fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

誠実な見た目に大人の遊び心を。オンオフ使える“ニットジャケット”のススメ

Category 2021/09/17

https://wear.jp/

ビジネスシーンにおいても、休日ジャケットスタイルにおいても程よい”抜け感”が今の風潮。

良くも悪くもお堅い雰囲気が特徴のジャケット。誠実な見た目はそのままに、少しだけ大人の遊び心を取り入れるなら”ニットジャケット”がおすすめです。

 

“パッと見では編み物だと分からない”生地表面の質感はビジネスシーンでのタイドアップスタイルにも違和感なし。一方でニット素材特有の”柔らかさ”はノータイスタイル全般との相性も抜群。

休日ジャケットスタイルが”堅苦しくなりがち”なメンズの救世主にもなってくれる万能アイテムです。

ニットジャケットとは

ニットジャケットとは、ニット生地で仕立てたジャケットのこと。

ニット生地と聞き、多くの人の頭にまず思い浮かぶのがセーターやマフラー。太い毛糸で編まれたボリューム感のあるアイテムを連想した方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ニットジャケットは”編みの細かさ”が特徴。

細い糸を緻密に編み込んだニット素材で仕立てることで、”パッと見では編み物だと分からない”、布帛製テーラードジャケットのような誠実な雰囲気が持ち味です。

 

十分”きちんと見え”するのに着心地はニットそのもの。

ビジネスカジュアルに、休日ジャケットスタイルに、在宅勤務中のオンライン会議に。

“楽で快適”だから様々なシーンで使いたくなるアイテムです。

ニットジャケットのメリット

ニットジャケットには他にも様々なメリットがあります。

通気性に優れている

少しの運動量でも汗をかきやすい男性。

ニット素材は編み目の構造から通気性に優れています。ニット素材と聞くと”冬”に着用するイメージが強いかもしれませんがこれは誤解。真夏を除きオールシーズン使える万能アイテムです。

伸縮性・ストレッチ性に優れている

一般的なジャケットスタイルはその誠実な見た目と引き換えに”窮屈”、”肩が凝る”など動きづらさを感じることも。

ニットジャケットは伸縮性・ストレッチ性に優れているため、着疲れ知らず。カーディガン感覚で羽織れるほど快適な着心地が特徴です。

型崩れやシワが気にならない

出張や旅行などにジャケットを持っていく際、気になるのが”型崩れ”や”シワ”。

ニットジャケットは型崩れやシワに強く、持ち歩きにも便利。鞄の中に折り畳んでしまうことが出来るので荷物もコンパクトにまとまります。

ニットジャケットの着こなしポイント

オンオフ共に使えるニットジャケット。

しかし、ビジネススタイルと休日スタイルで着こなしのポイントは異なります。

ビジネスシーンで着用する場合

■ニットジャケット選びのポイント~ビジネスシーン編~

①素材は緻密に編まれた”ハイゲージ”のニットを

ビジネスシーンで着用するニットジャケットは必ず編み目の細かい”ハイゲージニット”を選びます。編み目がざっくりとしたローゲージニットはカジュアル感が強すぎる印象に。ビジネスシーンでの着用は避けたほうが良いでしょう。

 

②ラペルの幅は”広め”を選んで

ジャケットの上襟に続く下襟部分を”ラペル”と言います。ラペルの幅が広いとクラシックでカチッとした雰囲気に。一般的なジャケットに比べリラックス感が強いニットジャケット。ラペルの幅は広めを選ぶのがおすすめです。

また、ニットジャケットの中には”ショールカラー”といったへちま型の襟タイプが存在します。この襟タイプはカジュアル要素が大変強い印象に。ビジネスシーンでの着用は避けたほうが良いでしょう。

 

③ ポケットの種類は”パッチポケット”以外を

共布のポケットを貼り付けた”パッチポケット”。カジュアルジャケットに見られる仕様で、一気にリラックス感が強まります。ビジネスシーンでの着用は避けたほうが良いでしょう。

 

■ニットジャケット着こなしのポイント~ビジネスシーン編~

①トップスは襟付きのシャツを合わせるのがベター

ビジネスカジュアルが定着してきたとはいえ、ビジネスの場において絶対に外せないのが“きちんと感”。

ニットジャケットで”抜け感”を出すなら、合わせるトップスは正統派の襟付きシャツがおすすめです。

 

