fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

不朽のアイテム「グレースニーカー」のおすすめブランド&コーデ紹介

Category 2021/05/30

https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 

グレーのスニーカー、いいですよね。

これは個人的なイメージですが「ニューバランスといえばグレー」という、グレーは”定番”のようなイメージもあり、スニーカーを買うときは無意識にグレーを選択してしまいます。

(もちろん、お気に入りのnew balance 1500 もグレーを選んでいます。)

 

黒と違って足元が明るくなること、白よりも汚れが目立ちづらいこと、など様々メリットはありますが、今日はグレーのスニーカーについて着こなしのポイントやコーディネートなどご紹介したいと思います。

グレー スニーカー 着こなしのポイント

正直、着こなしのポイントなど無いぐらいに便利なグレーのスニーカー。強いてあげるのであれば、同色のパンツを履く場合、「同じトーンを避ける」、でしょうか。

薄いグレーのスニーカーであれば、濃いグレーのパンツを合わせる。逆もしかりです。同じトーンにしてしまうと、スニーカーとパンツの境界線が曖昧になり、印象がぼやけてしまいます。そこは色使いの濃淡を使い分けてメリハリをつけるようにしましょう。

グレースニーカーのおすすめブランド

ニューバランス 1500

https://wear.jp/

ニューバランスは、1906年にアメリカ・ボストンで誕生。

元々は、矯正用シューズや整形外科で使用されるシューズを製造するメーカーとして、創業されました。

その後、1960年ごろにスポーツ用シューズの開発を開始し、1970年後半にはランナーから絶大な支持を得るように。

さらに、1988年にはアッパー部分にレザーを使用したモデルM576 の発表を機に、ファッション業界からも注目を集める存在となりました。

そんなニューバランスの「1500」は、フラッグシップモデルと呼ばれる1000番台シリーズの1つ。

一体型のソールが話題を呼び、1989年に登場して以来、長年にわたって支持されている人気モデルです。中でもグレーは、定番の人気カラー。

安定感のある履き心地が特徴の1500には、ハイテク技術が複数搭載されています。

ソール部分には「ENCAP(エンキャップ)」という技術を搭載することにより、クッション性を向上。さらに、つま先からヒールにかけてのゆるやかなカーブが、疲労を軽減します。アブゾーブやエナジーカートリッジといった1000番台では定番となっている機能も装備したハイテクモデルです。

また、高級感が漂う個性的なデザインも、1500の魅力の1つ。

ミニサイズのNロゴやスエードとメッシュのパーツを組み合わせたアッパーデザイン、細身のシルエットが足元をスタイリッシュな印象に仕上げます。

Maison Margiela

https://www.maisonmargiela.com/

メゾンマルジェラ(Maison Margiela)は、1988年に「メゾンマルタンマルジェラ(Maison Martin Margiela)」という名で誕生しました。

創業者は、天才デザイナーであるマルタンマルジェラ。アーティスティックなデザインで世界中を魅了し、フランスを拠点に活動を続けています。

「コムデギャルソン(COMME des GARCONS)」の影響を受けていることでも有名なマルジェラの提案するアイテムは、1990年代に入ると日本でも大人気に。

2015年1月には、ブランド名を「メゾンマルジェラ((Maison Margiela))」に改名。創業以来、「脱構築」「デストロイコレクション」と呼ばれ、反モードの姿勢を貫いてきた同ブランドは、新たなスタートを切りました。

そんなマルジェラの定番商品であるレプリカスニーカーは、上質な素材を使用したラグジュアリーな逸品。

ラムレザー(生後2か月以内の子羊の革)やカーフレザー(生後6か月以内の仔牛の革)を採用することで、素足でも履けるほどの履き心地の良さを実現しています。

シンプルなデザインながらも、バックに施されたホワイトステッチのさりげない存在感が魅力的。

特にブルーグレーのカラーからは、洗練された上品なムードが漂います。

その絶大な人気から10年以上にもわたって作られ続けているロングセラーのアイテムです。

On

https://wear.jp/

2010年、スイスのチューリッヒで創業したOn。

キャスパー・コペッティ、オリヴィエ・ベルンハルド、デイビッド・アレマンの3人が協力し、立ち上げました。

彼らは「ランニングの世界を変える」ことを目標に掲げ、ランニングの経験とエンジニアリングの知識を融合して、数年かけてアイディアを改良。

創業から10年が経った2020年には、50以上の国で700万人ものランナーが愛用する、有名ブランドへと成長しました。

ランニングシューズとしての機能はもちろん、ファッション性にも優れているOnのスニーカーは、普段使いするユーザーも多数。

中でも、グレーを含む6つのアースカラーで展開している「Cloud Dip」は、Cloudの象徴的なデザインをアップデートした注目モデル。最高の履き心地と耐久性の高さ、目新しいデザインが特徴です。

