fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

定番は王道!着回しのきく秋冬のマストアイテム、ブラックニット

Category 2021/03/08

秋冬からまだ肌寒い春に活躍するのがニットです。1枚で着ても重ね着をしてもOKで、中でもブラックニットはシンプルでコーディネートもしやすい定番アイテムですよね。カジュアルからフォーマルまで、様々なシーンに合わせられるブラックニットは何枚持っていても困らないアイテムといえます。しかし、ニットと一口にいっても編み方や素材、形はバリエーションが広く、どれを選ぶかで表情は大きく変わってきます。シーンに合わせてブラックニットを着こなすなら、合わせ方だけでなく素材や編み方にもこだわるのが着こなしのポイント。今回は、秋冬コーデの優等生、ブラックニットの着こなし術を解説していきます。

 

なぜ定番?ブラックニットの魅力

カジュアルからフォーマルまで様々なシーンで活用できるニットは、秋冬の定番アイテム。なかでもブラックのニットは、大人らしい落ち着いた雰囲気でコーディネートを上品に彩ってくれます。定番=つまらない、という先入観があるかもしれませんが、ブラックニットには定番ファッションとしての魅力だけでなく、工夫次第で幅広く着こなせる魅力もあるのが長く愛されている理由の一つです。

ニットはスーツやカットソーなどとも合いますし、ブラックニットならボトムやアウターにも合わせやすいでアイテムです。例えば、デニムと合わせてみても決まりますし、ちょっぴり奇抜な柄のボトムスにも自然になじみ落ち着きを与えます。帽子や靴、今の時期ならマフラー等の小物にも遊び心をとり入れて合わすことも可能です。このようにどんなアイテムとも相性が良いので、コーディネートの幅が広がります。

さらに、ニットは編み方や素材によってカジュアルにもフォーマルにも印象を変えることができます。ビジネスでスーツの下に着てもよし、休日にラフに着るもよし、シーンを選ばないアイテムといえるでしょう。

また、手入れをすることにより長持ちしますし、流行に左右されにくいので、長く愛用することができます。このように、ブラックニットはとても着回しがきき、使い勝手が良いのです。様々なシーンに使えるブラックニットは、何枚持っていてもよいアイテムといえるでしょう。

 

編み方や素材によって変わる表情

ニットと一口にいっても、編み方や素材によって表情は大きく変わります。編み方には、大きく分けてハイゲージとローゲージがあり、この二つの違いを知るだけでも、コーディネートの幅が格段に変わりますよ!

ハイゲージとは、細い糸を使って網目が目立たないほど細かく密に編まれているものをいいます。一般的に薄手ニットに用いられる手法であり、すっきりかつ柔らかい印象になります。薄手のニットは重ね着することもできますし、上品な印象を持たれるので、ビジネスシーンなどのフォーマルな場にも着用することが可能です。

ローゲージとは、太い糸をざっくりと粗く編まれていて、網目や模様がはっきりと分かる編み方をされているものをいいます。見た目にボリュームがあり、一枚でも存在感を感じさせることができます。主にカジュアルなシーンでマッチする編み方をいえるでしょう。暖かみがあり、アウターとしても活躍できます。

素材には、抜群の肌触りが魅力のコットンやリネンなどの吸湿性のある繊維からできているもの、上品な光沢感・保温性が魅力のウールやカシミヤ、さらに、カジュアル感の演出にピッタリのナイロンやポリエステルなどの合成繊維からできているものがあります。

さらに首元の形状に目を移すと、クルーネックやVネック、タートルネックがあり、それぞれに異なる印象があります。クルーネックはオーソドックスでくせがないため、1番合わせやすいでしょう。柔らかい印象になり、レイヤードして見せることもできます。Vネックは、クルーネックより少し開いているため、大人な印象になります。ハイゲージのきれい目なニットだとスーツの下に着ることができ、ビジネスにも使えます。タートルネックは落ち着いた印象で、折り返しており首を隠しているため、寒い時に重宝します。

 

ブラックニットの着こなし例

ブラックニットは幅広く着こなせる分、コーデも迷いがち。ブラックニットを活かした着こなし例を参考にしてコーディネートにとりいれてみてください。

 

