fbpx

arkhe

arkhe

Blog

Mail magazineメルマガ登録

arkheはファッション/アート/東京のグルメやショップの情報をお届けしています。
配信頻度:月に1〜4通

上質なコットンとは? | 世界三大コットンとお勧めTシャツブランドをご紹介

Category 2019/09/27

 

 

昨今、「上質感」「ワンランク上の満足感」 といった言葉があらゆる商品・サービスに求められています。

ファッションの分野においても同様に、特別感を与えてくれるクオリティやメッセージ性の強いデザインが支持されている傾向があります。

洋服は着る人を表現するものの一つですが、誰もが時間の経過やトレンドの変化も関係なく、ずっとお気に入りの商品が一つや二つはあるものです。値段やブランドだけがその理由ではないでしょう。

着心地がよい、コーディネイトしやすい、丈夫であるなどが理由であることが多いでしょう。

当サイトではそんな大人の男性が長く愛用できる、上質で着心地の良いアイテム、スタイリッシュな着こなしを提案しています。

本稿では、今注目の上質なTシャツのトレンド、Tシャツに使用される良質なコットン生地についてご紹介していきましょう。

コットンとは

https://gentosha-go.com/

綿(コットン)はアオイ科ワタ属の植物です。花が咲いた後にコットンボールの実が成熟し、中から白い綿繊維が絡み合った塊の状態になります。

この真綿の花を見た時、柔らかく身体を包み込むような優しく、繊細な感覚を受けると思います。この花が摘まれ、繊維を撚糸してコットンの糸が生まれます。

世界中で最も使用されている素材がコットンです。

取扱いがラクで丈夫、そして季節を問わず愛用できる素材です。肌触りの良さや吸湿性の良さからTシャツやタオルなど肌に直接触れる製品に使用されることが多いです。

コットンは熱帯や亜熱帯の気候で収穫されることが多い植物で、この地帯で収穫されたコットンは強い太陽の光を浴びるため、特にたくましく成長します。

コットンの畑の中に身を寄せるイメージをしてみてください。この花たちがTシャツやシャツに生まれ変わると思うと少し愛しくなりますね。

続いて下記では、 “一度知ってしまうと、もう他のコットン生地に戻れない“ と思わせる、上質コットンについてご紹介します。

上質なコットンについて

http://www.ito-rium.com/

繊維長の長い「超長綿(ちょうちょうめん)」が収穫できる地域は世界の中でも限られており、その土地により超長綿の特徴も異なります。

一般的に上質コットンと呼ばれるものはこの超長綿のことを指します。

通常、綿花は繊維の長さにより分類されます。超長綿は綿花の繊維の長さが平均35㎜以上のものです。一般的な綿花の繊維の長さは28㎜ほどです。繊維が長いほど細くなり、手触りも良く、糸にすると反射率が高くなるため光沢が出ます。そのため超長綿の糸で織られた生地は滑らかで柔らかく、光沢があり、丈夫さもある高級コットン生地となるのです。この超長綿の中で、世界三大綿と呼ばれるコットンがあります。最高級コットンとして高い品質を誇ります。

 

【世界三大綿(コットン)】

・スーピマ綿(アメリカ)/アリゾナ州ピマ郡

・ギザ綿(エジプト)/ナイル川流域ギザ地方

・新疆綿【しんきょうめん】(中国)/中国ウイグル自治区

 

 

 

1.スーピマ綿(スーピマコットン)

元々は、ペルーのアンデス山脈でのみ栽培された高級コットンでした。現在スーピマコットンは、アメリカ南西部4州(テキサス・ニューメキシコ・アリゾナ・カリフォルニア)で栽培されたピーマコットンという綿花の品種の超長綿繊維に限定することで高い品質を保っています。

スーピマ®という名称はアメリカのスーピマコットン協会の登録商標で、米国産ピーマコットン100%の中でも最上質の超長綿による高級綿だけに表示が許されています。品質が厳しく管理されているため、希少価値の高いコットンと言われ、全世界で栽培されている綿花の1%以下しかないそうです。

スーピマコットンの特徴は通常の繊維の約1.4倍ほどの繊維長を持つことです。35㎜~40㎜の繊維長を持つことで繊維が細く、毛羽立ちが少なくなるため、生地にした時の滑らかさやしなやかさは格別です。ずっと触れていたくなるような肌触りだと表現されます。

繊維長が長いため、糸を紡ぐときのつなぎ目が少なくなることから、丈夫で強い生地に仕上がります。スーピマコットンの製品は頻繁に洗濯しても風合いが変わらず、長らくの愛用が可能です。