機能面では、360°手塗りのマッドガードを搭載し、特許技術のCloudTec®やSpeedboard®まで装備。ソフトな着地と高い推進力を実現しました。

また、アッパーには頑丈なバリスティック・コットンを採用することで、耐久性や保護機能を強化。

最先端の技術を内蔵しながらも、デザイン性にも優れたランニングシューズです。

CONVERSE

https://wear.jp/

1908年、アメリカ・マサチューセッツ州にてスタートしたコンバース。

マサチューセッツ州の地域性に着目した創業者のマーキス・M・コンバースが、悪天候の中でも作業できるラバーシューズを製造したのが始まりです。

その品質の高さから圧倒的な支持を得て有力企業へと成長したコンバースですが、需要は冬に集中。夏場の売り上げ確保のために注目したのがバスケットボールでした。

1917年に世界で初めてバスケットシューズの製造を開始。「キャンパス オールスター」をはじめ「ジャックパーセル」や「ワンスター」などの人気モデルを生み出しました。

ローテクスニーカーの代名詞ともいえるコンバースのスニーカーは、シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションが魅力。

どんなファッションにも合わせることができる万能さで、幅広い世代の男女に愛されています。

ローカットは春夏に、ハイカットは秋冬に、と季節に合わせて履き替えるのもおすすめ。

テクニックが必要ながらも一気にお洒落なムードが完成するハイカットは、スポーティーなスタイルにも最適。一方、どんな服装にも馴染むローカットは、カジュアルに寄りすぎないキレイなスタイリングが可能です。