オールブラックコーデ

black_knit

http://www.nishino-cl.jp/

全身黒でコーディネート。この時、ニットはざっくりした網目で表情のあるものだと、シンプルになり過ぎず、きこなしがこなれます。

 

ミリタリーコートとジーンズコーデ

black_knit

タフなアウターを組み合わせることで男っぽさを強調。

 

ワークパンツコーデ

https://zozo.jp

チノパンなどのプレーンなワークパンツを合わせる。カーキやベージュ等の秋冬らしい色合いのものならより季節感が出てGOOD

 

レザー×ブラックニット

https://wear.jp

アウターにレザージャケットを着る。色はニットと同じ黒がいいでしょう。

 

 

ブラックニットのおすすめブランド

ブラックニットを着こなすなら、絶対に注目してほしいブランドを紹介。ぜひ一度、チェックしてみてくださいね。

 

STUDIO NICHOLSON(スタジオニコルソン)

https://item.rakuten.co.jp/

メンズは2017年設立と新しいですが、クリーンでミニマル、クラシカルでありながらも実用的なデザインが特徴的です。ドレッシーでありながらも、骨格や体形に縛られることなく自由にファッションを楽しめるように設計されています。私もまさにブラックのニットを愛用しています(中目黒の1LDKで買いました)。

 

 

Batoner(バトナー)

2013年設立のニットブランド。品質が良く、コスパもよい。企画から生産まで一貫して自社で行うため、余計なコストがかかりません。代表格はあぜ編みニット。別名リブ編みと呼ばれるニットは、その持ち味を生かすためゆったり目のシルエットに仕上げられています。

comm.arch(コムアーチ)

2014年設立のメンズブランド。日本国内紡績の意図を厳選し、主に東北地方の職人と連携して製作しています。シンプルなデザインで、素材やプロセスにこだわり、心地よく長く着られるニットを作り続けています。

 

定番としてのブラックニットの魅力

寒い冬にぴったりなニット。その中でも黒という色はどんなボトムスやアウターとも合わせやすく、定番ですよね。編み方や素材、形によってフォーマルにもカジュアルにも使えるし、ビジネスの場にも使えます。おしゃれで着回しができて、防寒にもよい。着こなし次第で自由自在に合わせられるブラックニットは、定番でありながら王道であり、何枚持っていてもよいアイテムと言えるでしょう。

関連記事

大人を満足させる、シンプルで美しい指輪とは

年齢を重ねるにつれファッションスタイルは落ち着き、着こなしの引き算が出来るようになります。 様々なスタイルに挑戦し、時には憧れのファッションを追求するなど、試行錯誤を経ることで自分らしく落ち着くスタイルが定着するものです…

Category 2020/04/12

大人の男のVネック。お洒落に見えるインナーの合わせ方とは

  首周りのデザインがアルファベットの”V字”に開いたVネックトップス。首元を大きく開いたデザインは、首周りをすっきりとした印象に見せる効果があります。   しかしこの&#82…

Category 2021/10/06

国内最高峰のニットブランド「BATONER(バトナー)」とは

BATONER(バトナ―)とは? BATONER(バトナー)というニットブランドをご存知ですか? バトナ―は山形県の寒河江市(さがえし)を拠点として2013年にスタートしたニット専業ブランドです。 同市は県内随一のさくら…

Category 2020/01/27

【東京】シンプルで上質な無地のTシャツを扱うブランドの紹介

さらりと何気ない、主張を抑えたシンプルなお洒落とは 「大人の男性がさらりと身に付ける何気ないシンプルな着こなし。」 シンプルだからこそ本人を引き立て、その何気なさが素敵なスタイルを生み出します。 ゴージャスの反対がシンプ…

Category 2019/10/05
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

【リジットデニム / 生デニム 】有名産地や洗濯方法、履き方・育て方、おすすめブランドなど一挙まとめてご紹介!

  リジットデニム (生デニム)とは? リジットデニムをご存知ですか?   リジットデニムは、生デニムとも呼ばれますが、 “水洗いを含めて加工が施されていないデニム” を「リジットデニム」と称します。…

Category 2020/03/06

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

Tag