②パンツはチノパンまたはセンタープレスの入ったスラックスを

ビジネスシーンにおけるジャケパンスタイルにはベージュのチノパンを合わせるのが王道。

カチッと感を高めたいならセンタープレスの入ったパンツを合わせるのもおすすめです。

 

③足元はプレーントゥやストレートチップの革靴を

ローファーやスエード靴という選択肢もありますが、ビジネスシーンではプレーントゥやストレートチップの革靴を選び、あえて外さない“きちんと感”を演出。また、ベルトと革靴の“色”は合わせるのがポイント。コーディネート全体が引き締まり、ビジネスの場に相応しい落ち着きある印象を与えます。

ニットジャケットを休日に着用する場合

■ニットジャケット着こなしのポイント~休日編~

①オフのカジュアル感を加えるなら春夏はTシャツ、秋冬はニットをインナーに

春夏はTシャツ、秋冬はニットをインナーに合わせれば、ニットジャケットの上品さはそのままに休日コーデらしいドレスダウンが可能です。

ただし合わせるTシャツ・ニットはデザインとカラーに注意が必要。

デザインは無地またはピッチの狭いマイクロボーダー。カラーは白やネイビー等ベーシックな色を選びましょう。

 

②ジーンズやカーゴパンツなど意外性のあるボトムスを合わせるのもおススメ

ニットジャケットはジーンズやホワイトパンツ、カーゴパンツなど意外性のあるカジュアルなボトムスとも相性抜群。トップスに“キレイめ”要素を意識したアイテムを合わせ、ボトムスは思い切りカジュアルに振れてみるのもおすすめです。

 

③足元はキレイ目にまとめても、スニーカーなどで遊び心を取り入れてもOK

ローファーやスエード靴ならジャケットスタイルのキレイ目な印象はそのままに、ビジネススタイルとの差別化を図ることが可能です。一方で休日コーデだからこそ、スニーカーで思い切り着崩すのもおすすめ。程よい抜け感が持ち味のニットジャケットはスニーカーとの相性も〇。ジャケットスタイルながら、足元で遊んでもコーディネートがチグハグになる心配はありません。

 

■ニットジャケットのTPO

・冠婚葬祭の着用はNG、カジュアルウエディングや結婚式の二次会等は状況を見て判断を

生地を編む技術は年々進化しています。パッと見ではニットジャケットと布帛ジャケットとの違いが分からないという人も多いでしょう。

しかし、どんなに緻密に編み込まれていてもニットはニット。結婚式等フォーマルな席での着用は基本的にNGです。

一方で友人のみを招いたカジュアルウエディングや結婚式の二次会等、ドレスコードがそこまで厳しくないパーティーも増えています。ニットジャケットの着用を検討する際はあくまでもお祝いの席であることを忘れずに、その場に相応しい装いを心がけましょう。

大人の男はこれを買え!ニットジャケットのおすすめブランド

LARDINI(ラルディーニ)

1978年、イタリアの港町で家族経営の仕立て工房として創業した”LARDINI”。

30年以上に渡り世界の名だたるメゾンブランドのOEMを担ってきた同社。その技術力を活かし設立されたオリジナルブランドがLARDINIです。

生地・仕立ての良さから来る“着心地の良さ”はラルディーニの魅力の1つ。

代名詞とも言える高品質のジャケットは、着心地・シルエットともに確かな技術を感じる圧巻の出来栄え。日本でも絶大な人気を誇ります。

 

■コットンミラノリブソリッド2Bニットジャケット

¥70,400/LARDINI

https://guji-online.com/

BATONER(バトナー)

ニットの産地として知られる山形県で2013年に誕生したニットウェアブランド”BATONER”。

生産のすべてを地元の産地で一貫して行うまさに”made in YAMAGATA”のブランドです。

高い技術力を誇る日本の職人達の手によって作られた製品は、”細部の仕上がりが圧倒的に美しい”と国内だけでなく海外のバイヤーからも高評価。

若いブランドながら、国内問わず”ホンモノ”を求める感度の高いユーザーから絶対的な支持を得ています。

 