2.ギザ綿(ギザコットン)

エジプト綿の一種で、ナイル川流域のギザ地方で栽培されることから名前がつけられました。ギザコットンの特徴は繊維の11本がとても長い希少な品種です。別名「白いゴールド」とも呼ばれ、最高品質の超長綿の一つと言われています。

繊維が長いため糸をより細くしっかり作ることが出来、生地にするとしなやかで軽い風合いとなります。耐久性に優れていることも特徴です。

さらに、エジプト綿はその環境から、植物性の油脂が適度に含まれており、光沢のあるとろみ感を生み出します。このなめらかな肌触りがギザコットンの象徴ともいえるでしょう。

ギザコットンは種の開発の順番により“GIZA76”“GIZA70”“GIZA45”といった名前がつけられています。この中でも最高品質とされるのがGIZA45です。

最も繊維長が長く、滑らかな質感はシルクに例えられるほどの美しさです。

GIZA45の生産量は年間約650トンでその量は全世界で栽培されている綿花の0.001%ほどで、大変希少価値の高いコットンです。

原綿は全て丁寧に手摘みされているため、不純物が少ないという点も優れた点でしょう。そして、GIZA45は化学肥料や農薬などを使わず育てられるオーガニックコットンです。厳しいオーガニック基準のもと栽培されるため、高品質で安全性も確保されたコットンと称賛されています。

3.新疆綿(しんきょうめん)

中国の新疆ウイグル自治区で栽培されている超長綿です。中国は世界でもトップクラスの綿花栽培国ですが、その中でも新疆綿は希少価値の高い高級綿と言われています。

高級綿を栽培している地域には天然の水源が不可欠です。ウイグル自治区の新疆綿は天山山脈からの豊富な雪解け水が、カレーズと呼ばれる天然の地下水路を通り、その天然水を使って栽培されています。この特有な環境において美しい白い綿花が育ち、繊維長がひときわ長い超長綿となります。綿花に油分が多いため、シルクのような美しい艶が出ます。

また、収穫は全て手摘みしているため、安定したハイクオリティが保てるのも特徴です。

上品で高級感のある光沢は綿とは思えないほどつややかで、しなやかな手触りは世界の一級品と称されるほどです。

世界三大綿ではありませんが高級なコットンとして希少価値の高いシーアイランドコットンもご紹介しましょう。

シーアイランドコットン【海島綿(かいとうめん)】

カリブ海に浮かぶ西インド諸島バルバドス、アンティグア、ネービス、ジャマイカ、ベリーズの限られた地域・気候のみで栽培が可能です。

年間日照時間3000時間以上、雨期と乾期の絶妙なバランスを兼ね備えたこの地域でしか出来ないため、大変希少価値の高いコットンです。

年間生産量は全世界で栽培されている綿の10万分の1以下と希少性が高いことから、シーアイランドコットンの知名度の高さが頷けます。

シーアイランドコットンは超長綿の中で最も繊維長が長く、約4㎜~6㎜ともいわれます。カシミアのような柔らかさとシルクのような光沢を持ち、抜群の吸湿性を発揮します。綿花に含まれる油脂分がほかの綿よりも多いため、なめらかな肌触りが皮膚の一部のようだと表現されるほどです。

「一度シーアイランドコットンを身に付けるとその感触を忘れることができない」と言わしめる究極のコットンと言えるでしょう。

上質なコットンにこだわったブランドが支持される理由

https://www.rag-bone.com

大人の男性のファッションスタイルはよりスタイリッシュになっています。

着心地が良く、リラックスした大人の雰囲気が漂うベーシックな着こなしが注目されています。それを叶える大きなポイントは“素材”です。

品質の良い素材は独特の雰囲気を出し、着る人を引き立てます。

シンプルな無地のTシャツをカッコよく着こなしている人がいると素敵だと見つめてしまうことがあります。何故、こんなにシンプルなファッションなのに素敵なのだろうと。

それはデザインが必要ないほどの品質の良さ、ほどよいフィット感、そして絶妙な着心地のよさがバランスよく備わっているからでしょう。

このような大人の着こなしを提案する、素材にこだわったブランドが近年増加傾向にあります。上質な超長綿を使用したコットンの魅力を知り尽くしたブランドが作るTシャツはこだわりの境地です。

その中から、特におススメな3つのブランドをご紹介します。

素材にこだわったTシャツを作るブランド

AURALEE(オーラリー)

https://thirtythirty-store.com

世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で素材を追求するブランド。

布帛・ニット・カットソーにこだわり素材作りからデザインを考え、毎日着ることに適した上質な軽さを感じられる洋服を提案しています。

オーラリーのTシャツは触れずともその肌触りの良さが伝わる、独特の生地のふくらみを持っています。優しい色使い、素材のよさを活かした上質なTシャツは着る人をスタイルアップさせてくれる魔法を持っています。

