fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

MASUとは?若手注目デザイナーが手掛ける“ヴィンテージ要素の現代化”の魅力

Category 2022/03/05

https://www.instagram.com/

MASUとは

MASUは2017年春夏シーズンに設立されたメンズファッションブランドです。

設立時は「マス(masu)」というブランド名でしたが、2018年秋冬コレクションよりデザイナーの後藤愼平氏を迎えリブランディング。ブランド名も現在の「エムエーエスユー(MASU)」へ改名しました。

 

ブランド名のMASUは「ありがとうございます」などに使われる丁寧語の「ます」に由来。

「丁寧なものづくり」を大切にするブランドの想いが反映されています。また、ブランドコンセプトは“丁寧語「ます」のように、日常で多用されながらも価値をなくさないアイテムの提案”。定番とされる型の決まった服を再定義し、その型を尊重しながら現代の雰囲気を纏わせることで唯一無二のアイテムを生産しています。

 

2018年秋冬コレクションより後藤愼平氏がデザイナーに就任。

後藤氏は中学生時代にLEVI’S501に魅了されたことをきっかけに、古着や70年代のヴィンテージファッションの世界へ。

高校卒業後上京し、文化服装学院へ進学。卒業後はメゾンブランドのヴィンテージを扱うことで有名なLAILAへ入社。同社オリジナルブランドでありインターナショナルギャラリービームスでも長らく扱われていたSEVEN BY SEVENの立ち上げメンバーとして企画・生産に携わりました。

MASUのデザイナー就任時は若干25歳。しかしながら、ヴィンテージに対する豊かな知識をバックボーンにMASUを業界から注目される有名ブランドに成長させました。

 

多くのファッショニスタを虜にするMASUの魅力は、「丁寧で奥深いものづくり」と「買いやすい値段」です。ボタン使いや縫製のきめ細やかさなど手に取れば誰もが感動する「丁寧さ」はもちろんのこと、コストのかかる手仕事をそれぞれの商品に取り入れ、「奥深いものづくり」を行っています。

 

丁寧で手が込んだものづくりを行う若手ブランドでは価格が高くなるという問題が付き物です。しかし、縫製事業を行う会社SOHKIを母体に持つMASUでは「コストパフォーマンス」の高さも実現。「丁寧で奥深いものづくり」と「買いやすい値段」を両立したバランスの良さで業界内外から熱視線を集める注目ブランドです。

MASUの人気・定番アイテム

デニムパンツ

着回し力NO.1の「デニムパンツ」。デザイナーのこだわりと遊び心の感じられるMASUの人気アイテムです。

 

■MASU AGYLE JEANS

38,500円/MASU

https://palette-art-alive.net/

ヴィンテージのデニムに20SSで象徴的な柄であるアーガイルをプリントした1本。1点1点特徴の異なるUSDのデニムに、手作業でプリントを施したまさにオンリーワンのデニムパンツです。

シャツ

MASUのシグネチャーアイテムでもある「シルクシャツ」。中でも柄物シャツは人気の高い商品です。

 

■FUR PRINT SILK SHIRTS(WHITE)

48,400円/MASU

https://palette-art-alive.net/

ミンクのファーコートから着想を得てグラフィックを作成し生地にプリントしています。首元にチンストラップが付いており、トレンチコートのように襟を立て首の風よけスタイルで着ることが出来るのが特徴です。

1枚で着ても様になるのはもちろんのこと、寒さが本格化してからもシャツの襟をしっかりと立てた状態でニットとレイヤードすることで、一味違った首元のレイヤードスタイルを楽しむことが可能です。

セットアップ

MASUの定番アイテムである「セットアップ」。成人式や卒業式など、キメたい日の1着としても人気のアイテムです。

 

■VASE PATTERN SHIRT(FADED ORANGE)

48,400円/MASU

https://palette-art-alive.net/

■VASE PATTERN WORK PANTS(FADED ORANGE)

39,600円/MASU

https://palette-art-alive.net/

壺の柄から着想を得てグラフィックを作成し生地にプリントしています。壺の柄のややかすれた部分などもリアルに表現した繊細なデザインが特徴です。

また、トップスはシルク、ボトムスはコットンと上下の生地が異なるのもポイント。同じ柄がプリントされていながらもそれぞれ異なった表情を感じることが出来るので、合わせて着ても別々で着ても楽しめるセットアップです。

