fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

【こだわり重視】大人が着るべき上質なネイビー無地Tシャツのおすすめブランド紹介

Category 2019/04/21

https://www.levi.com/

昨今トレンドである無地のTシャツ。
様々なシルエット、カラー、ブランド、プライスと無数の商品が市場には並んでおり、それ故にどれを選べば良いか悩む人も多いはず。
一見同じように見える無地Tシャツも、少し意識すればシルエット、光沢感、肌触りなどの違いに気が付きます。
特にネイビーのTシャツは、白いTシャツに比べ、「生地感」に違いを見出しやすく、大人であれば慎重にチョイスしたいアイテムです。
本記事では、「ネイビー」「無地」「大人」「上質」といった点にフォーカスし、おすすめのブランドと商品をご紹介します。

ネイビーTシャツの役割と白Tシャツとの違い

https://otokomaeken.com/

定番であるネイビーTシャツですが、白Tシャツに比べて生地感の違いが明確にあらわれる上、落ち着いた印象を与えるカラーなので、大人であれば特に気を使いたいアイテムの一つです。
ネイビーは、白に比べて光の反射の影響を受けやすいため、程よい光沢感があるものを選ぶことがポイントになります。
例えば、安価な生地のネイビーTシャツは、光沢感がなく、埃が付着しやすい上に毛羽立ちや色褪せが目立ちやすいため、貧相な印象になりがちです。一方、高価な生地のネイビーTシャツは、使用する糸に植物性油脂が豊富に含まれているため、ハリ、コシ、ツヤがあり、着る人を上品な印象に仕上げてくれます。

当然、生地の品質が上がれば値段も高くはなってしまいますが、ある程度上質な生地を選ぶことは妥協できません。

 

また、ネイビーというカラーの中でも色の濃いものや薄いもの、色相が赤寄りのものや黄色寄りのものなど様々なものがあります。それぞれが与える印象は異なりますが、「落ち着いた大人らしさ」を重視するなら、少し赤みの入った濃いめのネイビーを選ぶのがおすすめです。

 

(左:赤っぽく濃い色 右:黄色っぽく薄い色)

 

以上の点を押さえつつ、自分好みのアイテムをチョイスすることで、一層落ち着いた上品な大人を演出できるのではないでしょうか。

 

大人が着るべき上質なネイビー無地Tシャツのおすすめブランドと商品6選

SUNSPEL(サンスペル) Q82 PLAIN Tシャツ

https://www.sunspel.jp/

SUNSPEL(サンスペル)は、イギリスを代表する高級下着ブランドです。
150年以上の歴史があるサンスペルは、もともと高級下着店からスタートしたため抜群の肌触りと着心地を実現しており、長年に渡って世界中で親しまれています。
代表的な商品であるQ82 PLAIN Tシャツには、高級な超長綿が100%使用されたサンスペルのオリジナル生地が使われており、上質な植物性の油分が上品な光沢を演出してくれます。
ちなみにQは「Quality」の頭文字だそうで、映画「007 カジノ・ロワイヤル」でジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)がTシャツやポロシャツ着たことでも知られています。
英国を代表する不朽の老舗メーカーです。

 

【素材】綿100%
【価格】11,000円前後
【製造国】イングランド
【カラー】ネイビー、ブラック、チャコールグレー、ライトグレー、ホワイト
【見た目】ベーシック、ナチュラル、光沢感、上質感
【公式サイト】https://www.sunspel.jp/home

