fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

Tシャツをカッコよく着こなすための筋肉|意識したいポイントを紹介

Category 2019/09/23

同じTシャツを着てもカッコよく見える人とそうでない人がいます。

その違いは何でしょう?

 

https://www.rag-bone.com

 

男性が洋服をカッコよく着こなす、格好よく見せるポイントは、顔や手足の長さではなく、実は“筋肉”です。ほどよい筋肉があることでスタイルアップして見えるのです。

例えば、スポーツをしているプロ選手の鍛えられた身体にTシャツを合わせたとしましょう。Tシャツが息吹をあげるように身体にフィットして一体感のあるスタイルになります。筋肉により押し上げられる厚みがTシャツを見栄えさせ、男らしい着こなしを演出します。

Tシャツは衣服としての機能がミニマムなため、美しい着こなしには美しい筋肉が必要となるのです。

 

https://www.kangra.it

スリムでセクシーなスタイルを好むイタリア人男性の美学をご存知でしょうか?

イタリア人は“オシャレの基本はボディを磨くこと”と考え、カッコいい体型を維持するためにジムに通っている人が非常に多いそうです。

太陽を浴びることの好きなラテンの国の人ですから骨の成長も良いでしょう。スリムな人でも細マッチョです。そのほどよい筋肉のある身体であるからこそ、洋服が着映えしてオシャレに見えるのです。

温暖化や冬の室内温度向上の影響から、Tシャツは季節を問わずしてコーディネイトの1枚になっています。

Tシャツをカッコよく着こなせれば、どんな時も困りません。1枚で着てもコーディネイトしてもスタイルアップする着こなしには筋肉は不可欠です。

とはいってもムキムキの筋肉質になる必要はありません。

どんな筋肉があればどう見栄えが変わるのか、ポイントを抑えて鍛えることが重要ですので、是非本記事を参考にトライしてみてください。

Tシャツをカッコよく着こなすために鍛えておきたい筋肉とは?

「肩」

https://www.rag-bone.com

「メンズファッションは肩でキマル」と言われるほど肩が重要です。

肩に適度な厚みがあり、姿勢がいいと洋服の選択肢はとても広がります。

肩まわりに筋肉があると自然と姿勢も伸びて首も立つため首回りがすっきり見え、さらに、肩のラインに男らしさが強調されます。

肩幅の広さだけではなく、肩の厚みも大切です。肩の厚みでTシャツがくっと持ち上がり、胸が張った感じに見えるとシャープにキマリます。

Tシャツのサイズ感やフィット感の好みはそれぞれですが、ゆったりしたシルエットより、前身頃がすっきりしている方がスタイリッシュに見えます。光沢のある上質な素材のTシャツであれば、上品にも見えるでしょう。

なで肩やいかり肩など体型の違いはありますがそれは個性なのであまり関係はありません。適度な筋肉がついているかがポイントです。

「胸」

https://www.rag-bone.com

「胸板が厚い」と表現しますが、胸に筋肉があると立体感が出てマニッシュさが増します。特にTシャツは肩の筋肉とそこからつながる胸の筋肉のラインが要と言えるため、胸に筋肉をつけられると健康的で男性らしい着こなしが出来ます。胸にほどよい厚みがあると肩幅が広く見える上、見た目の印象も大きく変わるでしょう。厚みがあるほどセクシーさが出ますが、そこまで鍛えなくても十分着映えします。

「背中」

https://www.rag-bone.com

普段あまり意識することのない背中の筋肉ですが、背中を鍛えるとバランスの良い身体づくりが出来ると言われています。姿勢改善ができ、他の部位も効率よく鍛えられるため、背中の筋肉を鍛えることがカッコいい着こなしが出来る身体づくりの近道かもしれません。

「男は背中でモノを言う」と言わんばかりに、鍛えられた背中がその人をさりげなくカッコよく見せてくれます。

肩甲骨周りに乗った筋肉がシャープにきれいなラインを出し、魅力的なバックスタイルになります。

「腕」

https://www.rag-bone.com

二の腕や肩回りに程よい筋肉があると、Tシャツを着た時に肩のラインがとてもきれいに出ます。やや肩幅の狭い、細身なシルエットを選べば男っぽくもすっきりした着こなしにキマルのが特徴です。

筋肉のついた腕だからこそ出る造形美が健康的でセクシーに映し出されます。

細い腕より、厚みのある腕の方がマニッシュに着映えするのはメンズファッション特有のポイントです。

また、Tシャツ選びには身頃のフィット感に加え、袖幅もポイントになります。袖幅が広くアームホールが大きいものはカジュアル感が強くなり、腕が隠れるためラフなイメージに見えます。

一方で、アームホールが小さめで袖幅が狭いものはフィットすることから、腕の厚みを強調させ、コンパクトな印象になります。大人のスタイリッシュなTシャツ選びには見落とせないポイントと言えるでしょう。

筋肉があることでカッコよく着こなせるTシャツスタイル

ナチュラルカラーをスタイリッシュに着こなす

https://www.kangra.it

白の無地Tシャツはチャレンジングなアイテムでもあり、ジャケットのインナーに合わせるのを躊躇する人は多いでしょう。肌着のように見えないか、安っぽく見えないかとシンプルさゆえに悩むかもしれません。

しかし、白Tシャツにしか出せない魅力があることも確かです。

白ほど清潔感に溢れ、あらゆる色に合う色はありません。カジュアル、フォーマル、オン・オフどんな時でも白は万能です。ナチュラルなカラーに合わせた時の白Tシャツはさりげなく上品に仕立ててくれます。