MASU(エムエーエスユー)購入可能ショップ

【東北】

フラットプラス

〒030-0801

青森県青森市新町1-14-18 B1F

 

ダウンステア

〒980-0021

宮城県仙台市青葉区中央2-6-22

 

【関東】

ニド

〒150-0041

東京都渋谷区神南1-3-2

 

アンフォロー トウキョウ

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-25-4

 

キャロル

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-23-3

 

エム エー エス ユー 伊勢丹新宿メンズ館

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-14-1

 

リンクス学芸大学

〒153-0053

東京都目黒区五本木2-42-5

 

【北陸甲信越】

イコール

〒920-0991

石川県金沢市下柿木畠1-2

 

【東海】

パレットアートアライヴ 名古屋

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄5-18-5

 

【近畿】

パレットアートアライヴ 大阪

〒550-0015

大阪府大阪市西区南堀江1-19-1

 

アンフォロー なんばパークス

〒556-0011

大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70

 

【九州】

アンカー

〒810-0041

福岡県福岡市中央区大名2-1-20

 

プランクストア福岡

〒810-0041

福岡県福岡市中央区大名1-10-13

 

関連記事

【スナップ有り】シンプルファッションという大人の教養について

  「ファッションには2つしかない。ア・ラ・モード(流行の)かデ・モード(時代遅れの)か、だ」。この発言は、はて誰のものだったでしょうか。 たしかにトレンドは大事な要素ですが、ミドルエイジともなれば年相応のきっ…

Category 2019/08/25

【6000円以下】安くて上質な無地Tシャツの取り扱いブランドをご紹介

  無地のTシャツは、かつては下着のように身に付けられていました。 しかし、現在ではそれ1枚でファッションアイテムとして着られるようになり、シンプルで上品なメンズの着こなしに欠かせない存在となっています。 装飾…

Category 2019/11/04

【代官山】お洒落で上質なTシャツを扱う代官山のおすすめセレクトショップをご紹介

      “代官山”と聞くと洗練されたおしゃれな街をイメージする人が多いと思います。 代官山は渋谷区に属し、東急東横線・代官山駅を中心に旧山手通り、八幡通りにかけてのエリアを主に差します。…

Category 2019/11/05

再注目のトレンドアイテム|コーチジャケットのおすすめブランドと参考コーディネート紹介!

近年、現代人のアウターウェアの選択肢がとても広がっています。かつては、デニムジャケット、レザージャケットなどが代表的でしたが、現在では、最先端の技術的な素材で作られたウィンドブレーカーやあらゆる種類のワーカージャケットが…

Category 2021/04/19
back

Popular

【2024年最新】大阪のおすすめセレクトショップ18選|ドメブラからインポート、アウトドアまで

アイテムのセレクトや、人の個性、コンセプトによる内装やインテリアなど、独自の世界観の中で買い物を楽しむことができるセレクトショップ。 大阪でしか買えないような他では珍しいブランドを見たい方や旅行で大阪のセレクトショップめ…

Category 2023/03/30

清潔感に繋がる白Tシャツの黄ばみ問題。重曹や酵素入り食器用洗剤で徹底対策!

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ、適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から…

Category 2021/03/21

【2024年最新】渋谷のセレクトショップ網羅版【21選】

遡ると90年代の「渋カジ」からはじまり、現在においてもモードやストリートなど様々な流行の発信地であり続ける渋谷。2029年の完成に向けた最大規模の再開発プロジェクトが真っ最中です。 そんな中、渋谷で買い物しようと思っても…

Category 2023/08/26

【2024年最新】表参道のセレクトショップ網羅版【10選】

東京の中でも随一のセレクトショップの数の多さを誇る表参道。この記事では、表参道の人気セレクトショップを網羅的にご紹介しています。 ジャンルや価格帯、取り扱いブランドも紹介しているのでご参考ください。   THE…

Category 2022/12/30

【2024年最新】京都のおすすめセレクトショップ21選|歴史ある美しい町並みと洋服の融合

外国人観光客からの人気も高く、京都は寺社仏閣からコンビニに至るまで、京都は日本の伝統的な景観の保全がされています。京都のセレクトショップもまた、その風情ある街に溶け込む外装、和の雰囲気を感じる落ち着いたデザインが施されて…

Category 2023/04/10

Tag