fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

大人のシャツに求めるのは素材とサイジング。オススメのシャツメーカー6選

Category 2020/04/12

貴方はシャツを何枚持っていますか?

 

調査によると、ビジネスマンのワイシャツの所有枚数は平均で6枚ほど、もしくは10枚前後という人が多いようで、正直「多いな」と驚きました。

というのも、筆者はリモートワークのため、シャツの着用シーンは少ないからです。

 

ビジネスカジュアルが浸透したとはいえ、ノーネクタイやジャケットの着用が必須でなくなってもシャツの出番は多いですから、シャツを数多く所持する、というのは一般的なのでしょう。

 

30代以上の男性ともなれば、役割や立場も変わってくるでしょうから、相応のシャツを取り揃えておきたいものです。本稿では、30代以上の男性に相応しい品のあるシャツについて、選び方とともにご紹介いたします。

 

シャツを選ぶ時のポイント

良質な素材

シャツ

https://www.pinterest.jp/

シャツの表情を決めるのはやはり素材です。特に高級なコットンを使用したシャツは上品な光沢を備え、シルキーな生地感が特徴です。滑らかな肌触りにもうっとりすることでしょう。

清潔なことはもちろん、エレガントな表情がビジネスシーンに限らずフォーマルシーンにも取り入れられ大変重宝します。

 

 

サイジング

シャツ

https://www.pinterest.jp/

シャツは服の中でも体型を隠さない衣類ですから、サイジングの重要度がとても高い。

ボタンを上まで留め、袖口のカフスボタンも留めた状態で苦しくないか?ひっぱったようなシワが入っていないか?丈は長すぎず、短すぎないか?といった基本的なポイントは抑えておきたいものです。

 

また、ビジネス利用だと注意しておきたいのが、猫背気味の方に見られるのがシャツの後ろ身頃のつれです。前肩気味になると背中が丸くなってしまうため、細身シルエットのシャツは窮屈に感じやすくなります。

その場合は、後ろにサイドプリーツやセンタープリ―ツの入っているデザインを選ぶとゆとりが出て身体も動かしやすく、きれいなシルエットを保つことができます。

自身にあったサイジング、かつ、見た目にも良く、着心地がいい、というのが理想的と言えるでしょう。

シャツ

http://www.brooksbrothers.co.jp/

 

上述した点を抑えたシャツブランドの中から、カジュアル系シャツとビジネスシャツに分け、いくつかブランドをピックアップしました。順番にご紹介していきましょう。

 

 

ビジネス向けシャツブランド

Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)

ブルックスブラザーズ

http://www.brooksbrothers.co.jp/

ブルックスブラザーズは1818年にアメリカ初の既製服メーカーとして創業しました。創業時からたちまち話題となり、アメリカの歴代大統領からポップスターやハリウッドスター、世界中の有名人が顧客リストに名を連ねるブランドとして知られています。最高品質を求め、創立200年を超えてなお、伝統に新たな息吹をもたらすアメリカンクラシックスタイルを追求しています。

ブルックスブラザーズがこれまでに誕生させた革新的な商品の数々は今も世界中の人々に愛用されており、その代表的なアイテムの一つがボタンダウンシャツです。今やアメリカンクラシックの永遠のスタンダードナンバーとされるこのシャツを誕生させたのはブルックスブラザーズなのです。

ポップアートの天才、アンディ・ウォーホールは広告制作で得た初めての報酬で白いボタンダウンシャツを100枚買ったというストーリーは消えることなく語られています。

 

ブルックスブラザーズ

http://www.brooksbrothers.co.jp/

Golden Fleeceコットンドビー ダブルストライプドレスシャツ(100/2×100/2)綿100% ¥31,900(税込)

 

トーマスメイソン社のイタリア製のドビー織りストライプコットンを使用し、アメリカの工場で縫製された高級感溢れるボタンダウンシャツ。同ブランドの最高峰のカプセルコレクションである「Golden Fleece」ラインのもので最高のクオリティとデザイン、機能性を実現した一枚。タイムレスながらもモダンな表情を併せ持ち、身に付ける人を紳士的な雰囲気にしてくれる極上のシャツです。

 

 

BARBA(バルバ)

バルバ

https://www.barbanapoli.shop

ロイヤルオックスフォード ワイドカラーシャツ 綿100% \31,900(税込)

