に光っています。

ダメージ加工デニムと、きれいめニットの組み合わせ

https://wear.jp/

ダメージ加工のストレートデニムは、男らしい雰囲気を出したいときに最適。

ワードローブに1枚あると重宝するアイテムです。

トップスにはニットを合わせることで、キレイめな印象を残しつつ、着崩すことができます。

ボリュームのあるスニーカーとも好相性。

ロールアップとハットでアクセントをつけて

https://wear.jp/

ニット×ストレートデニムのシンプルな着こなしには、ワイド幅のロールアップでアクセントをつけるのもアリ。

足元の存在感が強くなるので、よりワイルドな印象に仕上がります。

ハットでオールドスクールのエッセンスをプラスした、大人に似合うストリートファッションです。

 

関連記事

ゆったりシルエットで頼りがいのある大人を演出。オーバーサイズTシャツの魅力とは?

Tシャツ選びの基準といえば、色、デザイン(無地も含む)、厚みなど様々ありますが、アルケーとしては“サイズ”にもこだわっていただきたいと考えています。 過去、“ピチT”が流行りました。今でこそピチTというと、揶揄される対象…

Category 2021/05/06

シンプルなフォルムが魅力、アディダスのガゼルとは?

  屋内用のトレーニングシューズとして、1968年に誕生したadidasの「ガゼル」。 トップアスリートたちのトレーニングシューズを原型とし、シーンを選ばずに使える万能性の高さが特徴のモデルです。  …

Category 2021/10/22

スマートでしかも楽々。気分を上げるリモートワークファッションとは?

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、仕事がテレワーク、リモートワークに切り替わった方も少なくないのではないでしょうか。感染リスクを減らすのに有効なリモートワークですが、ずっと自宅にいて仕事をしていると、24時間働いてい…

Category 2021/03/16

【着丈で選ぶTシャツ】着丈の違いから生まれる印象の違いやコーディネート例をご紹介

皆さんはTシャツの着丈を意識されことがありますか。 デザインや色で選ぶことは多くても、着丈を軸に選ばれることは少ないのではないでしょうか。 着丈は着ている本人はあまり意識していなくても、客観的に見ると僅かな丈の長さの違い…

Category 2019/10/19
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

【リジットデニム / 生デニム 】有名産地や洗濯方法、履き方・育て方、おすすめブランドなど一挙まとめてご紹介!

  リジットデニム (生デニム)とは? リジットデニムをご存知ですか?   リジットデニムは、生デニムとも呼ばれますが、 “水洗いを含めて加工が施されていないデニム” を「リジットデニム」と称します。…

Category 2020/03/06

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

Tag