また、白は優しく男性らしい印象を与えてくれます。

優しく男性らしい印象にプラスして程よい筋肉があれば、より理想の男性像に近づくことでしょう。

モノトーンコーディネイトを爽やかに男らしく着こなす

https://www.rag-bone.com

バランスよく筋肉のついた上半身に黒のTシャツを合わせるとスリムに見えます。白のパンツを合わせたモノトーンコーディネイトは足長効果もあり、爽やかな大人のスタイルが完成します。肩回りのほどよい筋肉がこのスタイルを作ると言ってもいいほど、黒と白の2色だけのシンプルなコーディネイトをスタイリッシュに魅せてくれます。

VネックTシャツをクールに着こなす

https://shop.diesel.com

VネックTシャツは首がすらっと見え、顔を小さく見せる効果もあり、クルーネックやUネックよりも大人の洗練された雰囲気の出せるラインです。

Vネックには胸や肩の筋肉が特にポイントで、この部分に厚みがあることで男らしく健康的な魅力を引き出してくれます。

Vネックは着る人を選ぶ」と苦手意識の人もいますが、深すぎないVラインを選べばコーディネイトの幅も広く、クルーネックTシャツとは違う印象を見せてくれます。ジャケットやブルゾンのインナーに合わせてもスタイリッシュな大人の着こなしが完成します。

厚みのある胸の人はUネックTシャツがおススメ

https://shop.diesel.com

胸板が厚く肩や腕にも鍛えられた筋肉を持った人にオススメしたいUネックTシャツ。身体の厚みと体型があるからこそ映える、カッコいい着こなしです。Vネックもクールにキマルでしょう。逆にクルーネックは首回りがコンパクトになり、苦しそうに見えてしまうため、筋肉質や厚みのある体型の人にはネック回りが広めのタイプの方がマッチします。この鍛えられた筋肉のある人は体型を生かしたフィット感のもので男らしさが際立つサイズ感の方が魅力的に映ります。身頃にゆとりがないくらいのフィット感でも、上質で伸縮性に富んだ生地のTシャツであれば着心地もよく、カッコいいスタイルがキマリます。

カーディガンをコーディネイトしたり、シャツを羽織っても鍛えられた筋肉のある身体は美しく見せてくれるでしょう。

見えないバックスタイルも自信が持てる筋肉で見とれる背中に

https://www.rag-bone.com

自分ではなかなかバックスタイルまでチェック出来ないものです。

背中に筋肉をつければ背筋が伸び、肩が伸びてきれいなラインを描きます。

横から見た時に、肩や背中の厚みが描くカーブにTシャツが乗り、見栄えさせてくれるため、Tシャツをきれいに着ることが出来ます。

横から見た時のスタイルの良さは胸の筋肉がポイントに

https://www.rag-bone.com

スリムに見えても必要な場所に筋肉があると着映えします。また、横から見た時のスタイルは自分以外の人が何気なく目を向けた時にハッとするポイントでもあり、体のラインがよく分かります。

胸に筋肉をつけていると、横から見た時のラインがとてもきれいです。鍛えられた筋肉の厚みが一番よく分かる角度ですので、よい筋肉があればよりTシャツスタイルがカッコよくキマリます。

まとめ

日本人は西洋人とは異なる骨格、体型で筋肉量もそう多くありません。

しかし細身の体型であっても、必要な場所に筋肉をつければ洋服が着映えする身体になります。

肩・胸・腕・背中。この部分に筋肉によるよい厚みがあればTシャツを1枚で着てもカッコよくキマリます。

“無地のごくシンプルな服なのにあの人が着ると素敵に見える”そんな理想的なスタイルをこなすのは必要な筋肉をつけることが重要です。筋肉をつけると姿勢も良くなり、ご自身の魅力アップにもつながるでしょう。

スタイリッシュな着こなしが出来るよう、筋肉に注目し磨きににトライしてください。

 

 

関連記事

全米No.1シャツ「INDIVIDUALIZED SHIRTS」の魅力

インディビジュアライズドシャツとは インディビジュアライズドシャツは1961年に二人のシャツ職人によって、アメリカはニュージャージー州、マンハッタン島の対岸にある小さな街、パース・アンボイで立ち上げられたアメリカのシャツ…

Category 2018/10/16

【イタリア発】世界屈指のパンツ専業ブランド「インコテックス」

様々なコーディネートに合わせられる定番パンツとして、ここ数年注目され続けているスラックス。 幾多のファッションブランドから毎シーズンのようにリリースされていますが、大人スラックスのブランドといえばやはり「インコテックス」…

Category 2018/10/12

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

Tシャツ生地の基礎知識 | 上質な綿、編み方の特徴、おすすめブランドも合わせてご紹介。

  シンプルなTシャツをさらっと素敵に着こなしたい。 そのポイントは素材にあります。TPOに合わせ、1枚で着ても何か違うと感じさせてくれるような、上質なTシャツの生地についてご紹介していきましょう。 Tシャツに…

Category 2019/09/26
back

Popular

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?合わせ方や活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際に着てみると…

Category 2019/03/06

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、需要が大きくなると同時に、活用の幅が広がり、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。 そんな中、本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ…

Category 2018/07/04

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

国産Tシャツを着る意義と、おすすめメーカー3選

  ビジネスのありとあらゆる側面でグローバル化が進む昨今、アジア諸国の台頭もあって、電化製品や車など様々な製品における「MADE IN JAPAN」のブランド力は昔ほどの勢いは無いように伺えます。 そんな時代だ…

Category 2018/11/21

【大人が惚れる】シンプルを極めるブランド「AURALEE」とは

オーラリーは、岩井良太さんというデザイナーが世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で『自分たちが本当に良いと思う素材を追求する』と言うコンセプトをもとに、2015年の春夏シーズンからスタートさせたドメスティック(国内…

Category 2018/09/18

Tag