 

バルバは1964年にイタリアのナポリでアントニオ・バルバ氏によって創業したブランドです。職人によるカッティングや芯地の据え付け、1つ1つ手縫いによる縫製などの高い技術、美しさと耐久性を同時に実現したシャツはマスターピースと言われるほど。今や、誰もが知るイタリアを代表するシャツブランドとして世界中に知られています。バルバのハンドメイドシャツの特徴は袖付けにあるとされ、柔らかく非常に甘く縫うことでニット生地のように体の動きについてくると言われます。

また、細身に見せる洗練されたシャツシルエットがバルバの特徴で、バックシルエットにもセクシーさを感じさせるのはイタリアブランドならでは。細身ながら非常に動きやすいため、“一度バルバのシャツを着ると他のシャツが着れない”と言う人が多いのも納得です。

バルバ

https://www.barbanapoli.shop

種類豊富なバルバのシャツコレクションの中からご紹介するのは、美しい光沢を放つロイヤルオックスフォード地のドレスシャツ。バルバを代表するアイコニックなワイドカラー「BRUNO(ブルーノ)」をベースに、台襟を低く襟先を小さく調整しアップロードしたもの。ネクタイの収まりが良く、ビジネスシーンに適したおススメの一枚です。

 

 

TURNBULL&ASSER(ターンブル&アッサー)

TURNBULL&ASSER

https://therakejapan.com/

ターンブル&アッサーは1885年に2人のシャツ職人によりイギリス・ロンドンのジャーミンストリートで創業された130年以上の歴史を誇る老舗ブランドです。モノトーンであった英国紳士ファッションにストライプや鮮やかなカラーのシャツを取り入れた立役者として20世紀のメンズファッションにおけるシャツの歴史を築いたことで知られます。

伝統により育まれた職人技と紳士の品格が宿ったアイテムは英国王室をはじめ、世界各国の著名人が顧客リストに名を連ねています。また、映画「007」の初代ショーン・コネリーからダニエル・グレイグまでの歴代6人のジェームズ・ボンドが劇中で着用したのはターンブル&アッサーのシャツで、世界中に名を広めることになりました。

TURNBULL&ASSER

https://turnbullandasser.eu/

3ボタン シングルカフスドレスシャツ 綿100% \36,300(税込)

ターンブル&アッサーのシャツの最大の特徴は「ターンブルカット」と呼ばれる襟の独特の形状です。襟先から剣先にかけるゆるやかなS字ラインでジャケットを着用した時にラペル部分から襟が飛び出すのを防ぎ、ノーネクタイでも襟の形を保つことが出来る工夫がされています。

 

TURNBULL&ASSER

https://turnbullandasser.eu/

さらに、3連ボタンのシングルカフスもこのブランドを語る上で欠かせないポイントです。本場英国では3連の真ん中のボタン一つだけを留める着こなしが推奨されているとか。そして、袖口にタックを入れているデザインが多い中、ターンブル&アッサーはギャザーを採用したディティールも展開し、英国シャツの繊細なエレガントさを醸し出しています。ノーネクタイでもスタイリッシュに着こなせるシャツは重宝することでしょう。

 

 

カジュアルシャツブランド

COMOLI(コモリ)

COMOLI

https://www.comoli.jp/

レーヨンオープンカラーシャツ/レーヨン100% \37,400(税込)

 

コモリは2011年に小森啓二郎氏がスタートした日本のブランドです。日本人の体型にあった上質でシンプルな日常着を展開し、“コモリスタイル”と呼ばれるタイムレスなアイテムで構成される大人のリアルクローズです。

私もファンで、今年はコモリシャツ、2枚購入しました。

 

ベーシックかつ大人の余裕を感じさせるシルエットや素材の表情がたまりません。

1枚持っておくだけでクラスがあがるシャツの傑作と言えるでしょう。

 

 

AURALEE(オーラリー)

オーラリー

https://thirtythirty-store.com/

ウォッシュド フィンクスツイルストライプシャツ 綿100% \30,800(税込)

 

