fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

【メンズ】一足は持っておきたい大人のレインシューズ

Category 2021/10/22

 

レインシューズと聞くと、子どものころに履いたような長靴を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?しかし昨今では、昔ながらの長靴とは異なる、お洒落で高機能なレインシューズが多数登場しています。

 

そこで今回は、大人の男性にこそおすすめしたいレインシューズを厳選。

おすすめのコーディネートと併せてご紹介します。

おすすめのレインシューズ

フォックスアンブレラ

https://wear.jp/

最初にご紹介するのは、イギリスの傘ブランド「フォックスアンブレラ」のサイドゴアレインブーツ。

天然ゴムのみを使用し、防水性・耐久性に優れた1足です。

1点1点ハンドメイドで製造されており、悪天候の日のスタイリングに、エレガントさをプラスしてくれます。

その防水性の高さから、雨だけでなく、雪への対策にも最適。

 

コーディネートに取り入れやすいシンプルなデザインながらも、かかとに入ったブランド名のロゴマークがアクセントとなり、個性を発揮しています。

脱ぎ履きのしやすさも人気の秘訣。

トラディショナル ウェザーウェア

https://wear.jp/

次にご紹介するのも、イギリス発祥のブランド。

アウターウェアブランド「MACKINTOSH」がプロデュースするカジュアルライン「トラディショナル ウェザーウェア」です。

その名の通り雨風から身を守るためのアイテムを展開しており、レインコートや雨傘、レインシューズを中心にラインナップ。

 

細身でプレーンなルックスのサイドゴアブーツは1足持っていると重宝すること間違いなしです。

白地のプルストラップには「TWW」のロゴが入り、さりげないアクセントに。

MACKINTOSH PHILOSOPHY

https://wear.jp/

トラディショナル ウェザーウェアと同じく、「MACKINTOSH」のセカンドラインとして誕生したのが「MACKINTOSHPHILOSOPHY」です。

MACKINTOSHの上質なモノづくり精神と美意識を継承し、トータルコレクションを展開。

 

ブランド待望のレインシューズは、「ビジネス+全天候型シューズ」として、スーツスタイルにもマッチするデザインで登場しました。

もちろんジャケパンやジーンズスタイルとの相性もGOOD。

取り入れやすいラウンドトゥと厚めのソールが特徴です。

HUNTER

https://wear.jp/

レインシューズを語るには、「HUNTER」も外せません。

レインブーツの定番ともいえる王道ブランドで、老若男女を問わず人気を集めています。

正面にブランドロゴがあしらわれており、カジュアルな服装におすすめ。

機能面では耐久性や履きやすさに加え、ジグザグのテクニカルカレンダーソールで高いグリップ力を発揮します。

 

ショート丈からロング丈、スノーブーツやローファーまで、幅広い商品展開が魅力。

紫外線にも強いため、ゴムの劣化を気にすることなく、長い期間で愛用できるのも大きなメリットです。

RAINFUBS

https://wear.jp/

最後にご紹介するのは、日本生まれのレインシューズブランド「RAINFUBS」です。

2014年にスタートした比較的新しいブランドで、「適応」「洗練」「心地よさ」を意識した製品作りにこだわっています。

ブランド名には「足元から快適に過ごしてほしい」という願いがこめられ、雨も晴れも楽しみたい人に向けて、さまざまなタイプのレインシューズを展開。

 