キャンバス地を使用し丈夫で使いやすいうえに、お値段はリーズナブルという名品。

2003年、ナイキが海外におけるコンバース事業を買収しましたが、日本におけるコンバース社は、日本独自で企画・生産・販売を続けています。

グレースニーカーのおすすめコーディネート

ニューバランスのスニーカーで抜け感をプラス

https://wear.jp/

シンプルなアイテムでまとめたキレイめコーデ。

ジャケットやスラックスできちんと感を演出しつつ、ニューバランスのスニーカーで抜け感をプラス。

カジュアルに寄りすぎない着こなしは、大人の休日スタイルにおすすめです。

ニット帽とサングラスの合わせが好アクセント。

ブルーグレーの色味が馴染む青の着こなし

https://wear.jp/

グラデーションを描くような配色の青が印象的な着こなし。

さらっと羽織ったシャツから漂うラフなムードを、足元のマルジェラが格上げしています。

ビッグシルエットのシャツやチノパンなどのカジュアルなアイテムとの合わせも、どこかモードな印象に。

洗練されたレプリカスニーカーは、どんな装いにも華を添える名品です。

コンバースがハマるアメカジスタイル

https://wear.jp/

ベーシックなアイテム選びで完成した、大人のアメカジスタイル。

全身を落ち着いたトーンで合わせることで、こなれた印象に。

ブーツのような履きこなしが可能なハイカットならではの、垢ぬけた着こなしです。

ジャストサイズのアイテム選びで、バランスよく仕上げるのがポイント。

グレースニーカーで軽やかな足元を演出

https://wear.jp/

モノトーンコーデに軽やかさをプラスするスニーカースタイル。

アンクル丈のパンツとの相性が抜群の着こなしです。

トップスに白を合わせることで、清潔感あふれる春らしい装いに。

控えめに主張するシンプルなグレースニーカーが、存在感を発揮しています。

ニューバランスのスニーカーでスマートな雰囲気に

https://wear.jp/

ミリタリージャケットが主役の男らしいコーディネート。

無骨に羽織ったジャケットとは対照的に、パンツとスニーカーはスマートに。

ワイルドな雰囲気の中に洗練されたセンスを感じさせる着こなしです。

ソールが厚めのスニーカーには、長身見え&脚長効果も。

スニーカーが映える定番アメカジスタイル

https://wear.jp/

パーカー×ミリタリージャケットで作るアメカジ調の定番スタイル。

履き古したスニーカーがサマになるこなれた着こなしです。

デニムを合わせて王道カジュアルに仕上げるのが、コーディネートをまとめるポイント。

ハイカットのスニーカーは、秋冬のお洒落に特におすすめです。

スポーティなスタイルにはスニーカー一択

https://wear.jp/

Tシャツ×トラックパンツの王道スポーツスタイル。

色や柄で遊び心をプラスするのがお洒落に着こなすポイントです。

スポーティーなファッションの足元に合わせるのは、スニーカー一択。

ベーシックでシンプルなスニーカーが、コーディネートのまとめ役に最適。

大人かっこいいラフなスタイル

https://wear.jp/

全身をゆるいシルエットでラフに仕上げたコーディネート。

力の抜けたスタイリングがクールな印象の着こなしです。

ワイドなチノパンとボリュームのあるスニーカーのバランスが絶妙。

トーンを抑えることで、落ち着いた大人かっこいいコーディネートに。

セットアップ×スニーカー

https://wear.jp/

トレンドのセットアップにスニーカーを合わせた旬な着こなし。

リラックス感のあるシルエットと落ち着いたカラーが、大人の魅力を引き立てます。

洗練されたアイテム選びで、余裕を感じさせる上品な着こなしに。

スニーカーでカジュアルダウンするのが今っぽいスタイリングのポイント。

まとめ

多くのコーディネートを見ていただいたので、伝わると思うのですが、グレーのスニーカーは使い勝手がいいです。

New balanceといったスニーカーメーカーはもちろん、マルジェラのようなハイブランドからも名作と言われるスニーカーが販売されていますので、ぜひお試しいただければと思います。

 

 

関連記事

Tシャツの下にインナーを着るという新発想!汗染みも透けも気にならない

メンズファッションの永遠の定番といえばTシャツです。特に、ホワイトのTシャツは清潔感がありコーデもしやすいため、不動の人気があります。まさにファッションのベストセラーといえます。 しかし、そんな定番ファッションですが、悩…

Category 2021/04/30

シンプルなフォルムが魅力、アディダスのガゼルとは?

  屋内用のトレーニングシューズとして、1968年に誕生したadidasの「ガゼル」。 トップアスリートたちのトレーニングシューズを原型とし、シーンを選ばずに使える万能性の高さが特徴のモデルです。  …

Category 2021/10/22

シンプルなのにラグジュアリー。大人の日常着の新定番「ウールT」とは

近年お洒落な大人男子の間で定番化しつつあるウールTシャツ。 “シンプルな軽装でもラグジュアリーな佇まいを演出してくれる”と話題を呼んでいます。 今回は、そんな”ウールTシャツ&#822…

Category 2021/08/29

快適なのに男前度もアップ。おすすめのビジネススニーカーを厳選

クールビズやウォームビズの一般化で社内の服務規程を見直す会社が増えてきました。ビジネスといえばスーツ×革靴が常識だったのが、オフィスのドレスコード化が浸透してきて、ビジネスカジュアルの勢力が拡大しています。それに伴い、ビ…

Category 2021/02/09
back

Popular

ネイビースーツに組み合わせるべきネクタイの色は?|着こなしのポイントを、写真を交えてご紹介いたします

  ネイビースーツは万人に似合う色なこともあって、多くの人から支持を集めています。持っているスーツの中でも、ネイビースーツは特に使用機会が多いという方も多いのではないでしょうか。 どんな柄のネクタイも相性抜群な…

Category 2021/07/08

【コスパ抜群〜最高級】世界の革靴ブランド17選とその代表作

世界には数多くの最高の革靴ブランドが存在します。素晴らしいフォルム、履くとスッと包み込むような快適さを感じさせるような、そんな名靴との出会いはファッションの醍醐味ともいえます。とくに、アルケーのメディア読者層である大人の…

Category 2021/04/30

幅広・甲高の方におすすめ|デザインと履き心地が両立した国産スニーカーをご紹介

  1893年、キャンバス地で作られた生地にラバーを使用したソールを取りつけた物がボート競技のために作られました。それがスニーカーが生まれた起源と言われています。 その後1916年にアメリカのKeds社が自社の…

Category 2020/01/29

【リジットデニム / 生デニム 】有名産地や洗濯方法、履き方・育て方、おすすめブランドなど一挙まとめてご紹介!

  リジットデニム (生デニム)とは? リジットデニムをご存知ですか?   リジットデニムは、生デニムとも呼ばれますが、 “水洗いを含めて加工が施されていないデニム” を「リジットデニム」と称します。…

Category 2020/03/06

【質が決め手】男性におすすめの高級パーカーブランドと参考コーデをご紹介

  パーカースタイル、スマートに着こなせていますか?   「子供っぽい」 「ラフすぎて着ていく場所が限られる」   と言った声を聞きますが、それをプラス要素に考えればどうでしょう?! &nb…

Category 2020/01/31

Tag