 

handvaerk(ハンドバーク) クルーネックTシャツ

https://www.matchesfashion.com/

handvaerk(ハンドバーク)は、2013年に誕生したニューヨークの新鋭カットソーブランドです。
元大手投資銀行家のEsteban Sabaと、プラハの大学にてアートとテキスタイルデザインを専攻した妻のPetraの2人により創業されました。
ペール―で縫製工場や紡績工場を3世代に渡り営む一家に生まれたEstebanは、カリフォルニアの大学を卒業後、シカゴのビジネススクールでMBAを取得し、大手銀行に入社。M&Aを専門とするエリートバンカーとして成功を収めた後、ウォール街を離れ「handvaerk」を立ち上げました。
自らペルー綿(ピマ・コットン)を調達し、紡績、編み立て、染色、縫製までのすべての工程を、自分の目の届く身内の経営する工場にて行っており、元バンカーならではの徹底した製品管理で商品完成度を高めています。
2017年春夏には日本人の体形に合うサイズ感にアップデートされたため、サイズ感やシルエットに不安なく着用することが可能です。

 

【素材】綿100%
【価格】8,000円前後
【原産国】ペルー
【カラー】ネイビー、ブラック、グレー、ホワイト
【見た目】ベーシック、オーガニック、ナチュラル、身軽さ
【公式サイト】https://www.handvaerk.com/

 

GUY ROVER(ギローバー) コットンパイルクルーネックTシャツ

ギローバー 無地 Tシャツ

無地 Tシャツ ギローバー

https://item.rakuten.co.jp/

GUY ROVER(ギ・ローバー)は、1967年にピアツェンツァで創業されたイタリアを代表する老舗シャツブランドです。
「オールマシンメイドによる最高級のシャツを提供すること」をコンセプトにしており、サルトリア(仕立て屋)の技術を現代的なシャツ作りの工程に活かしながら、ハイクオリティー且つリーズナブルなドレスシャツやカジュアルシャツを生産しています。
ギローバーの無地Tシャツは、タオルのような質感のパイル生地を用いており、見た目にも独自性がある他、吸湿性と速乾性を持ち合わせているため、暖かい季節のトップスにおすすめです。
また、左裾に主張しすぎないブランドロゴがワンポイント刺繍されており、上品で可愛らしいアクセントになっています。
カジュアルに愉しむアイテムとして最高の一着です。

 

【素材】コットン100%
【価格】11,000円前後
【製造国】イタリア
【カラー】ゴールド、グリーン、グレー、ライトグレー、ネイビー、ホワイト
【見た目】タオル生地、ポケット付き、ワンポイントロゴ、かわいさ、落ち着き
【公式サイト】http://www.guyrover.com/

 

three dots(スリードッツ) ジョシュ / クルーネック T

https://zozo.jp/

three dots(スリードッツ) は、1995年にアメリカのロサンゼルスで創業されました。
「体にフィットする上質なTシャツ」をコンセプトにしており、ピーチスキンとも称される、着ていることを忘れるような柔らかな生地とそのフィット感は、ハリウッドセレブやファッションモデルたちに長年支持されています。
SENSEやSafari、LEONといった雑誌でも取り上げられており、Tシャツブランドとしては抜群の知名度を誇ります。
3つのドットにはそれぞれ「pure (シンプルで洗練されていること)、effortless (自然体でいられる気持ちよさ)、luxury (最高の素材からくる上質感)」という意味が込められており、実際、肌ざわりの良い地厚な生地を用いているため、透け感やシワを気にする必要がない上、浅めのクルーネックでタイトなシルエットから清潔感が漂います。

コンフォートな着心地を作り出すため、ネックラインや袖周りなどの摩擦が生じる部分にはフラットロックステッチを採用しています。
フラットロックステッチによって、生地の切れ端が縫い目に縫い込まれ、生地のつなぎ目の凹凸が小さくなるため、嫌な摩擦がありません。

 

【素材】コットン100%
【価格】9000-11000円程度
【製造国】アメリカ
【カラー】ネイビー(濃)、ネイビー(薄)、ブルー、ブラウン、ブラック、グレー、ホワイト
【見た目】しなやか、モード感、オーガニック
【公式サイト】https://www.threedots.jp/

 