COMOLI(コモリ)

https://www.arknets.co.jp

今の日本の気候に合い且つ日本人の体型に沿った、上質でシンプルな日常着を展開するブランド。日常の中に溶け込む気取らない普通っぽさがコモリの魅力です。身に付けるほどに、年月を共にするほどに感じる着心地のよさ、洗濯するほどに味の出る奥の深い商品力からファンが後を絶たないブランドです。

arkhē(アルケー)

https://arkhe.tokyo

アルケーは超長綿のみを使用するメンズの無地Tシャツブランドです。

日本製にこだわり、職人の手によって1枚1枚大切に仕上げられるTシャツは、隅々まで着る人の心地よさを考えた設計です。洗濯しても形が崩れない、丈夫さも支持されるポイントでしょう。オンラインにてお客様との直接販売を行うことでお手頃価格での提供を可能にしています。

まとめ

希少価値の高い、上質な超長綿を使用した究極のコットンから作り出される商品は、明らかに他のコットンとは違う肌触りと光沢、シルエットの美しさや丈夫さに溢れます。上質で洗練された大人が着るTシャツはシンプルだからこそ魅力が増し、着る人を引き立ててくれます。まだ超長綿のTシャツをお持ちでない方は是非、その心地よさを試してみてください。

 

 

 

関連記事

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?合わせ方や活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際に着てみると…

Category 2019/03/06

【東京】シンプルで上質な無地のTシャツを扱うブランドの紹介

さらりと何気ない、主張を抑えたシンプルなお洒落とは 「大人の男性がさらりと身に付ける何気ないシンプルな着こなし。」 シンプルだからこそ本人を引き立て、その何気なさが素敵なスタイルを生み出します。 ゴージャスの反対がシンプ…

Category 2019/10/05

Tシャツ生地の基礎知識 | 上質な綿、編み方の特徴、おすすめブランドも合わせてご紹介。

  シンプルなTシャツをさらっと素敵に着こなしたい。 そのポイントは素材にあります。TPOに合わせ、1枚で着ても何か違うと感じさせてくれるような、上質なTシャツの生地についてご紹介していきましょう。 Tシャツに…

Category 2019/09/26

Tシャツをカッコよく着こなすための筋肉|意識したいポイントを紹介

同じTシャツを着てもカッコよく見える人とそうでない人がいます。 その違いは何でしょう?     男性が洋服をカッコよく着こなす、格好よく見せるポイントは、顔や手足の長さではなく、実は“筋肉”です。ほど…

Category 2019/09/23
back

Popular

【無地Tシャツ】クルーネック、Vネック、Uネックのそれぞれの印象は?合わせ方や活用シーンをご紹介します

Tシャツは、特に無地だとどれも同じように見えてしまいがちですが、薄手でシンプルゆえに身体のシルエットや骨格をごまかしにくいという点で、慎重に選ばなければならないアイテムです。 安さに惹かれて買ったものの、実際に着てみると…

Category 2019/03/06

大人が着るべき上質・高級な無地のTシャツおすすめブランド紹介

近年トレンドの無地Tシャツは、需要が大きくなると同時に、活用の幅が広がり、市場には数え切れないほどの商品が並んでいます。 そんな中、本記事では大人が上品に着られるTシャツにフォーカスし、無地Tシャツの役割や特徴に触れつつ…

Category 2018/07/04

【美脚シルエット】究極のジャパンデニムブランド「リゾルト」とは

日本製のデニム生地は、海外でも評価が高く、岡山や広島の備後地方のデニム生地は名だたるハイブランドでも採用されています。そんなデニム生地に対して、デニムパンツ自体はどうしても海外ブランドに目が向けられてしまいます。元祖であ…

Category 2018/12/02

国産Tシャツを着る意義と、おすすめメーカー3選

  ビジネスのありとあらゆる側面でグローバル化が進む昨今、アジア諸国の台頭もあって、電化製品や車など様々な製品における「MADE IN JAPAN」のブランド力は昔ほどの勢いは無いように伺えます。 そんな時代だ…

Category 2018/11/21

【大人が惚れる】シンプルを極めるブランド「AURALEE」とは

オーラリーは、岩井良太さんというデザイナーが世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で『自分たちが本当に良いと思う素材を追求する』と言うコンセプトをもとに、2015年の春夏シーズンからスタートさせたドメスティック(国内…

Category 2018/09/18

Tag