オーラリーは2015年春夏よりスタートした日本のブランドです。素材作りからがデザインと考え、高い技術に裏打ちされた日本屈指の生産背景で作り込んだ素材を使用したコレクションを展開。毎日着ることに適した上質で軽さを感じるモノ作りを大切にしていて、素材のことに詳しくない方でもオーラリーのアイテムに触れればその品質の良さ、日々の取扱いのしやすさに感激するそうです。

オーラリーのシャツからピックアップしたのはエジプト超長綿である“スフィンクスコットン”を極細番手に紡績し、しっかりと高密度に織り上げたツイル素材。特殊な加工を繰り返し施す事でシルクのようなしなやかな肌触りと上品な光沢、落ち感が特徴のシャツを実現させています。洗いざしのような自然な風合いで大人が着る上品なカジュアルシャツに仕上がっています。

 

 

E.TAUTZ(イートウツ)

E.TAUTZ

https://store.hpplus.jp/

CORE COLLARLESS LINEMAN SHIRTS 綿100% \38,500(税込)

 

イートウツは1867年にイギリス/ロンドンのオックスフォード通りにてエドワード・トウツが創業した老舗ブランド。英国王エドワード4世や著名アスリートのテーラーとしてキャリアを積んだ同氏の最高峰の技術による仕立てを貫き、現在はパトリック・グラントの指揮で展開されています。メイドインUKにこだわったタイムレスなアイテムが人気です。

老舗ブランドが生み出すトレンディなオーバーサイズシャツは品の良さを隠せない仕上がりで、発売と同時に大きな反響を呼びました。

極上の肌触りのコットンシャツはブランドのアイコンでもある長方形の大きなポケットがポイントになったもの。マオカラー風の細いスタンドカラーは大人のこなれ感があり他の人と被らない個性も魅力的。これまでスタンドカラーにトライしたことがない人にも試して欲しい上品な仕上がりです。ドロップショルダーのリラクシーな着心地も病みつきになるほどと言われています。

E.TAUTZ

https://store.hpplus.jp/

ウエストインしたスタイリングではきれいめなイメージになり、同じシャツとは思い出せないほど。1枚持っていると様々な着こなしが楽しめるシャツです。

 

 

 

本稿では、30代以上の男性に相応しい、品のある美しいシャツにフォーカスしご紹介してきました。

クラス感のある大人の装いを表現するには上質な素材、自身の体型にあったシャツを選ぶことが必須です。

 

当記事が読者のみなさまのシャツ選びのヒントになれば幸いです。

関連記事

見た目良し。履き心地良し。太ももが太いメンズに人におすすめしたいボトムス3選。

男性のボトムス選びに影響を与える”太ももの太さ問題”。 過去にハードなスポーツをしていた、あるいは体質的に筋肉が付きやすい”筋肉質タイプ”。 骨格そのものが太く下半身に肉が付きやすい”骨太タイプ”。 全体的にふくよかで太…

Category 2021/09/17

ダッドスニーカーが流行った理由と、美しいスニーカー6選

Balenciaga の Triple S で人気に火がついたダッドスニーカー。   ぽってりした野暮ったさから”お父さんが履いてそう”なスニーカーとの言われようでしたが、2017年ごろからダッドスニーカーが大…

Category 2020/04/15

大人メンズのジムウェア選び!おしゃれ見えするコーディネートのポイントとは

ここ数年、日本では”筋トレ”ブームが続いています。テレビをつければジムのCMが流れ、コンビニで売られるサラダチキンは社会現象にまでなりました。 これまでいわゆる“マッチョ”を目指す人達が通う場所というイメージの強かった“…

Category 2021/08/29

【実は簡単】レイヤードの方法と、おすすめコーディネート15選【メンズ】

レイヤードとは レイヤードとは「層をなした」「積み重ねる」という意味で、ファッションでは重ね着のことを指します。コーディネートに奥行が生まれるレイヤードスタイルは、簡単にこなれ感が演出できるため、積極的に取り入れたいテク…

Category 2021/09/29
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

【リジットデニム / 生デニム 】有名産地や洗濯方法、履き方・育て方、おすすめブランドなど一挙まとめてご紹介!

  リジットデニム (生デニム)とは? リジットデニムをご存知ですか?   リジットデニムは、生デニムとも呼ばれますが、 “水洗いを含めて加工が施されていないデニム” を「リジットデニム」と称します。…

Category 2020/03/06

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

Tag