■BATONER × BEAMS PLUS 別注 3B ニット ジャケット 

¥26,400/BATONER × BEAMS PLUS

https://www.beams.co.jp/

-STILL BY HAND(スティルバイハンド)

国内生産にこだわり続けるドメスティックブランド”STILL BY HAND”。

ブランド名は直訳すると”いまだに手で”。

非常に繊細かつ丁寧な服作りで、消費者はもちろんバイヤーからの信頼も厚いブランドです。

デザインはどれもベーシック。しかしよく見ると、シンプルな見た目の中に散りばめられた唯一無二の個性達。どこまでもさり気なく、でもやりすぎない”ちょうど良さ”。まさに求めていた”大人の日常着”として注目されています。

 

■軽いニットジャケット

¥ 32,780/STILL BY HAND

https://www.lightup.jp/

– BAGUTTA(バグッタ)

1975年にイタリアのCit社のシャツブランドとしてスタートした”BAGUTTA”。

Cit社は技術力の高さから世界の名だたるメゾンブランドのシャツを手がけてきました。

BAGUTTAの商品は醸し出すクラス感が魅力の1つ。

デザインはシンプルかつカジュアルながら、素材・ディティール等細部の徹底した作り込みにより”ラグジュアリーな雰囲気”を感じさせます。飾らないのに上質で上品。本物を求める大人の日常着として世界中で愛され続けています。

シャツブランドとして名を馳せるブランドですが、ジャケットにも定評があります。

2020春夏より招聘された新たなディレクターの元、今後生み出される“シャツ以外”の商品にも注目です。

 

■スムース ウールジャージー 2B コンバイン ジャケット

63,800 /BAGUTTA

https://www.bronline.jp/

 

“きちんと見え”するのに快適な着心地。ニットジャケットで大人の装いを格上げしよう

在宅ワークや休日コーデ。マストではなくとも”大人の身だしなみ“としてジャケットを羽織っておきたいシーンは多々あります。ニットジャケットは、快適な着心地はもちろん、見た目にも”堅苦しすぎない“のが魅力です。

是非ニットジャケットで、お洒落で快適なジャケットスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

【こだわり重視】大人が着るべき上質なネイビー無地Tシャツのおすすめブランド紹介

昨今トレンドである無地のTシャツ。 様々なシルエット、カラー、ブランド、プライスと無数の商品が市場には並んでおり、それ故にどれを選べば良いか悩む人も多いはず。 一見同じように見える無地Tシャツも、少し意識すればシルエット…

Category 2019/04/21

大人メンズのジムウェア選び!おしゃれ見えするコーディネートのポイントとは

ここ数年、日本では”筋トレ”ブームが続いています。テレビをつければジムのCMが流れ、コンビニで売られるサラダチキンは社会現象にまでなりました。 これまでいわゆる“マッチョ”を目指す人達が通う場所というイメージの強かった“…

Category 2021/08/29

【シーン別】最低限知っておきたいメンズのドレスコードの基本

  ドレスコードとは、場所や時間帯、シーンなどにふさわしいとされる服装のことです。 TPO(Time、Place、Occasion)に合わせた服装は、周囲の人へ配慮するエチケットでもあります。結婚式や式典・パー…

Category 2021/09/29

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21
back

Popular

【保存版】Tシャツの黄ばみは重曹で落ちる!重曹を使った対策と予防を細かく解説

  白い服は黄ばむ。それは当たり前で仕方のないことだと受け入れてしまっていませんか。 しかし、黄ばむ原因を知り、クリーニングに出す前に自宅でもきちんとコツ・ポイントを押さえ適切な洗い方をすれば黄ばみの不安から一…

Category 2021/03/21

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

大人のTシャツはオーバーサイズで抜け感を。おすすめコーデやTシャツを紹介します

誰もが普段何気なく着ているTシャツですが、皆さんはどのようにサイズを選んでいますか。 普段のご自身のサイズがMだとしたら、Tシャツも繰り返しMサイズで選んでいるのではないでしょうか。 実はTシャツはシンプルな作りだからこ…

Category 2021/03/08

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、活用の幅の広がりと同時に、需要が大きくなると同時に、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ、お…

Category 2021/01/04

Tag