fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

大人メンズにニットタイのおすすめブランドとコーディネートをご紹介します

Category 2021/06/06

https://fashion-basics.com/

ビジネスカジュアルが浸透するにつれ人気を増しているニットタイ。ビジネスシーン・オフ時にも使える便利さが魅力ですね。柔らかく、従来のシルクのネクタイよりもはるかに見栄えもしますので、好んで選ぶ人も多いのではないでしょうか。

今日はニットタイのおすすめブランドとコーディネートをまとめていますので、ファッションの参考にしてください。

ニットタイのメリット

まず、お手入れがとても簡単です。他の衣類と一緒に洗濯機や乾燥機に入れるだけです。頻繁に選択する必要もなく、数回着用ごとに洗えばよいので、使い勝手に優れています。

カシミアのネクタイ等に比べて汚れやシワが付きづらいというのもメリットでしょう。タイは一日中、かつ平日ずっと使うものでありますので、そのような使い勝手の良さは大きなメリットといえます。

また、無地やドット等、デザインがシンプルなものが多いのもメリットです。普遍性があり数年使えるので、一つ持っておくと安心というのもありますね。

ニットタイのおすすめブランド

ASCOT

https://wear.jp/

ASCOTは1908年2月にドイツで誕生した、老舗のネクタイブランド。

創業者のカール・モーゼが追及した「最上のものだけ」という姿勢を固持しながら、品質の高い製品の生産を続けています。

コモ湖やクレーフェルトという生産地から仕入れる上質な絹を使用したタイは、Hand made in Germanyならではの名品。丁寧に編みこまれたシルクの光沢と、張りのある生地が特徴です。

オールシーズン使えるベーシックなアイテムは、初心者にもおすすめ。

ニットタイの代表ともいえる同ブランドの商品は、いまでは多くのセレクトショップで取り扱われています。

FAIRFAX

https://www.fairfax-collective.com/

日本のシャツメーカーが展開するFAIRFAX。

1976年に創業して以来、アメリカントラディショナルをテーマに、現代流にアレンジしたドレスアップスタイルを提案しています。

イタリア発のスタンダードな編み方で作られたニットタイは、使い勝手の良さが最大の魅力。スーツやシャツの色柄を選ばないシンプルなソリッドタイは、どんなスタイルにもマッチします。