特に今回ピックアップしたモデル「GRAIN」は、レインシューズに見えないデザインなので、天候に関わらず着用できます。

また、一見革靴のように見えるため、ビジネスやデート、はたまたカジュアルなシーンにまで、幅広く活躍すること間違いなしです。

おすすめのレインシューズコーデ

くすみカラーの引き締め役に

https://wear.jp/

オーバーサイズのシャツとゆとりのあるパンツで、いまっぽいシルエットに仕上げたコーディネート。

足元にはトラディショナル ウェザーウェアのサイドゴアレインブーツを配置して、上品なムードを演出しています。

スリムでシンプルなブーツが、スタイリングの引き締め役に。

くすみカラーのアイテムとも相性抜群です。

ビジネスシーンにも応用可能

https://wear.jp/

こちらはトラディショナル ウェザーウェアのローファー型のレインシューズを取り入れたコーディネート。

いつもの革靴をレインシューズに変えるだけで、王道のジャケパンスタイルが雨の日仕様にグレードアップ。

一見レインシューズには見えないスタイリッシュなルックスで、ビジネスシーンにも馴染みます。

きれいめコーデ×レインシューズ

https://wear.jp/

デッキシューズ型のレインシューズなら、シックなファッションとも好相性。

こちらもトラディショナル ウェザーウェアらしい、伝統的なデザインのアイテムです。

品のある表情で、ニット×スラックスのきれいめコーデにマッチ。

雨の日はもちろん、晴れでも履ける汎用性の高さが、ブーツタイプのレインシューズにはない魅力です。

ワイドなシルエットでストリートテイストに

https://wear.jp/

同じデッキシューズ型のアイテムでも、着こなしによって大きく雰囲気が変わります。

こちらはワイドシルエットのトラウザーパンツを合わせ、いまっぽいテイストに仕上げたコーディネート。

ジャケットやシューズできちんと感を演出しつつ、全体のバランスをとっています。

絶妙なサイズ感で、ストリートっぽいテイストに。

ダークトーンでまとめて

https://wear.jp/

シンプルなデザインのレインブーツなら、ダークトーンでまとめたスタイリングにも、違和感なくハマります。

RAINFUBSのシューズは、日本人の足の形に合わせて作られており、履き心地の良さはピカイチ。

自然とスタイルアップして見えるので、オンでもオフでもスマートなコーディネートが完成します。

クラシックな大人カジュアルコーデ

https://wear.jp/

こちらはRAINFUBSのドレスシューズ型のアイテムを取り入れて、どこかレトロな雰囲気に。

デニムとの相性もよく、クラシックかつ大人カジュアルなスタイルに仕上げています。

一見本革のように見える素材感が、ワンランク上の着こなしを実現。

完全防水の機能をもちながらも、天候を問わずに着用可能な万能シューズです。

デニム×レインシューズ

https://wear.jp/

半袖シャツ×デニムで作ったラフなコーディネートに、MACKINTOSHPHILOSOPHYのレインシューズをON。

ローファー型かつブルーの色合いが特徴のシューズは、濃いめのデニムとの相性抜群。

アンクル丈のデニムと合わせることで、抜け感を演出しています。

HUNTERブーツでカジュアルに

https://wear.jp/

HUNTERのアイコニックなブーツを取り入れたカジュアルコーデ。

ショート丈のブーツはどんなパンツにも合わせやすく、軽快に履きこなせるのがメリットです。

同系色のパンツ×ブーツで、脚長効果も期待大。

正面にあしらわれたブランドロゴがアクセントとして、個性を発揮しています。

ダメージデニムでワイルドな印象に

https://wear.jp/

こちらも同じくHUNTERのブーツを使ったコーディネート。

ダメージデニムと合わせることでブーツの無骨な雰囲気が強調され、男らしくワイルドな着こなしに。

レインブーツは季節を問わず愛用できるのも、大きな魅力の1つです。

ショートパンツ×ロングブーツ

https://wear.jp/

ロング丈のHUNTERブーツは、ハーフパンツとの相性が抜群。

ミリタリーテイストのアイテムを取り入れることで、コーディネートに一体感が生まれます。

シルエットやレイヤードでうまくトレンドをミックスさせると、より都会的な印象になり、タウンユースにもおすすめ。

まとめ

レインシューズ、一足持っておくと便利ですよ。レインシューズそのものが機能的で格好いいというのもありますが、個人的には雨の日にお気に入りの革靴やスニーカーを履いてしまうとテンションが下がるので、それを避けられるというのがメリットとして大きいです。値段も張らないので、検討してみるのはいかがでしょうか。

 

関連記事

快適なのに男前度もアップ。おすすめのビジネススニーカーを厳選

クールビズやウォームビズの一般化で社内の服務規程を見直す会社が増えてきました。ビジネスといえばスーツ×革靴が常識だったのが、オフィスのドレスコード化が浸透してきて、ビジネスカジュアルの勢力が拡大しています。それに伴い、ビ…

Category 2021/02/09

ビジカジと相性抜群なきれいめレザースニーカーの魅力に迫ります

  ビジネスマンの足元に馴染みのある革靴はスーツスタイルを上品に演出し、着こなしを格上げする効果があります。 一方、近年はビジネスのカジュアル化に伴ってスーツにスニーカーを合わせることが一般的になり、社会にも受…

Category 2020/03/28

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

ワイシャツ襟汚れの原因と対策9選:アパレルメーカーが教えます

お気に入りの白シャツ、意外と一日着るだけで黄ばんでしまうことがありますし、1シーズン着用すると購入当初の白さが失われてしまいますよね。不衛生なので周りから見られると不潔と思われるリスクもありますし、何より気に入ったシャツ…

Category 2021/07/01
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

【リジットデニム / 生デニム 】有名産地や洗濯方法、履き方・育て方、おすすめブランドなど一挙まとめてご紹介!

  リジットデニム (生デニム)とは? リジットデニムをご存知ですか?   リジットデニムは、生デニムとも呼ばれますが、 “水洗いを含めて加工が施されていないデニム” を「リジットデニム」と称します。…

Category 2020/03/06

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

Tag