アナトミカ(ANATOMICA) MOCK NECK TEE

https://item.rakuten.co.jp/

ANATOMICA(アナトミカ)は、1994年にパリにてピエール・フルニエ氏によって創業されました。
ピエール氏は、ファッションデザイナーの寺本欣児氏のデザインしたサイドシームの無いデニムパンツに感銘を受けたことから、2008年に寺本氏をデザイナーとして迎え入れ、ディレクターを務めるピエール氏と共にアナトミカレーベルを展開しています。

このMOCK NECK TEEは、コットンと化繊の良いところを融合させたグログラン素材を使用しており、ふんわりと柔らかい肌触りに加え、まるで化繊の機能素材の様な優れた吸水性と伸縮性が特徴です。
オランダ軍のジムウェアとして使用されていたグログラン地を忠実に再現したそうで、見た目の上質さだけでなく、機能性も追求したアイテムです。
ジャケットの下に合わせてもモクネックがアクセントとなり、落ち着いた大人の雰囲気を演出してくれます。

 

【素材】本体 コットン98% ポリウレタン2%
【価格】8,000円前後
【製造国】日本
【カラー】ゴールド、グリーン、グレー、ライトグレー、ネイビー、ホワイト
【見た目】モックネック、滑らか、独自性
【公式サイト】http://anatomica.jp/

 

まとめ

シンプル且つ定番のネイビー無地Tシャツですが、些細な生地感の違いが与える印象は絶大です。
大人同士の付き合いでは、なかなかごまかしがきかないため、上質なものを一着持っておくことをおすすめします。
高価な生地はやはり頑丈で長く愛用できるため、コストパフォーマンスには優れています。
ぜひ一度、上質な自分好みのブランドや商品を探してみてください。

関連記事

【お洒落なメンズの無地Tシャツとは】最高品質の無地Tシャツにこだわるブランドもご紹介

おしゃれとは何でしょう?! 改めて辞書で調べてみると、「おしゃれ(御洒落)とは、化粧や服装など身なりに気を配ること。美しく装うこと、またそのような人。」と出ました。   昨今のおしゃれの定義としては、視覚的で分…

Category 2019/10/22

【Tシャツ】クルーネックとUネックどう違う?|上手な使い分けで好印象に!

  Tシャツを購入する時、何を優先しますか? 探す時のポイントはカラー、ネックライン、素材感、シルエット、プライスなどが挙げられるでしょう。無地Tシャツはシンプルなアイテムですのでネックラインやシルエットがデザ…

Category 2020/02/21

Tシャツ×ジーパンの上質な大人の着こなしコーデ

春夏ファッションの王道、Tシャツ×ジーパンのコーディネート。 オーソドックスでシンプルなコーディネートですが、どんなアイテムを選んで組み合わせるかによって印象は大きく異なります。 「白T×ジーパン」の基本的な着こなし方と…

Category 2018/07/01

国産Tシャツを着る意義と、おすすめメーカー3選

  ビジネスのありとあらゆる側面でグローバル化が進む昨今、アジア諸国の台頭もあって、電化製品や車など様々な製品における「MADE IN JAPAN」のブランド力は昔ほどの勢いは無いように伺えます。 そんな時代だ…

Category 2018/11/21
back

Popular

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、需要が大きくなると同時に、活用の幅が広がり、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。 そんな中、本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ…

Category 2018/07/04

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?種類や違い・合わせ方・活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際に着てみると…

Category 2019/03/06

【トレンドスニーカー】Salomon (サロモン) の人気モデル“ADVANCED”を徹底解剖

  スニーカーを購入される時のポイントは何ですか? 「おしゃれは足元から」と言われます。 何気ないファッションでも合わせる靴次第で印象は大きく異なります。 多種多様なモデルやデザイン、カラーの靴がある中、スニー…

Category 2019/12/17

国産Tシャツを着る意義と、おすすめメーカー3選

  ビジネスのありとあらゆる側面でグローバル化が進む昨今、アジア諸国の台頭もあって、電化製品や車など様々な製品における「MADE IN JAPAN」のブランド力は昔ほどの勢いは無いように伺えます。 そんな時代だ…

Category 2018/11/21

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

Tag