また、シルク100%だからこそ出せる深みのある色合いも魅力的。中でも定番色のワインレッドは、大人の色気を感じさせる人気のカラーです。

ブルックスブラザーズ

https://wear.jp/

ブルックスブラザーズは、1818年にHS ブルックス商会という名で誕生。

1845年にはアメリカで初めて既製服としてのスーツを発売し、ケネディ大統領やハリウッドスターなど、多くの著名人に愛されるブランドへと成長しました。

そんなブルックスブラザーズの人気商品でもあるネクタイは、ベーシックなデザインが特徴です。

イタリア製のウールを使ったニットタイは、あたたかさを感じさせる素材感が魅力。

ジャケットスタイルからカジュアルダウンした装いまで、シーンを選ばず活躍する万能アイテムです。グレーは上品さや落ち着いた雰囲気を演出したいときに最適。

ニットタイのおすすめコーディネート

クラッシックな雰囲気にアクセントをプラス

https://wear.jp/

ホワイトからブラウンのグラデーションで組み立てたコーディネート。

定番のアイテム選びからクラシックな雰囲気が漂う、大人の装いです。

Vゾーンには黒のニットタイでアクセントをプラス。

シンプルな着こなしをあか抜けた印象に

https://wear.jp/

Iラインにまとめた、シンプルイズベストな着こなし。

トーンを合わせることで、ブラウンのジャケットとブルーのシャツのレイヤードがクールにキマリます。

ニットタイやアンクル丈のスラックスで、垢抜けた印象に。

ダークトーンでまとめたジャケパンスタイル

https://wear.jp/

ダークトーンのアイテムでまとめたジャケパンスタイル。

ボトムスにはクラッシュデニムを合わせることで、ワイルドな男らしさを演出。

ビットローファーから漂う上品なムードとのバランスが絶妙なコーディネートです。

ニットタイ×アメカジ

https://wear.jp/

ワークテイストのジャケットがアメカジの雰囲気を感じさせる着こなし。

Ⅴゾーンでは、コーディネートを引き締めるボーダー柄のニットタイが、存在感を放っています。

シャープな印象のバレエシューズで、カジュアルな装いにドレッシーなムードをプラス。

大人の魅力が引き立つブラックコーデ

https://wear.jp/

トップスやボトムスだけでなく、小物や靴まですべてのアイテムを黒で統一。

ウエスタンシャツにジャケットを羽織った無骨なファッションは、男らしい渋さを感じさせます。

重くなりがちなALL黒のコーディネートに、ニットタイで軽やかさを演出。

春色のポップな着こなし

https://wear.jp/

さわやかな春カラーを使ったポップな着こなし。

ボーダー柄のニットタイでアクセントをつけ、垢抜けた印象に仕上げています。

シャツとカバーオールのレイヤードが、コーディネートに奥行をプラス。

ニットタイ×トラッドスタイル

https://wear.jp/

白シャツにニットタイを合わせた、王道のトラッドスタイル。

スリムなシルエットのパンツを採用し、全身をIラインにまとめることで、スマートな印象に。

ハズし役のピンクの帽子が好アクセント。

プレッピースタイルをカジュアルダウン

https://wear.jp/

ニットタイとの相性が抜群のプレッピースタイル。

シンプルなアイテムでまとめたコーディネートには、柄物のニットタイが好スパイスとして活躍。

シャツをタックインしないラフな着こなしで、上品なスタイリングをカジュアルダウンしています。

ライダースジャケットを使った甘辛スタイル

https://wear.jp/

ワイルドな印象のライダースジャケットにニットタイを合わせた甘辛スタイル。

ブラウンやベージュのアイテムからは、親しみやすいソフトなムードが漂います。

足元のグルカサンダルで、品格を感じさせる都会的な仕上がりに。

リラクシーな着こなしのアクセントに

https://wear.jp/

ポロシャツ×ハーフパンツのリラクシーなコーディネート。

ゆるめに締めたニットタイが、カジュアルなムードを格上げします。

全身のトーンを揃えることで、ナチュラルな大人の雰囲気を感じさせる仕上がりに。

ニットタイ×ブレザー

https://wear.jp/

紺ブレザー×白パンツで仕上げたプレッピーなコーディネート。

Vゾーンにはネイビーのニットタイを合わせることで、堅すぎない軽やかな印象に。

素足履きしたローファーが、程よい抜け感を演出しています。

ハンサムなビジネススタイル

https://wear.jp/

ニットタイを使ったハンサムなビジネススタイル。

ネイビーなどの定番カラーや無地のニットタイは、どんなシャツにもマッチします。

春夏はコットン・秋冬はウールなど、季節に合わせて素材を変えるのがおすすめ。

セットアップで作る大人のトラッドスタイル

https://wear.jp/

ストライプ柄のセットアップが主役のコーディネート。

シャツをあえてタックインしないラフなスタイリングが、大人のこなれ感を演出します。

涼し気な素材のニットタイや帽子で、夏らしさをプラス。

ニットタイ×ミリタリージャケット

https://wear.jp/

Yシャツ×ニットタイの定番の合わせに、ミリタリージャケットで男らしさをプラス。

ビットローファーやめがね、ベルトのバックル部分の色味を統一することで、まとまりのある着こなしに。

ドレッシーなムードとワイルドさが共存する、絶妙なバランスのコーディネートです。

柄アイテムを使いこなす上級者コーデ

https://wear.jp/

シックなテーラードジャケットの中に個性的なアイテムをレイヤードした、上級者の着こなし。

3色の配色カーディガン×ボーダー柄のニットタイも、トーンを合わせることで奥行きのある仕上がりに。

ロールアップしたデニムで、足元に軽さを出すのがポイントです。

まとめ

ニットタイは華やかでコーディネートの幅を広げてくれます。先述した通り汚れにくい・選択しやすいといった取り扱い上の便利さもあるので、ぜひファッションに導入してみてください。

 

関連記事

【2021】原点に返って考える。大人のための高級無地Tシャツとは

  大人の服装というと、仕立ての良いジャケットや良質な革を使った靴や鞄などが着目され、Tシャツというアイテムは消耗品として扱われることが多いです。Tシャツは肌に直接触れるため汚れやすく、また気楽に着られることか…

Category 2018/11/04

【メンズ】大人が選ぶチノパンの条件とは?

チノパンツ(Chino Pants)は通称“チノパン”と呼ばれ、デニムと並ぶメンズの定番とされる厚手コットン素材のパンツです。ベージュやカーキの綿パンツをイメージされることが多いかもしれません。 トラッドなスタイルからカ…

Category 2020/04/23

疲れないスニーカーの特徴とおすすめメーカー6選

とても楽しみに新しいスニーカーを購入したのに、足が痛くなってしまったことはありませんか?私にはあります。 デザイン性が優れていても、フィットせず靴ずれを起こしてしまう、あるいは必要以上に疲れてしまうなど、自身の足型とスニ…

Category 2021/06/27

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30
back

Popular

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

【着丈で選ぶTシャツ】着丈の違いから生まれる印象の違いやコーディネート例をご紹介

皆さんはTシャツの着丈を意識されことがありますか。 デザインや色で選ぶことは多くても、着丈を軸に選ばれることは少ないのではないでしょうか。 着丈は着ている本人はあまり意識していなくても、客観的に見ると僅かな丈の長さの違い…

Category 2019/10/19

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

Tag